たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまごんのニュージー旅行6
すいません・・・長らく更新しませんで・・・。
いろんなことを過ごしましてブログと向き合う事はしてませんでした・・
こんな私にも、声を掛けてくださる方がいらっしゃり、
感謝やら恥しいやら・・・(汗

というわけで、新展開も考えるたまごんは、ぼちぼち書きます。

DSCF2353.jpg

ニュージーランド2つ目の訪問地、タウポでの宿泊先です。
タウポの周りは、温泉がたくさんありますが、
このホテルは日本人の奥さんがいらっしゃり、日本式の源泉掛け流しの温泉が楽しめます。
私たちが泊まった日は、すんごい嵐だったので、眺めがアンマでしたが、
タウポ湖のまん前なので、景色はきれいですよ。

んで、こっから私の第2の故郷、ホークスベイに向かいます。
マーティンボロからのロングドライブに比べれば、短いですが
それでもやっぱり2時間強の道のりですわ。
途中には、やっぱり、山間のグネグネ道もあります。
んでも、

DSCF2370.jpg

こんなきれいな景色が見えてきます。
ほんと、ニュージーの景色はどこも素晴らしい。

DSCF2381.jpg

DSCF2379_20150302115030759.jpg

DSCF2377_2015030211502844e.jpg

今回の宿泊先は、街から少し離れていても、
星がきれいに見えるところを色々現地サイトで探しました。
すごい当たりでした!
なんていっても、お庭が広くて、季節の藤や子羊が飼われているんです!
もうこれが本当に可愛くって・・・。
そして、2年弱すんでいた町々をめぐります。

DSCF2373.jpg

もう今はめっきり高くなって、なかなかお目にかかれなくなった
ニュージーランドにしか生息しない、マヌカの木から取れる
マヌカハニーをよく買っていた、アラタキハニーです。
重量精一杯買い込みました。
ピロリ菌も殺してくれて、免疫力を高めてくれるのです。

DSCF2372.jpg

そして、これも私が勤めていたホテルで仕入れていたコーヒー屋さん。
ベイエスプレッソです。
色々な粉のブレンドがあり、これもたくさんお土産と母は父用に買い込みました。
あんまり知られていないけれど、ニュージーはコーヒーも美味しいんですよ。
どんな田舎町にもカフェがあり、カプチーノやモカチーノが美味しかったな。

DSCF2382.jpg

そして、晩御飯です。
絶対行こうと決めていた、ミッションです。
ワインは・・・・な物も多いですが、レストランはこの界隈ではNO1です。
ワイナリー自体もニュージーランド最古の商業ワイナリーなんですよ!
ただ、値段が、すんげえ、高くなった・・・。
まあ、10年近く経っているから仕方ないのかな。。
そういえば、タクシー代も随分上がっていて驚きましたわ。

DSCF2384.jpg

DSCF2385.jpg

DSCF2387.jpg

DSCF2388.jpg

DSCF2390.jpg

DSCF2389.jpg

ニュージーはお料理のシェアが許されているので、
母と相談して、色々頼みましたわ。
やっぱりどれもレベルが高いのです。
ただ、照明が大分と落とされていて、写りがよくないですよね。。
あ、ニュージーに行ったら、必ず、毎日ラムを食べます。
やっぱり、全然違いますよ!
ホークスベイ1日目は、大満足で終了しました。












スポンサーサイト
居酒屋びぎん
皆さん、おはようございます!
こんな早起きするのは、会社勤め時代のワイン営業以来です。
明日までこの時間帯で頑張ります。

さて、昨日から開催されている居酒屋びぎんですが、
キャンセルなどもあり、
今日も明日も、どのお時間もお席に余裕があります。
日本酒に関しては、プロではありませんが、
プロ並みにたくさん飲んでいる自信はあります!
それぞれに個性があり、大変優秀な福島の日本酒たちです。

皆様、他のお客様に遠慮なさっておられるのか、
まだまだ、たくさんの日本酒たちが出番を待っております。
(はい、在庫がたくさんあります!)

