たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
姫あわび
お手伝いしているびぎんでは、大概、賄がでます。
マスターの好きな麺類を始め、炭水化物が多いですが、
かなり、リッチで美味しいです。

今日のまかないは冷やしうどん、初たまごぶっかけ。
初たまごうどん
びぎんでは全部の卵料理に初たまごを使っている。
オムレツなんかはもちろん、つなぎに使う場合も
ポテトサラダにもプリンにも。
黄身がものすごい濃くて、味が全然違う。
すごい価値ある美味しい卵。
たまごんは卵も大好きハート
グッチョグチョに混ぜ混ぜするのが美味しい。
はしあげ はしあげ2
卵がけご飯の麺版だね。

と、たまごんが見つけてきた鮑のちっさいの。
でも淡路産で、生きていたやつ。
マスターに頼んで、バターソテーしてもらった。
あわびソテー あわびUP
おいしーーグー!
さすが!です。
どんなに素材がよくても、お料理方法がしっかりしてないと
台無しになってしまいます。
お手伝いしているといろいろ役得なことがありますなあ。。

これには、ブルゴーニュのややしっかり目の味わい、
アロースコルトンとか、サヴィニレボーヌが飲みたいな。。
なあんて、お昼からのんべえなことを考えてしまいましたうしし

スポンサーサイト

テーマ:関西の美味しいお店 - ジャンル:グルメ

なにわフレンチびぎんでのワイン会&双龍居と・・・な立ち飲み屋
10月16日、日曜日はなにわフレンチびぎんでのワイン会。
5種類の季節感のあるお料理とそれに合わせたワイン、
で、お一人様5,000円という内容です。

大変ありがたく、いつも数日で満席を頂いています。

今回は秋も酣、
「鯖、秋刀魚などの青い魚と
濃い目の赤ワインを中心に」
がテーマ。

つーわけで、
お席 ワインたち
いつもの席のセッティングと今日のワイン達です。

いつもながら、お客様を回らせていただきつつ、
お料理やワインを運んでいて、
お料理の写真が取れず・・・汗とか
一枚だけ撮れました。
さばサンド
鯖のサンドイッチです。
これは新鮮な鯖をマスターが、さっと締めてきずしを
特製のクリームのソースでサンドした1品。
これには、さすがに赤ワインが厳しいので、
イタリアのプロセッコという品種を使った、
弱発砲のフリッツァンテをあわせました。
一番左の橙色の瓶です。
弱発泡のワインをイタリアでフリッツァンテっていいます。
専門的には、3気圧以上のものが
一般的にスパークリングワインと言われていて、
特にイタリアではスプマンテといいます。
それ以下のもので、1気圧以上のものがこのフリッツアンテです。

弱発泡って言っても、それなりにシュワシュワしていて
爽快感があります。
ほとんど生の鯖ですから、その魚の味と
お酢で少し締めてあるお味をすっきりと洗い流してくれます。

で、こっからはお料理の写真がないので
くわしくはこちらイケルさんマンちゃんがきれいに解説してくださっているので、
赫々をご参照くださいぺこり

2番目のワインはル・サンケ シラー青いラベルのワインです。
南フランスで作られています。
有機栽培の葡萄を作っている作り手なんですが、
流行のビオだからってわけではありません。
単純に素直に美味しいワインです。
大体シラーって言うと、変に渋くて濃いワインが多いのですが、
これはそんな偏狭を払拭してくれました。
この作り手はフランスの現地でも、
3つ星レストランでオンリストされています。
お料理は新鮮な淡路産、鰯の自家製オイルサーディン。
特別ブレンドのスパイスを振っているので、
少しピリリとしたスパイシーさと、このワインのコクがマッチしてきます。

次は釧路の秋刀魚のポアレ 
無農薬ローズマリー風味 フジッリのトマト添え。

秋刀魚はものすごく脂が乗っていました。
なので、それに負けないコクの部分が力強いワインを。
アルトス マルベックというワインです。
アルゼンチンでとてもうまく出来る葡萄、
マルベックという品種です。
赤紫のような色が印象的で、よく熟した果実の味わいです。
真ん中のボトルです。
秋刀魚との脂、ローズマリーの香りとばっちりでした。

お客様に「魚料理には白ワインって言うのは
一概にそうとも言えないんだねえ~」って
褒めていただき、うれしかったですjumee☆shy1


続きまして、鹿児島もち豚ロースのミニとんかつ 
特製デミグラスソース サラダ添え

このもち豚は脂の部分が美味しいおいしい
そこに赤味噌を隠し味に使った、
たっぷりとしたソースがかかっているので、
黄色いラベルのイエローテイル 
リザーブ カベルネソービニヨン

