たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
大変ご無沙汰しております。
4月になりましたね。
ずっと、ほったらかしですいません。
個人のSNSで色々していたので、こちらは本当にほってました・・(つД`)ノ

で、ご報告いたします。
長い間お世話になった、なにわフレンチびぎんですが、3月をもって退職いたしました。
可愛がってくださったお客さま、どうもありがとうございました。
直接ご挨拶できなかった方、申し訳ありません。
この場をお借りして、お礼とお詫びです。

長い間ほってました、NZ編ですが、4月は時間もあるので
それを何とか仕上げてから、このブログは終わろうと思います。
ありがとうございました。

と、お知らせです。
たまごん秘蔵の、「Château Latour1997(シャトーラトゥール)」 があります。
輸入元サントリー時代のものを、セラーで寝かせていました。
送料税金込みで6万円でお譲りします。
ご興味のある方、是非メッセージください!!



スポンサーサイト
ほ、本当に、ごめんなさい!!!
皆さん、桜満開な今日、こんにちは。
本当にすいません。
全然更新できなくて・・・
実は、年末くらいからパソコンのキーボードが不調気味になり、
最初は、数字の2が打てなくなり、そうして、zが効かなくなり
ついに、いろんなところが押しっぱなしの状態になり
2年半で、また買わんとイカンか???
と、戦々恐々な感じでして・・・・・・
(実は、たった1年半で電動アシスト自転車が壊れ、直すのにも時間がかかり
自転車密着生活な、たまごんは新車を買わざるをいけなくなり、大出費で・・・)
んで、パソコン購入したところが、「1万くらいで直りますよ」と。
んでも、やっぱり1週間かかってしまい、
こんなあんなで、更に、更新がが出来ませんでした。

懲りずに、辞めるつもりはありません。
というわけで、今日は、びぎんも超、やっている感じです。
もし、ご希望の方がいらっしゃれば、
ロゼワインなんかも開けちゃいます。
お花見気分になれます。
是非ワインを飲みにいらしてください。
お待ちしております!


06-6211-1240まで。

たまごんのニュージー旅行3
先週までの2週間は、ワイン会もあり、お休みなしでした・・
先日は連休で、バーベキューに参加できたりしました。
今回のニュージー日記は頑張って書きますね。

ニュージー第1日目は、遅くなったのもあり、
ルームサービスにしました。
お部屋のバスタブもすっごく広かったので、ゆったり、飛行機の疲れを取りましたわ。

DSCF2310.jpg

んで、やっぱりボリューム大の海外、ニュージーも例外ではありません。
なんで、軽く、魚とお肉と、パンでって言うわけで、

DSCF2328_20141110120154f3b.jpg

ニュージーはサーモン!!っす、てなわけで、早速注文。

DSCF2311.jpg

この、柔らかさと、木目の細かさ、繊細な脂の乗り
もーもーも、毎日食べたい美味しさですわ。

DSCF2312.jpg

んで、ラム!ここのは、このマーティンボロのラムでしたわ。

DSCF2313.jpg

ちょい、火入れが強めでしたが、

DSCF2314.jpg

この、マーティンボロのピノを合わせたら、昇天物でしたわ。
このワインは、後で書きますが、街中に在る、
マーティンボロ地方のワインだけを取り扱うワイン屋さんで購入。
25$と信じられないコスパがありましたわ。

山ほどのパンは、母がほぼ完食したため写真はないですが、
一緒に付いていた、いろいろな、ペーストやオリーブなどが美味しかったです。
スーパーで買ってきた、ハムやチーヅなどと、大満喫し、ぐっすり、寝ました!

そして、ニュージ1日目をマーティンボロで過ごし、翌日は快晴!!
今日は、超ロングドライブ、タウポまで、6時間程度行かなければ行けません・・。
んで、ここは、フルブレックファーストが付いています。
ニュージーでは、コンチネンタルは、パンとコーヒー紅茶、牛乳、フルーツ程度のもの。
フルは、シリアル、ヨーグルト、パン類はもちろん、たくさんのフルーツが付き、
メインとして、卵料理とサイドディッシュが付いてくる、まさに、フルコースな感じなのですわ。

DSCF2320.jpg

ここは、こんな感じで、バフェになっています。

DSCF2321.jpg

シリアル、ジュースなど、

DSCF2322.jpg

DSCF2323.jpg

たまごんは、クランベリージュースと、紅茶を。。
ちなみに、お隣の欧米人は、シリアルてんこ盛りに、
ヨーグルトonジャム、甘そうな・・デニッシュを5個くらい。。さすがっす。

DSCF2325.jpg

んで、たまごんは、これまた海外でしか食べられない
(正確には、日本でもありますが、ちーっと、違うし、めちゃ高いもんね・・)
エッグベネディクトを!