東北復興応援のため、特に福島のために、
たくさん飲んで、消費しましょう!!!
ご予約のお電話お待ちしております。
06-6211-1240までお願いいたします。

(すいません・・・NZ旅行の続きですが、
7GB制限の壁にあたったり、パソコンの不具合などで、更新できません(汗・・
頑張って更新したいと思いますので、宜しくお願いします!)


たまごんのニュージー旅行5
さて、年末に突入ですね。
たまごんは、今日が最後のお休み。
少し体調が悪く、今は回復気味なので、頑張って乗り切りたいと思います。

そして、ニュージー旅行編は全くもって年越しそうな感じ・・・
すいません。でも頑張って最後まで書きますよ~

DSCF2343.jpg

夕方タウポへようやく着いた、たまごんたちは、
お目当ての源泉掛け流しの温泉で体を癒し、
ホテルの日本人マダムに教えてもらった
近所のネイティブしか行かないレストランへ。

DSCF2344.jpg

母がタップビール(日本で言う、生ビールですね)を飲みたいってので、
(まあ、大概海外のレストランには在るんですが)

DSCF2345.jpg

地元タオポの地ビールで乾杯。

DSCF2346.jpg

あまりのオイシさに、すぐおかわり!
海外はクリーミーな泡をつけてはくれませんが
鮮度がいいのでどこでも美味しいですわ。

DSCF2347.jpg

あんまり、お腹が空いてなかったので、2品だけ注文。

DSCF2348.jpg

やっぱり、サーモン!!
ニュージーでは結局ほぼ毎日サーモン食べましたわ。
これが予想外にすごいすごい美味しかった!
田舎の本とぽつんとしたお店だけれど、
ソースといい、焼き具合といい、一番でしたわ。
付け合せの、自家製のフェトチーネもきしめんみたいですごい美味しかった!

DSCF2349.jpg

もう一品はカラマリ、烏賊です。
これがね、母絶賛のお味で、アジアンチックなソースがついてたんですが、
それがいたくお気に入りのご様子で、
ほぼ1人で食べていましたわ。
まあ、私はサーモンガッツイテいたんで。
このお店、もし行くときにはまた行きたいお店ですわ。
そして帰りは、歩いて5分くらいなんですが、
真っ暗だったので、不安になり、
母がつたない英語でいろいろ聞いたところ(治安のこととか??)
たまごんはお手洗いに行っていたので、知らんかったのですわ。
な、なんと、ここのマネージャーが車で送ってくると!!
実は、ガイドブックなんかで読んでも、
ニュージーランダーは親切とか、フレンドリーとか書いてあるんですが、
実際、住んでみて仕事を一緒にしてみると、すっごい差別的でうそつきで意地悪だったりました。
だから、帰国してから旅行で行くと、
こういうすごい優しさに触れる事が出来て涙ぐんだりした。
今回もびっくり!なほどのニュージーランダーからのお申し出。
母はチップで10$渡せというのですが、
そりゃあ、やりすぎだわっと、2ドルコインを握手して渡したのだが、
先方のマネージャーにメッチャ拒否されて、
そんなつもりじゃあない!とか、明日のコーヒー代にしろとか
かなり固辞されたんですわ。
いやあー大満足で、タウポの夜を満喫しましたわ。

DSCF2354.jpg

帰ってきてからも、お部屋温泉に浸かり
朝からも浸かり、温泉尽くしに大満足でしたが、
夜中中すごい雨と雷で、翌日も天気は結構あやしかったんですわ。

IMG_20141030_073817_20141221131540070.jpg

超寒かったんですが、天気もだんだんと良くなってきたんで、
やっぱり行きました!フカフォール。

IMG_20141030_073626_20141221131543994.jpg

すごい水量で、

DSCF2365.jpg

DSCF2364.jpg

やっぱり、日本の滝もいいけど、

DSCF2361_2014120112382192e.jpg

DSCF2360.jpg

DSCF2359.jpg

ニュージーの自然のほうが、たまごんは好きですわ。

DSCF2367.jpg

DSCF2366.jpg

フカフォールの近くの高台からのタウポ湖の眺めも最高でした。
母ご希望の、タウポ街中での散策お買い物にも成功し、
ただ、兎に角寒かったもんで、これが辛かったわ。
んで、最終目的、たまごん第2のふるさと、ホークスベイまでは
2時間かかるんで、早速またドライブに行きましたわ。