をあわせました。
おなじみのカンガルーのラベルですが、
これは通常出回らないリザーブなんです。
同じ作り手とは思えないほど、しっかりとした丁寧な作りを思わせる味わい。
オーストラリアの大地の味がするような、
しっかりとした渋みと酸味があります。
単独で飲むと、かなりパンチがあるんですが、
このとんかつとデミグラスソースを食べた後に
口に含むと・・・あら不思議。。。
スーッと脂分を洗い流してくれて、なじむんです。

そして、メインは
脂ののったサバのムニエル 
コリッコリの大根のソテー添え。

本当にとろっとろです。
お魚料理とはいえ、ここまで来ると
赤ワインでもかなりボリュームのあるものでないといけません。
本日の目玉ワイン、
普段びぎんでは8,000円で提供しています。
一番右側のワインです。
ヴァンドペイ カベルネソービニヨン。
このワイン侮れないんですよ。。。
すごい強さを秘めています。
少し土の香りもして、たっぷりのタンニンと酸味。
パワフルなワインです。
ソースにケッパーが入っているので、
その緑っぽい香りも余計に引き立たせてくれます。

そして、楽しんでいただけましたように
と願いつつ、いつもの使用後のグラスたち・・・
洗物グラス 洗物グラス2
大体、各部で15名弱のお客様をお迎えしているので、
70個程度のグラスを洗っています。
頑張りますkao07

マスターも手伝ってくれます。
マスター2 洗物マスター
お客様とお話してくれながら。。。

しゅーりょーって思っていましたら
お昼の部にいらしてくださった、イケルさんが再登場!
で、打ち上げに合流してくださることに上

天満市場のスグそば、双龍居へ。
双龍居看板 双龍居看板2
オススメの看板も気になる・・・
双龍居入り口

たまごんは大概とりあえずビール
そうして干豆腐の和え物とザーサイをまず。
干豆腐の和え物
干豆腐は上のほうと中っ皮の味が違う。。。汗;
どうも化調ふっているみたい・・・
続いて麻婆豆腐と玉子焼きと中華風葱クレープ。
麻婆豆腐 玉子焼きとねぎクレープ
麻婆豆腐は結構辛め、でも心なしか・・・苦笑い

たまごんはワインが大好きだけど、
いつでもどこでもってわけではない。
生魚には日本酒だし、焼酎の気分のときもある。
韓国料理にはマッコリだしね。

中華料理のときは紹興酒、
とりわけ、辛い四川料理とは絶対的に紹興酒が合う。
紹興酒はもち米から作られているからまろやかな気がします。
で、一番いいのは、唐辛子辛いのをすっきり流してくれるのハート

この玉子焼きは最初、クレープと別に持ってきてくれる。
で、その場で一緒にして取り分けてくれる。
このオーナーのおっちゃん、めっちゃいい感じ。
がっついて一口。
食べた玉子焼き
う、うん。。ちょっと油が多い気がする・・・。

辛いもの大好きたまごんが頼んでみたかった
牛肉の四川風煮込みを注文。
牛肉の四川風煮込み
か、からい。でも後を引くうまさ。
だめだわ。。紹興酒が止まらない♪
したら、オーナーのおやじさんが
「これ美味しいね、僕いつもこれするね」って
卵麺投入してくれた。
怖いもの見たさなのか??早速イケルさんが取っている。
麺投入 卵麺持ち上げ
たまごん的には全然得意な辛さ。
びぎんのマスターも「僕無理」
とか言いながら麺だけは食べてた。

そうして、炭水化物ラバーのマスターが炒飯って。
大盛ラバーの、イケルさんが大盛!って。
オススメで頼んでみました。
おまかせ炒飯
緑のがグリーンピースに見えるでしょ?
これが生のきっちりした味の枝豆。
それにサクサクした味わいの大好きなクワイ。
これはさすが!なんだけど、油が・・・。

もう一品てことで、今度はびぎんのマスターがご指名したのは
牛蛙のからあげ 付け合せにんじん
牛蛙のからあげ。
うーん。。。汗;