DSCF2326.jpg

母は、遠慮気味に、卵1個だけの目玉焼きに、パン一個だけ、に
ビーフソーセージと、マッシュルームのクリーム煮。

もーー、エッグベネディクト最高でしたわ。
そもそも、ニュージは乳製品がすごく安くて美味しい。
牛乳は元より、生クリームやバターもメッチャ高品質で安い。
バターなんか、日本のより大分濃くて、500Gで、200円程度。
生クリームも濃度がめちゃ濃い。
だから、このエッグベネディクトもマヨソースは濃厚で美味しいし、
母のマッシュルームのクリーム煮も、スンバらしいお味。
ちなみに、ニュージーはマッシュルームもおっきいのや、ちっこいの、
色合いもブラウンもホワイトもあって、お安い。
まあ、お肉も含め、結局生鮮3品が皆安いんだよね。
だから、たまごんにとっては、本当に住み易くて、大好きな国でした。

DSCF2332.jpg

お腹もいっぱいになり、チェックアウト。ほんと、ここオススメのお宿です。

DSCF2334.jpg

まだ、晩春なので、八重桜もきれいに咲いておりましたわ。
さて、これから、少し街を散策して、ロングドライブです。





たまごんのニュージー旅行2
さてさて、エアニュージーの国際線が遅れたと思ったら、
な、なんと、ウエリントン行きの国内線も遅れている模様・・
ふうう・・いつも国内線乗換えには2時間見てるので、
時間があったら、タクシーで5分のヴィッラマリアに行きたかったのに・・。
(と、後日お会いする現地の旅行者の方にお話したら
えらい、驚いておられましたわ・・。
やっぱり、たまごんの飽くなきワインへの探究心は素晴らしいと、自画自賛

そして、国内線乗り継ぎも終了。
ウエリントン空港で、無事レンタカーも借りました。
たまごんは、まだ、ニュージー国内の運転免許証を持っているので、楽チンです。

DSCF2308.jpg

DSCF2309_2014111011583391e.jpg

ウエリントン空港から街中へ移動。
つーのも、宿泊予定のマーティンボロは、
クスダワインや、アラタンギなど、ワイナリーは有名ですが、
めっちゃちっこい、田舎好きなたまごんでも、1日で十分と思う町、なのです。
んだもんで、いろいろ飲み物などを調達。
写真はないですが、ニュージーでは有名なカウントダウンというスーパーで行きました。
この時点で、ラムやサーモン、ハムソーセージにチーヅなど、
品揃えに、親子してテンション上がりまくりでした。
そうして、買い物を終え、約1時間ちょい、すっごいクネクネ道を経て
パッと開けた景色がこれですわ。
7年前と変らない、感激した、牛さんたちです。
こっからが、マーティンボロの入り口ですわ。

DSCF2332.jpg

今日の宿泊です。
あとで、UPしますが、フルブレックファストがついて、
2人で、16000円程度です。はっきり言って、めちゃくちゃお得でしたわ。

DSCF2319.jpg

レセプションを終えると、ヴィンヤードがあって、
1棟建てのお部屋へ行きます。

DSCF2318.jpg

暖炉も付いている広ーーーい、リビングに、
うちより広いカウンターキッチン、大型冷蔵庫
おっきい、バスタブが付いた、お洒落なバスルーム。
ベットルームのソファー付きで、別にあります。
お庭にも出られて、テーブルセットもあり、

DSCF2316.jpg

お星様も見えました。
ニュージーは本当に星がきれいです。
んで、晩御飯は、もう着いたのも4時くらいだったし、
街場までは歩いてはいけない距離だったので、
散策して、タップビール(日本でいうとこの生ビールです)を満喫し
お部屋でルームサービスをとることにしましたのです。
これが、結構、すごくステキなお料理で、なかなかな初日のディナーを楽しめたんですわ。

