たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
安喜

イケルさん絶賛の焼き鳥、安喜

行きたかったんです。

念願かなって、なにわフレンチびぎん

http://begin.blog.eonet.jp/

でのワイン会の後に、行くことが出来ました!!

お薦めでとりあえず、頼んでもらいました。

DSCF9064.jpg まずは生ビール。

ここのはアサヒでも熟撰だから好き

スーパードライはたまごん的には・・・・・

メニューはこんな感じでした。menu

で、怒涛の食べた、焼き鳥たちです。

DSCF9065.jpg DSCF9066.jpg DSCF9069.jpg DSCF9070.jpg

突き出しはポテトサラダ、カリカリじゃこ乗せ。

無農薬の甘~いキラキラ(オレンジ)玉ねぎ。

たまごんは生の玉ねぎが苦手。。

でもこれは美味しく食べれて驚きです!!

軟骨のから揚げ、ジュージーでした。

せせり身、これどんなけついてんの??ってくらい

身がたくさんです。食べ応えあり

DSCF9073.jpg  DSCF9076.jpg DSCF9078.jpg DSCF9092.jpg

なんこつ、コリッコリ。

DSCF9074.jpg   DSCF9084.jpg DSCF9086.jpg

蒸し鶏のサラダ、こいつは横にある生にんにくのすりおろしを

お醤油にいれてつけだれにします。

翌日かなり臭いました。。。えぇ

んで、念願のつくねチーズ。これがすごい、ひき肉を感じた。

個人的にはチーズがなくても美味しいかな。

で、やきとり。これはたれできました。

たれも甘くなくてナイス!!

DSCF9081.jpg DSCF9083.jpg DSCF9090.jpg DSCF9098.jpg

まだまだ、いきます。

きも。これが今日の一番!!

ふわっふわ。。なの

もちろん臭みなどなく、甘みが広がっていくうう~

牛ロース、なぜこんな山盛りで、380円なの??

鴨ねぎ、さんかくと続きます。

こんなにジューシー攻撃では、たまごんはワインを注文!

他の方々は焼酎でしたが、

(これも驚きで、あの幻のなかむらもロックで600円キラキラ(ピンク)

カタシモワインの赤をデキャンタで注文、

DSCF9088.jpg  DSCF9095.jpg

http://www.kashiwara-wine.com/

大阪はうれしい!!ってひしひしと感じる。

こういった和系なお店にも、こだわりを感じるワインが置いてあんの。

しかもこのたっぷりな量!!こいで、2500円!

カタシモワインは大阪で日本人の口に合うことを

コンセプトに地道に真面目に作っているワイナリー。

この赤ワインもメルローに国産品種のマスカットベリーA

それにカベルネをブレンドしている。

冷やしても渋みが多すぎくなくて、ゴクゴク飲めるワイン。

焼き鳥たちとの相性も、もちろん

で、〆的にとうもろこしが食べたくなって注文。

これはいたって普通に美味しかったです。

いや~すごい美味しかった!!

そしてすごい量でした。

イケルさんの写真以上の迫力、ダダーンって感じ。

いやはや参りました。。。

これで、一人頭、な、なんと!5,000円kao03

本当に驚愕なお店。

我孫子でちょっと遠いけど、絶対また行きたいな。


スポンサーサイト

テーマ:関西の美味しいお店 - ジャンル:グルメ



プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する