付け合せのにんじんがすごい手が込んでる。
中国3000年の歴史。

なんだかんだいって、ご馳走様でした。食べた後

でもなあ・・・
前、ここの近所に住んでいるころ、
1人でよく来たんだけど、すっごい感動したんだよね。
特に玉子焼きはオリジナリティーがあって、
なおかつ最高の美味しさだった。
中華風クレープの皮がパリッパリで、サックサクで
それで、なおかつ、しっとりしていてたまらんかった。
炒飯も裏メニュー、蟹レタス炒飯は、ふわっふわの、ぱらりだった。
全体的に油切れがよくなかったかもしれない。
おやじさんは11月半ばまで満席だって教えてくれた。
忙しすぎるのかなあ・・・・jumee☆whyL
また、よろしくね。
気持ちのいい、オヤジさん。

で、続きがありますが、
ご忠告があり、保留します。

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

煮込み屋 ひょうろくで合同OFF会に参加
今日はイケルさんびぎんのマスターとの合同OFF会に参加。
びぎんが終わってからのスタートです。

ひょうろくさんは美味しいと聞いていたし、
ラーメンマンさんやもつ鍋屋さんも参加と聞いていたので、
なんだか楽しくなりそうと、ワクワク笑い。

で、びぎんに他のメンバーの方もお集まり。
24歳の鍼灸師の男性、びぎんの常連さんいけちゃん、
メッキやさん、桜さん、そしてイケルさん。
桜さん、めっちゃ元気!
鍼灸師さんは控えめ(これは後からおもろい結果となる・・)
いけちゃんは早めにいらして、ワインハーフ飲んでる。
メッキやさんも静かに飲んで、うれしそう。。
うーん、高鳴る鼓動ニコニコ。 横向き
びぎんのマスターはお店の鍵〆があるんで、
たまごんがひょうろくさんまで、ご案内~
ホテルメトロ21の角を左へ曲がってスグ。
ここはびぎんのマスターの行きつけのお風呂屋さんのすぐ近く。
ってイケルさんに説明したら
「んなんで、わかるかい!」って。
お風呂屋さんは銭湯で、怪しいとこ!じゃないらしいです。
マスターはお風呂行った帰りに
見つけたんだって。

で、写真とろうとしてガーンがっくり
デジカメ忘れてきた・・・おちこみ
また、やっちゃったよ~
てなわけで、詳しい写真はこの方この方のページで、お願いします。無言、汗

到着、お疲れ様~
乾杯でとにかくビールビールビール
うーん、美味しいにっこり

で、料理です。
生牡蠣。
今年の初モンじゃあ。
たまごん生臭い牡蠣は好きくないけれど、
これはキラキラ(オレンジ)

んで、お刺身は石垣鯛のお刺身。
身はプリップリで、でも硬くない。
ちゃんと締めている証拠だよん。
味わいがきちんとする白身のお刺身。
黒鯛が縞模様ななのに対して、
体の色が黒くて、模様が違うのと
味が濃いのが特徴って
急な階段降りて、トイレに行ったときに、
マッキーが教えてくれた。

大皿には、ひょうろくのマスター、マッキーのお得意のお惣菜。
茄子と野菜の激辛煮、特別なソース使ってるんだって。
ビールススムススム。
手羽先餃子、中の餡がやさしくて肉肉しい。
トン足、八角が効いていて、本格的な味。とろっとろ。。
海老のチリソース、たまごんの大好きな海老ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
ポテトサラダに茄子の味噌煮。
どれも傑作の逸品グー

で、ウイーンって、音で動く桶でお料理や飲み物が上がってくる。
これが楽しいkao01
次に登場したのが、な、なんとうちわ海老bikkuri01
しかもレアーにしっとり茹で上がっている。
子も入ってる!!
海老好きたまごん大喜びアップ
どらすごいワンダフルな味!!
ありがとう、マッキー。

続いて、ドライカレー。
すんごいボリュームのツナおろしパスタ、貝割ダイコン添え。
どっちも全てのバランスがいい。
マッキー拍手 パチパチ

宴も酣。
飲み物は芋焼酎、黒霧島のボトル、
麦焼酎、泰明のボトルとどんどん空きました。
また皆さんのお話が面白い。。
女の子を落とすツボはないかっとか、
朝元気になるツボとかオトナの話で大盛り上がり。
で、先の医院長がすごい。
話を割って真剣に諭してくれる。
ホントーに24歳???
ラーメンマンも、もつ鍋屋さんもむちゃんこおもしろい。
このメンバーチョー濃いわ。。

んで、〆てみました。
なんとお一人様5,000円足らず。
たまごんは女の子料金で4,000円なり。
ご馳走様でしたぺこり

ひょうろくを後にして、向かったのがおなじみ金龍・・・・
どこからもなく、チャーシュー麺の声が。。。
だから!!たまごんは年に一回くらいしか
チャーシュー麺は食べないんだって!!!!!