続きます。







たまごんのニュージー旅行1
どうして、昨日に日曜日だけが雨なの??
というように、めちゃ秋晴れな月曜日。
まあ、週のスタートが晴れなのはいいよね。
でも、昨日も晴れてほしかった・・・
というわけで、新しいおうちは、朝から日が差し込むうれしい南向き。
お布団を干しながら、是を書いております。

さて、今回の旅は、伊丹から成田
そしてニュージーの最大都市オークランド
ニュージー国内線の乗り換えて、1時間ちょいで、首都ウエリントンへ。
こっからレンタカーを借りて、
クスダワインや、ニュージーのロマネコンティといわれているアタランギ
で有名なマーティンボロで1泊。
その次の日は6時間掛けて、
エリザベス女王も宿泊された事で有名なフカフォールがある、
タウポ湖で温泉付きのお宿で一泊。
翌日、第2のふるさとホークスベイへ移動して2泊。
で、オークランドへ飛行機移動して、翌早朝関空へ帰るという
超多忙なスケジュールでしたわ。

DSCF2297.jpg

まあ、伊丹では難なくチェックイン。
そいで、今回の旅は節約モードなので、ビジネスではなく、プレミアムエコノミー
まあ、荷物も搭乗も優先だし、席もちょい広なので、良しとしました。
んで、これは、足元。
エアニュージーは、片道5000円追加で一番前の席を選べます。
今回は是で行きました。
行きは超満席でしたので、これは、正解でしたわ。

DSCF2298.jpg

機内食もちょっとだけ、ビジネス調。
最初に、どうしてだか来てしまうデザート。

DSCF2299.jpg

前菜のホタテは美味しかったです。

DSCF2301.jpg

ニュージー一番有名ビール、スタインラガー。
ちなみにニュージーはメッチャいろんなビールが各地にあり、
それもメッチャ安く、(500MLで100円ちょい)発泡酒ではなく美味しい。

DSCF2302.jpg

メインは魚をチョイス。母は日本食を選んでおりましたわ。

DSCF2303.jpg

これが以外に美味しかった。カリフラワーソースが最高でしたわ。
それと、パンもアッツアツで美味しかったですわ。

DSCF2304.jpg

成田を夜6時半に発でニュージーには朝に着くので、
兎に角寝ないといけないですわ。
というわけで、機内映画もそこそこに、ごそごそ寝て・・・到着!
もーーー成田空港で混み合っていたため、
出発が2時間も遅れたが、何とか、追いつき30分遅れで着きましたわ。

DSCF2305.jpg

で、ウエリントンへ国内移動をします!
着いたら、予約しといた、レンタカーをピックアップして、
マーティンボロへ1時間の移動です!
ちなみにレンタカーはレンタカー.comというところで借りました。
ここが一番安かったですわ。
特に、たまごんは、主要都市以外で借りたり返したりするので、
限られるのですが、ほんと、対応もよかったですよ。

というわけで、次回に続きます!



明日はヌーボー解禁日ですね
しかし、寒いですね。
いきなり冬って感じです。
朝からパジャマに毛が生えたような格好で
ドスッピン、髪の毛ボサボサ姿を
ご近所の、超お気に入りの、超美味しい
割烹屋さんのお店の、ご主人に見られてしまい
恥ずかしい朝を迎えた、たまごんです。

昨日はワイングルメな方にリーズナブルワインをお褒め頂きました。
ビオですが、南フランスのシラーとカベルネのブレンド。
いい~香りで、濃厚ですがくどくありません。
グラスでも現在、お楽しみいただけます。

明日は、ヌーボーの解禁ですが、
その前夜祭として、びぎんで本当にコストパフォーマンスの高い、
美味しいワインと、お料理はいかがでしょうか?
グラスワインは、白で最近評判の良い
〝寿司、刺身〟ワインもございます。
(本当の名前は違います。是非、ウンチクお聞きください。)