IMG_20141030_103300_20141221131546767.jpg

IMG_20141030_103239_201412211315459fa.jpg

途中やっぱり、たくさんの、チビめーめたちと
緑いっぱいの草原、クネクネ道を通り、到着した、
ホークスベイ、ネイピアからの景色。
遠くに見える、ケープキッドナッパー。
やっぱり最高で、大好きな街でしたわ。
このケーピキッドナッパーには翌日お買い物に出かけますわ。

まだまだ続きますが、来年???
来週の日曜日は、びぎん臨時営業です。
ちなみに、すっごい、お待ちしております。な、状況です。。









たまごんのニュージー旅行4
初日のニュージを過ごし、チェックアウトして向かったのがここ

DSCF2337.jpg

実は、昨日の夕方も、閉店真近に訪問してムリクリ、ワインを買ったお店。
その昔、たまごんが、ニュージーに住んでいたころ、
まだ、KUSUDAさんもそんなに有名ではなくて、
ATARANGI目当てで、来てみたんです。
季節外だったし、ちっさい、町なのに、更にがらーんって感じで、
とにかく、町の中心部と思われる、この付近に来てみたんですわ。
んで、ワイナリーめぐりを考えておりましたが、
どこがいいかもわかんないし、とりあえづ、飛び込んだのが、
このワイン屋さんってわけ。
その時は日本人が珍らしいみたいで、
「日本人ならKUSUDAさんの友達か??」って言われたりして、
(現地の人にとっては、中国人のほうがポピュラーで、日本人は珍らしいらしく、
日本人なら、全員寿司が握れると思われたりしましたわ。・・笑)
今は、KUSUDAさんのところに、ハーヴェストの度に日本人が来てるから
そんな珍らしくはなくなったらしいが・・・

んな、わけで、このワイン屋さんは、この辺り、
マーティンボロ(ちなみに、マールボロっていう大きい産地もあり、間違えやすい・・)
ワイララパのワインだけを売っているんだわ。
マーティンボロは、ブルゴーニュに気候が似てるってことで、
ピノノワールが有名だけど、もち、ニュージー代表ワイン、ソービニヨンブランや
リースリング、シャルドネだって美味しい。
んでも、耕地が狭いので、いかんせん少々お高め。
日本では、10000円近くで売られているのも多い。
まあ、そんな中、ワイン用語は難なく聞き取れる技で、
あれこれ物色して、選んだのが、昨日飲んだワインですわ。
そして、あまりに美味しかったので、更に、ワインを買って、
また他のワインも物色して大満足。

DSCF2339.jpg

相変わらない、めーめーちゃんたちを眺めながら、
ほーんと、長い道のりをドライブですわ。
たまごんが住んでいたホークスベイからは、3時間くらいでいけるんだけど
今日は更にそこから、2時間行ってタウポまで行かなければいけない・・・
結構な、道のりでしたわ。

DSCF2340.jpg

でもおかげで、こんなところも見れました!
ストーミーポイント
たまごんも、知らなかったのですが、世界一、風が強いらしく、
ほんと、飛ばされそうでしたが、絶景でしたわ!!