でも人様の期待を裏切れないたまごん苦笑い
何とか完食しました・・・焦る3

完飲はびぎんのマスターがしていました。

あーん、楽しかった。
でも体が・・・・

皆さん貴重なひと時ありがとうございました太陽

テーマ:関西の美味しいお店 - ジャンル:グルメ

南森町 中華の名店、福龍園
名古屋から両親が所要で大阪へ。
現在、堺で仕事をしている弟も合流して
両親の還暦のお祝いをすることにしましたキラキラ(オレンジ)

私が今まで食べてきた中で、NO1中華と溺愛する
南森町の福龍園へ行って来ました。
いつも1人で、ランチか、
ディナーもカウンターで、1人紹興酒、グビグビCHU
その豪快な飲みっぷりで、
すっかり親父さんにもアンジェラアキ似の
きれいなおねえさんの店員さんにも印象的なたまごん。。。♪
今日は4人でいろいろ食べられそう!!

で、UPしようとしてガーン・・・jumee☆faceA76
デジカメのデータが全部消えている・・・がーん
撮り溜めていた写真たちも・・・泣き顔

とりあえず、内容を書きます・・・
まずはビールで乾杯。
「還暦おめでとう!」
弟が事故渋滞で遅れるらしい。
で、つまみを注文。
ピータン豆腐、600円。普通に美味しい。
中華風奴、550円。トマトと辛いたれがグー
続いて定番の餃子、400円。ここのは皮がむっちりしてよいです。
で、弟も登場し、本格的メニューへ。

夜しか食べられないメニュー、
スーパー麻婆豆腐、1000円。
ダブルで注文LOVE
むっちゃんこ美味しいんだわさ!!
特にここのは中国山椒が効いていて、味わいがちがう!
ただ唐辛子辛いのとはぜんぜん違うんです。
続いて、母ご執心だったメニュー、
ラムと野菜の中国野菜の黒胡椒炒め、2300円。
塩味でシャッキシャッキで黒胡椒がピリッ。
みんな感動モンです。
たまごん鼻高々kao07

弟ご注文は、茄子の生姜風味、600円。
これが皮をきちんとむいてあって、かなり美味しい。
卵と海老のピリカラ炒め、特別注文のため??円。
これもさすがな熟練技の味。
弟も名古屋の人間。。。
えび料理をもう1品。
えびとツルムラサキの辛子炒め、1800円。
これはチリソースっぽい味わいでした。

このあたりになると、飲みのペースもハイです。
紹興酒は5年物、3500円からはじめたんですが、
2本目は8年もの、4000円。
そして3本目は一番いいやつ、8年ものでも5,000円の。

〆はやっぱり名物、スペシャル坦々麺、950円と
マーラー麺。、800円。
スペシャル坦々麺は麻婆豆腐、同様、香辛料がちがうんだよね。
んで、ここは麺が卵麺で、細くてシャッキシャッキで特別美味しい太陽
そして、父に食べさせたかったのが、こちらのマーラー麺。
たまごんはどんな二日酔いでも治してくれる、ラブな1品。
牛肉と豆もやしがたっぷり入っていて
爽やかな辛さに仕上げているのがすげいって思う。
2品ともちんちんなんだよね。
やっぱりお料理はこうでなくっちゃ!って思います。

今日は珍しくお店が空いていたんで、
親父さんともいろいろ話せて、
お料理もいろいろ特注しました。
ありがとうございます!

通常は予約も取りにくいんですよ!
お会計は〆て31,000円でした。
これだけハイレベルな本格中華とビール、紹興酒3本頼んで
1人当たり8,000円は超満足ですグー!