お値段は高いけれど、コストパフォーマンスの高い、
価値ある高知の天然物伊勢海老なんか、美味しそうですねえ~、
ああ、坂越の牡蠣も小ぶりですが、美味しいですよん。

ワインと共に、ご予約お待ちしております。
06-6211-1240までどうぞ。

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

直送の秋刀魚は違いすぎる!と甲州ワイン
今日も大阪は32度超えらしい・・・
もう、やだああ~!!!ですが、
今日は根室から直送で秋刀魚が届く予定。
大阪でも刺身用根室産秋刀魚、よく売っていますが、
やっぱ、取れたて直送は、当たり前ですが、鮮度が違います。
たまごんは、下手っぴにしか、下ろせませんが、骨抜きはできます。
とっても、美味しい、概念が変わる秋刀魚のカルパッチョです。

ワインは、甲州をご用意しております。
先日は、蒼龍ワインのもの、今回は中央葡萄のものをご用意しました。
甲州の辛口は、それだけだと、ちょっと、頼りない感じかもしれませんが、
生魚や、生の貝類、ワイン、特に赤ワインとは絶望的な組み合わせの食材と
はっきりと、合うように出来上がっています。
普段から、濃い赤ワインをご愛飲のお客様も、
是非!騙されたと思って、お試しいただきたいです。
ちなみに、私が選んだ甲州は、単独で飲んでも、
そんなに頼りなくない、しっかりとした作り手のものです。
8年前、勝沼を1人で回ったのを思い出します。

ご予約ご来店、ご注文をお待ちしております!!!


06-6211-1240まで。
2013年7月19日金曜日
今日は少し涼しいかな??ですね。

びぎんは、今日も思いっきり、営業しております。

DSCF1790.jpg

くろくんは、食べたいときは、このように、あっかんべー、をします。
かわいいでしょう??

というわけで、くろくんも、あっかんべーをしたくなるような
美味しいワインのご紹介。

最近ご好評、おかわりを頂く、
イタリア、ピエモンテ州の土着品種「グリニョリーノ」
色合いも明るく、うすいのか??と思いきや、
へびイチゴみたいないい香り(キャンプのときに良く見る小さいイチゴ)
旨みがグングンくる美味しいワインです。

グラスでもボトルでもどうぞ!

06-6211-1240まで。

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

今日、7月6日土曜日
いやあ、蒸し暑いですね。
こんな日には、スキットさわやか白ワイン、
リースリングのきっちり、酸が利いた辛口、
旨みのある、まったく持って、甘くない、
辛口のよく冷えた、ロゼワイン。
赤なら、少~し、冷やし目の
ウマウマ系のイタリアの土着品種、

なぞ、如何でしょうか?

DSCF1049_20130706133436.jpg

DSCF1857_20130706133435.jpg

明日はショートステイで名古屋で、くろくんと遊びます!


テーマ:今日の出来事 - ジャンル:心と身体

ワインの紹介
こんな時間にUPできます。。。
今日も、!、びぎんは、とってもお客様をお待ちしております。
昨日は坊主は免れたものの・・・
ワインは全くほとんどお嫁に行かず。。。

と言う訳で、真面目にお料理とワインの組み合わせを。

びぎんは、只今、特別に対馬産の赤座海老が入荷しています。
大きくはないですが、ミソも甘く、身もしっかり、
子供が付いているのもいます。
んで、オーブンでじっくり焼き上げると・・・
かっぱえびせんみたいに殻も美味しく出来上がります。
(殻全部は食べれんよん)
で、オススメしたいのが、ドイツのフランケン地方、
グラウダーブルグンダー、白ワインです。
この、聞き慣れん、長ったらしい、名前。
葡萄の品種です。
名が通っているのは、ピノグリです。
ドイツワインでも甘口ではありません。
柔らかい口当たりの良い、辛口で、ウマウマって感じです。
グラスシングルで、700円のご用意しています。
赤座海老の優しい甘い口当たりにぴったりと思います。

と、今年は旬が短いな、と、山菜です。
びぎんのは、もち、天然物ですが、愛媛のおばちゃんの手摘みもんです。
タラの芽、コゴミ、クレソンも最高ですね!
(ここのクレソンは、クレソン嫌いのたまごんがウナル美味しさでした。)
で、絶対合わせるのは、ソービニヨンブラン。
それも、NZの特有のグリーンを彷彿させるしっかりした辛口。
です!!

今日こそ、頑張っりたいです。。。。
ワインラヴァーな方、一度お声掛けくださいませ。

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ



プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する