DSCF2342.jpg

わからない方も多いとは思いますが、
この白い点々、綿ごみみたいなのが、羊ちゃんたちです。
ほんと、春だったんで、子羊のチビが多い事多い事・・・
(でもかわいいけど、こやつらは、ラム、で、美味しく頂いております・・汗)

DSCF2341_20141126123836bb0.jpg

写真はありませんが、途中、まあまあ大きい都市
パーマストンノースにも立ち寄り、
びぎんのマスタへのラグビー用品をお土産に買いマスタわ。

IMG_20141030_055728.jpg

途中、砂漠地帯みたいな、なんとも運転するのが
いやになるような地域を雨の中通り過ぎたりして、
「あーーー早く、羊ちゃんたちに会いたい!!!」
と叫びまくっていたら、またしても、クネクネ道を通ったりして、
ようやく、たどり着きました!
タウポです。
タウポは、ニュージーでも有名なリゾート地で
かの、エリザベス女王を宿泊なさったフカロッジもあしまして、
そりゃあ、夏の頃は人でごった返しております。
でも、日本人はほとんどいなくて、ヨーロピアンとアメリカン
ニュージー国内の人たちで賑わっておりますわ。

DSCF2353.jpg

今日のお宿はここ。
温泉に掛け流しでは入れるので、決めましたわ。

DSCF2356_201412011237389bd.jpg

長いドライブでしたが、この景色で癒されましたわ。
ちょい、曇っておりましたが、それでも、この青と緑は最高です!




2013旅日記その6
広島、西条市の晩を満喫した、たまごん。
きれーに晴れた朝、くろくんを散歩させ、
前日、良き酒蔵情報をゲットし、
張り切って、酒好きDNAの元、たまごん父母を連れて
向かったのは、

DSCF1961.jpg

じょわーーんその名は「西条鶴」さん
ここほんと、知らんかったんだわね。
このあたりでやっぱ有名なのは、賀茂鶴さん、
ほか、この後行く、亀齢さんも、谷町の名店「かむなび」さんで
紹介してもらったんで、このたまごんも、なかなか日本酒好きなのですが、
この、西条鶴さんは、全く初体験で、
昨日流浪の末、出会った、「希味」さんで、「神髄」という
ひっさしぶり、に、こりゃ~どえりゃ~うまいわ!!
と、驚愕したわけで、どうしても一番に、ここに来たかったわけなんです。

DSCF1949.jpg

エントランスも昔ながら、

DSCF1950.jpg

と、お邪魔しまーす。

DSCF1951.jpg

お水はちょうど仕込み時期で、少しだけ頂きました。
くろくんは、グルメなので、このお水のみ、飲む始末・・・

DSCF1952.jpg

DSCF1954.jpg

本当に昔ながらの造り方と、この場所を守っておられます。
現在もこの酒蔵の上に住んでおられます。
ちなみに、この煙突を現在も使っておられるのは
この、西条鶴さんだけとのことです。

DSCF1955.jpg

各賞の賞状があるお部屋は、試飲&販売所で、
卑しい、いえ、飲兵衛たまごん一家は
できる限りの試飲をさせていただき、当然昨日の神髄もお買い求め
(この神髄は試飲できません)
他にも、にごりも、ピンク濁りや燗酒に美味しい純米、
300MLサイズやら、いっぱい購入しました。
いや、知らんはずですわ、お店の方に聞きました。
「どうして当酒蔵へ来てくださったんですか?」
「いや~、カクカクシカジカで、昨日飲みまして
あまりの美味しさに感激して、絶対今日両親を連れてきたかったんです」
「え?神髄はあまりお店では出していただいていないので、
あ、希味さんですか?」
「はい!私も偶然入ったんですが」
と盛り上がり、いろいろ聞いたんですわ。
こちら西条鶴さんは、ホームページも持たず、ネット販売もせず、
信頼できる酒販店と、お店さん、そして直接売れる一般のお客様にだけ、
大切にお酒を売っているとのことで、
今後もこの方針を変えるつもりはないとのことです。
いやあ~本当に素晴らしい、酒蔵でした。