写真なくて本当に、ゴメンナサイ・・・orz

テーマ:関西の美味しいお店 - ジャンル:グルメ

ビストロ ギャロ
久しぶりにビストロで晩御飯~
たまごんは6月南森からに谷町に引っ越してきました。
天神橋筋商店街も素晴らしかったですが、
(食べ飲みたまごんには最高LOVE
空堀商店街もなかなかです。

で、空堀商店街をうろうろしている時に
見つけた看板の店、ビストロ ギャロ

うんうん、ワインの匂いがする赤ワイン

いろんなメニューがあったのんですが、
やっぱりボトルで注文。
ブルゴーニュ ルージュ
最近ブルゴーニュのワインは取り合いです。
ヴィンテージも2006とか、下手したらできたて2007です。
早いものは酸っぱくて渋すぎるので、たまごんは好きくありません・・・顔文字
んで、見つけたワイン
ブルゴーニュ・ルージュ・ピノノワール 2003
ヨーロッパ全体的に良年とされている2003のヴィンテージです。
しかも最後の1本!ラッキー笑い。
香りはピノノワールらしい、プラムや果汁溢れるベリーの香り。
味わいも酸のバランスよし、
お料理も全般に邪魔しない。よし。
これで、5,000円、合格っす笑

お店はご主人お一人でされているので、
お料理は少々時間がかかります。
でも、大丈夫なんが絵文字名を入力してください
突き出し
突き出しとして、リエットとパンが来るんです。
ちなみにこのバタールはご近所、イエナのもの。
ワインが進みますkao02 リエット
で、このリエットが良いんです。
パンもおかわり!してしまいました。

で、しばらくすると、前菜の盛り合わせ、登場。
前菜盛り合わせ
びぎんで定番人気メニュー、
テート・ド・フロマージュ(豚のタンと耳のゼリー寄せ)
も食べたかったし、キッシュもはずせない、テリーヌも食べたいし・・・
と思って、ご主人に相談したら
「ちょっと量はありますけど、盛り合わせにしますか?」って。。
ありがとござんすぺこり
どれもこれも、手のかかった手作り、本格的な味でした。
けど、テート・ド・フロマージュにはやっぱ
特製タルタルソースがよいのう。。。

ワインはどんどん、すすんで、1本空きましたjumee☆faceA3

ご主人にお聞きしたところ、昨年の11月にオープンしたばかりとのこと。
当初は谷町4丁目にオープン予定だったそうですが、
ここの旧家の物件が居抜きで見つかったため、
このレトロな雰囲気もいいかと思われて
こちらにオープンを決められたそうです。

この谷町は住民の方とお店が一体化していて
古きよき時代を髣髴させます。
なかなかにいいもんです。

テーマ:関西の美味しいお店 - ジャンル:グルメ

びぎんのマスターとイケルさんと一風
アップするのが遅くなってしまいました。
ごめんなさい。。。
お手伝いしているなにわフレンチびぎんが終わってから、
イケルさんとマスターで、
ごはん&飲み会です。

イケルさんはびぎんでのオフ会の後でしたので、
飲めて食べられるお店、千日前の一風へ。
ここはびぎんのマスターのお薦めのお店で、
職人さん気質な大将と
きさくで、走り回るおばちゃんが入れてくれる
美味しい生ビールがMYブームらしい。。

で、お腹も空いていたので、
手作り豆腐の冷奴、でら好きな、から揚げ、
手作り豆腐 からあげ
もちろんビールもほとんど一気飲みで、2杯目へ突入。

続いて、マスターが食べたかった、湯葉のぱりぱりサラダ
湯葉サラダ 湯葉UP
これはさすが、マスターのお目当てだけあって
パリパリした湯葉の歯ごたえが◎
サラダもドレッシングもよいお味でした。

で、続いてホタテのグラタンとスペアリブ。
ほたてグラタン スペアリブ
グラタンは注文が入ってから、ホタテを湯霜して、
ホワイトソースも作ってくれてる音符

ん~満足にっこり

これも好物なウインナーを注文。
ウインナー ウインナーUP
皮がパリってしてて、よい!
この焼き具合って家ではなかなか出来ないんだよね。

塩鯖を注文したら、イケルさんがすかさず、
「出し巻きください」って。。。
さば塩焼き 玉子焼き

このころになると、お酒も勢いがついてきています。
たまごんは、日本酒の後、黒糖焼酎へ。
おかわり~
イケルさんもピッチが上がってきて、
芋焼酎、おかわり~
マスターも飲んでます。
おかわり~

で、お店でて、金龍に向かうのでした・・・汗;

重ねて、申し上げますが、
たまごんは年に一回くらいしかチャーシュー麺は注文しません。怒






テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

モトックス試飲会
大手インポーター、モトックスさんの試飲会に行ってきました。
1年に2回程度、だいたい100種類くらいのワインが出品されます。

たまごんはこういう試飲会にも出来るだけ出かけます。
お客様の予算やコンセプトに合ったワインを探します。
ワイン会のトレンドもキャッチしないとね!