満足過多気味の両親を、もう1蔵連れ、

DSCF1958.jpg

亀齢さんへ。

DSCF1957.jpg

昨日「ふじ竹」さんで両親にも飲ませましたわ。

DSCF1956.jpg

先ほどの、西条鶴さんに比べると、近代的で大手なのを感じましたわ。
かむなびさんのは、美味しかったなあ~
あ、久しぶりにお邪魔したくなってきました。

そうして、大満足の西条市を出発。
この旅最終目的地、三朝温泉へ!!!
さあ、解禁直後、本松葉蟹、楽しみだあ~





テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

2013旅日記その5
今年も年が明けて、早1ヶ月が経ってしまいました。
節分も過ぎ、立春というのに、雪混じるこの寒さ。
うーーん、たまごんも、凍えております。。

そんな日々、まだ去年の記事・・もういいかって?
一応、写真がある限りは続けますね。

広島、西条の晩御飯、初めての美酒鍋を楽しんだ後、
父母は、早々と宿へ帰ってしまい、
地団駄を踏むたまごん。。。
すぐ近所に、屋台村なるものを発見していた、
たまごんは、すぐにそこへ向かう。

DSCF1946.jpg

鉄板焼屋さんに入って「広島名物」って書いてあった
雲丹とほうれんそう料理??みたいなのを注文。
あまりの塩辛さに、賀茂鶴の純米酒300MLを残す始末・・
も、も、も・・・・この残念無念さは耐え難く、
タブレットで検索

DSCF1947.jpg

じょわーん希味とかいて、のぞみ、さん、って読むんだって。
すごく、高級店ぽかったですが、
ここまで来て怯むわけにはいかん!!と、入店。
すごくステキなお店だったので、写真はありません。
お腹はいっぱいだったので、その旨を告げ、
おつまみを2品くらいと、地酒を4種類くらい頂きました。
貝のお造りなんですが、(名前を失念
味が素晴らしかった。見た目はバイ貝みたいな感じで、少し小さめ、
1人前5個ってことなんで、どんな量かと思いきや
本当に適量でした。
サザエと鮑のいいところを取ったような
海の風味と甘み、歯ごたえ、どれも素晴らしく、
貝好きの母に食べさせたかったなあ~と。。
んで、ここのお店での収穫が、翌日の蔵めぐりに生かせることに

2013年の10月に、先ほど行った屋台村から移転されたらしく、
たまごんはラッキーにもこちらを発見できたというわけ。
23時閉店で、22時以降も入店可能を確認して
入店時にもお店のお時間の都合を確認した。
幸い、団体様(西条市は広島大学があり、
そこのお医者様の団体でした。いいお客さんついてますのお~)
がいらっしゃって、許可をいただけた。
お料理もすごくて、最初から、ここでじっくり腰据えて
飲んで語りたかったなあ~
でも、さきほどの、「ふじ竹」さんもよかったんですよ。
ここ西条市は、酒蔵でも有名な町ですから、
もし行かれる方がいらっしゃれば、希味さん、絶対オススメです。

さてさて、明日は、お楽しみ西条酒蔵めぐり







テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

京都お花見バスツアー
たまごんは、先日初めての体験、バスツアーに参加してきました。
以前から興味はあったのですが、理由としては、
「桜見たい!!!」でした。
というのも、たまごん、NZに行くまで、ずっと桜に囲まれた生活だったんだわ。
実家は桜並木の川のほとり、庭にも小さめだが桜があり、
目の前は小学校で、桜まるけ、
中学高校も桜がたくさん植わっていた。
大学はそりゃあスンバらしい、桜があり、もうすごい桜トンネル、
東京でのマンションも近くに小さい桜並木があり、
社会人になってからは、毎日桜を眺めて15分駅まで歩いていたので
本当に桜は身近であり、だから花見にわざわざ出かけるなぞ、
全然思いつかなかったのである。
しかあ~し、大阪に来てからは、近くに名所はたくさんあるものの
窓からは見えないし、通勤途中にも桜並木はない!!
んで、桜飢餓状態が何年も続き、
今回思い切って、桜バスツアーに申し込んだのである。

桜の名所、と、京都御所の特別拝観、
他、嵐山のコースとも迷ったけど、
夜間特別拝観の清水寺と、京都御所に惹かれ
このコースにしたんですわね。
けど、今年の桜は早かった!!!
たまごん参加の7日は、すでに散り始め・・・
んでも、大満足の1日と相成りました。

あまりに感動し、大満足だったので、順次紹介させていただきます!!