って、のんべえ~なだけ??ってjumee☆faceA220bL
違うんですよ。。
ほとんどが吐き出してしまうし、
なんも食べずに味見するから、結構大変なんです。
ちーと。。まじめに語りましたグー!

で、今日のお気に入りのワインを1つ。
オーストラリアスパークリング
オーストラリアのローガンズワインというワイナリーのスパークリングです。
しかも珍しい、ロゼ!
ピノノワール70%にシャルドネが30%です。
淡いピンク色で、イチゴのような香りのする繊細な辛口です。
泡もきめ細かいです。
これで、2,500円(希望小売価格)はお値打ちですよ。

会場は梅田のホテルモントレーで、たくさんの人で賑わっていました。
入り口 会場

で、口寂しくなり
晩にびぎん
分けていただいた、明石さんの蛸でお料理。
紫蘇をたっぷりまぶして、
仕上げに徳島の方にこれもたくさん頂いた、
すだちを絞りました。
明石だこ紫蘇風味

んま~ニコニコ。 横向き

これで、ゆっくり寝られます。Z

テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

スナック北浜のかに?
今日は急になにわフレンチびぎんのシフトをお休み。
で、思い立ったようにスナック北浜へ。

お昼間働いていたのに変な感じ~です。
階段を上ると軽快な笑い声が・・・手書き風シリーズ30顔5

イケルさんとママで、当初お客はたまごん一人!!やったーピース
お店一人占めです!

で、超お得な880円セット。
突き出しUP
突き出しは牛のたたき。
たまねぎは例の甘いやつふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
青ねぎもたっぷりで、ラブリー。
最初の串 2番目の串
最初の串は豚バラとししとう。2番目の串はたまごんリクエストで赤せん。
リクエストを聞いてくれるママ大好きですキラキラ
最初の1杯、生ビールはすぐに無くなります。。ハイ、
で、今日の小鉢はなんと厚揚げ!
イケルさんが目の前でしょうがを摩り下ろしてくれています。
今日の小鉢
これが、豆腐の豆の味がすごくして最高!
スグに日本酒へ変更
特別日本酒 ユッケ
これが黒龍の限定品で、九頭龍。もちろん純米吟醸。
たまごんはワインだけでなくて日本酒も大好きLOVE
これがどらうめい!!
水のようにスイスイ飲めマス。
で、すぐさまユッケを注文。
お肉は切りたてで、すごく柔らかいし、
たれの味も甘すぎくなく、たまごん好み。
私はあんまり砂糖甘いのが好きではないんです。
ユッケには焼酎でしょ!って麦焼酎を注文。

で、そこへ北新地のお店浜島さんのご主人がご訪問。
な、なんとお土産にモズクかにをご持参。
しかも、私たちにも振舞ってくださると・・・!!
これはちょっと話題になっていた蟹なんです。
たまごんは蟹海老大好きの甲殻娘、♪
麗しい、お顔、アップの表情。
割ったところから、味噌まで見えます。
もずくがに もずくがにUP
割ったとこ 割ったとこ2
うーん、最高です。kao04kao06
見てください! この味噌!!!
みそ~

私には最高の美味しすぎ拍手 パチパチ
「ママ、日本酒お代わり!」
と乱暴に叫んでしまいました。ゴメンナサイ。。。
と、2杯もお代わりしてしまいました。

ありがとございます。ごちそうさまでした!!!

これで、お勘定は3,400円位でした。
お値打ちすぎです。

じゃーママ、また明日です。








テーマ:関西の美味しいお店 - ジャンル:グルメ

なにわフレンチびぎんのマスター
今お手伝いしている
なにわフレンチびぎん
マスターはブログ頑張っています。
最近はブログを見て来店されるお客様もちらほら。。

最近は仕込みのお手伝いも増え、
週末はだいたいお昼には出勤しています。
で、「おはようございま~す」
クンクンはてな
なにやらすごいニンニクの臭いが・・・
「マスター、昨日なんかすごいニンニク食べましたあ??」
「王将いってん」

でも王将だけでこんな臭うかなあ・・・??
で、マスターのブログ見て、納得・・・苦笑い
またはしごしてる・・・
しかも生ニンニク3個もいれてはる。。。

このおっさん、あほやあ~
私はチャーシュー麺は1年に一回くらいしか食べません怒

テーマ:関西の美味しいお店 - ジャンル:グルメ



プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する