DSCF1528_20130408131357.jpg

バスは、梅田なんば、京都駅と回り、
京都御所へ到着。ここでお昼ご飯も取ります。
ツアーには、お弁当が付いていますが、
たまごんはお手製弁当&びいる、を持参。



DSCF1533.jpg


実際、江戸城無血開場につき、
天皇陛下が東京にその生活の場を移されるまで、
日々の生活を送られたところ、
それが京都御所、年に2回秋と春公開されます。
一回来てみたかったんだわね。

DSCF1530_20130415130754.jpg

各所の素晴らしい襖絵なんかも公開されています。

DSCF1534.jpg

蹴鞠の様子もボランティアの方によって再現されていますわ。

DSCF1531.jpg

桜もまだ咲いていました!

DSCF1537.jpg

おお~!!!紫宸殿!!
何を隠そう、たまごんは、大の古典好き。
品詞分解が大好きで、国文学科へ進み、
源氏物語は特に大大大好きで、
「あさきゆめみし」から、瀬戸内寂聴、与謝野晶子の訳本から、
原文さえ、全巻買ってしまい、大学の卒論も、もちろん源氏物語。

んな、私にとって、この紫宸殿とか、清涼殿とか、
藤壺とか、もうもう、文字を見るだけで大興奮なんですわ。

DSCF1536.jpg

DSCF1539.jpg

DSCF1538.jpg

思いにふけり、順路を進むと、、

DSCF1541_20130415130905.jpg

DSCF1543_20130415130905.jpg

DSCF1544_20130415130905.jpg

DSCF1545.jpg

素晴らしい日本庭園を眺める事ができ、
でも、やっぱり、昔のサイズだから、ちょっと小さいかなあ~
ここで、今のご一家が住むのは難しいだろうなあ~
とか、考えつつ。。。

次回に続きます!!

ちなみに、今日も明日も明後日も~。。。
びぎんは、すごく、とても、強烈に、
お客様をお待ちしております。

山菜と、ドイツの柔らかい、ピノグリ。
自然に口の中でほぐれる、素直な美味しさを持っているワインです。
とっても、ワインラバーなお客様をお待ちしております。
お声掛けください。
特別ワインも開けちゃいますから!








テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

桜の京都1日バスツアー
今日から1週間の始まり。
いやはや、昨日はたまごん人生初のバスツアーに参加。
桜大好きのたまごん、いっぱい見たいと申し込んだのですが、
うーーん、ちょっと散り気味でしたわ。
でも、

DSCF1571_20130408131358.jpg

下鴨神社と上賀茂神社。

DSCF1611.jpg

清水寺夜間特別拝観。

DSCF1528_20130408131357.jpg

京都御所。

と、満喫しました。
今日からまたワイン頑張って売りますね。

特別ワイン、ワイン好きな方お声かけください。
とびっきりのを、特別価格で、別で開けちゃいますから。


テーマ:今日の出来事 - ジャンル:心と身体

たまごんのお正月休み2013(遅!! 続き
連休は三朝温泉で、いいお湯と、活蟹に癒されたワタクシ。
はい、また頑張っております。

旧正月も過ぎたというのに、すいません、こんな記事で。
でもって、お正月は、たまごん一家、
両親、たまごん、くろくんで、

名古屋→広島(途中泊)→熊本
→たまごんは、熊本空港から帰阪
→両親とくろ君は、四国を経て帰名古屋。

という旅行日程ですわ。
お正月は、ずーーとお、高速が安いからお値打ちですわ。

DSCF1302_20130128115347.jpg

DSCF1301.jpg

車の中では、自分のハウスで、お利口なくろ君。
でも実はあんまり車が好きではない。
何とか、休憩しつつ移動。

DSCF1303.jpg

広島に着き、まずは、広島でお参り。
中学の修学旅行で来たけど、
やっぱり、ここには来なきゃあいかんと思う。
たった、50円の入館料。
お正月で大混雑で、外人もたくさんいた。
深く深く、考えて、鎮魂の祈り。

で、広島平和公園を後にし、
宿泊先は、広島で唯一犬宿泊可の旅館。
これが・・・・
写真もありません、絶対宿泊してはいけない、と
ツヨク、思う久しぶりの宿でした。
広島では広島焼きを満喫し、翌日熊本へ向け出発。

で、途中に下関に寄りました。
唐戸市場です。

DSCF1314.jpg

平日は、普通の市場なんですが、
土日はお魚屋さんが、色々販売してくれて
それをその場で食べれるんです。
フグはもちろん、から揚げや、マグロの数々、
鯨、他天然のお魚のお寿司など。
この日は休市だけど、お正月の金曜日ってことで、
特別開催されていました。
駐車場に入るのにも大行列だわ。

DSCF1305.jpg

色々見ましたが、もおお~すっごい人ですわ。
買うのも大変な中、たまごん一家の戦利品。

DSCF1308.jpg

DSCF1309.jpg

DSCF1306.jpg

天然のフグのから揚げや、
このぼたん海老も最高でしたし、
本マグロの脳天や、ほほ肉は、もお最高!
んで、安いんだわね。
母は、鯨が大好物で、頬張っていましたわ。
ちなみにこのお店で買った、天然フグの白子、
たまごんの手のひら1個半分くらいの超でかい一品。
見たことない様なので、1個しかなかった。
9700円とお値段もお値段だが、
これは迷いなく購入。
そして、この後、この白子に狂喜乱舞したのでありましたわ。

DSCF1313.jpg

ほんと、この市場はオススメです。
河豚って、大阪もいっぱい安く楽しめるけど、
天然ものって、すごく少ないし、とっても高いわね。
でも、この下関の市場なら、ちゃんと捌いてあるし、
そんなに高くありません。
白子も、たまごんのは、特別で、帰りに再び寄った両親も
見つけることはできませんでしたが、
普通の大きさだったら、2000円程度であるし、
河豚も身のほうも、3000円くらいで手に入る。
ちなみに、たまごんは、大好物の、アラのほうを食しましたが、
もももも。。。。信じられないくらいの味わいでした。
今まで食べてた河豚はなんだったのか??って思ったわ。
こんくらい味の差があるとも、思っていなかった、
わが身の不覚を思い知りましたわ。

DSCF1304.jpg

んで、あれが有名な、関門大橋だわね。
下関と九州の門司港を結んでるんだわ。

DSCF1328.jpg

んで、着きました。
御宿 小笠原
ここに2泊します。
これが、ペットと一緒に泊まれるんだけど、
こういう感じで完全に1つずつ離れの造りになっていて、
各部屋に温泉(源泉掛け流しです)が引かれているんだわ。
食事は、後で書きますが、またメッチャ最高で、
(たいがい、ペット同伴のお店は、人間のご飯がマズイ・・)
園内にもたくさんドックランもあるし、
いろんな、犬のための仕掛けがあり、
しかも、床暖房で、くろくんもぐっすり!できるという仕組みなんだわね。
んで、そんな高くないし、
ほんと、ここ最高の宿ですわ。
絶対また来ると両親と誓いましたわ。

んで、お風呂でゆっくりした後は、
お待ち兼ねの晩餐へ。
席数は限定ですが、ワンコと一緒に食べられるスペースもありますわ。
んでも、くろくんは、一緒に食べると、
クレクレ攻撃が激しいので、お部屋でお留守番。
この旅行は、びぎんの大変大切なお客様で、
わんこ大好きご夫婦が、くろくんにと、下さった
いろんな、おやつが大活躍。
くろくんが、大変気に入っちゃって
お留守番のときも、これさえ与えれば、おりこうさんなのです。

DSCF1315.jpg

じゃーんと、美味しそうですわ。

DSCF1317.jpg

熊本名物馬刺し

DSCF1318.jpg

鱒は近所で養殖されているらしい。

DSCF1319.jpg

大好きなあおさのりと自家製湯葉の和え物。

DSCF1316.jpg

この黄色いのは、ますの卵。
いくらともまた違って大変美味しかったわ。

DSCF1322.jpg

熊本といえば、麦焼酎というわけで、
ボトルで注文。

DSCF1321.jpg

こんな懐かしい、アイスペールが登場。

DSCF1323.jpg

この陶器の湯飲みがおしゃれでよかったわ。


DSCF1326.jpg

やっぱり来ました、

DSCF1324.jpg

和牛は熊本牛、これも美味しかったわ。

いやあ、ほんと、大満足な夕食でしたわ。
くろくんと、一緒に熟睡後、明日は、天草へ行きます!












テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

たまごんの東北旅行 8
さて、ワイン会を無事終了して、
ちょっと右腕が筋肉痛気味な、たまごんです。

ずいぶんと、引っ張ります、
たまごんの東北旅行、続きを書きますね。

DSCF1204.jpg

今日のお宿はここ。
グランドサンピア八戸。
旧厚生年金会館の経営だったところ。
玄関は改装してましたわ。
部屋は、ちいーーと、古かったけど、夜景がすごくきれいでしたわ。
温泉も掛け流しじゃあないけど、ちゃんとありましたよん。

んで、八戸違いへ晩御飯へ。

DSCF1185.jpg

両親が以前来てよかったって言ってたので。
屋台村みたいな感じなんだわね。
んでも、驚いたのが、平日にも拘らず、
めっちゃ!人が多い。
大阪よりも断念賑わっていたんだわ。
平日だから、たまごんたちみたいな観光客より、
サラリーマン、出張族も含めて、すごい活気だった。

DSCF1186.jpg

美味しそうなとこは、どこもいっぱいで、断念・・・
んでも、すぐ近くによさげなお店を見つけたんで、入店。
「いさばのかっちゃ」ってのは、市場の母ちゃん、って意味なんだって。

DSCF1196.jpg

そ、鯖、食べるって決めてたんだわね。
この、銀鯖って、惹かれるわあ、

DSCF1187.jpg

ハートランドが置いてるところで、いいお店を実感!!

DSCF1191.jpg

かつおのたたき風サラダは、高知の勝ち!

DSCF1188.jpg

サラダも普通。。

DSCF1190.jpg

んで、出ましたあ~
これが、銀さば、の、刺身!!
写真でもお分かりいただけると思います。
ちょっと、色が茶色いんです。
これ、古いんじゃあないんです。
燻製にしているわけでもないんですわ。
新鮮でも、こんな色をしているのが、
この八戸鯖、銀さばの特長なんですわ。
味はね、ももも、溶けた!
口の中で、ほろっと、溶けてなくなってしまったんだわ。
すごい脂の乗り方で、も~超~激ウマだったんだわね。

DSCF1192.jpg

だもんで、焼きさばの注文。
まあ、語るに足らず、素晴らしい焼き鯖。
もう、ね、鯖大好きたまごん、大満足!

DSCF1195.jpg

お鍋も頼み、このお店大満足。
らぷらざ亭って、言うんです。
女将さんも、弟さんも元気!
地元のお客さんでいっぱい。
素晴らしいお店で、八戸を満喫しましたわ。

DSCF1200.jpg


んで、次の朝は、このらぷらざ亭にも納品していたという
偶然を発見した、大吉商店もある、八戸の市場へ行きます!










テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ



プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。