たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェ小杉
名古屋で家族で行ったお店です。
我が家の愛犬、黒シバのくろとお散歩中に
くろ
家の近所で新しい、フレンチのお店を発見。

たまごんの実家は名古屋市内、
千種区との端境地の昭和区にあります。
まん前が母校である小学校、
山崎川という桜がたくさんある川のほとりで
春は大変景色のよい環境でした。
夏は、蚊が大変多い・・・苦笑い

うーん、この場所は何件か店が変わっているんだよなあ。。。
イタリアン、炭焼きフレンチ、そしてなぜか、カレースープのお店。
向かいは名古屋でなぜか御三家といわれる、某女子高の前だし、
住宅街とはいえ、決して悪い場所ではないんだけどなあ。。。

で、メニューを見ると・・・
な、なんと・・・
9,000円のコースのみ、しかも完全予約制えぇ
場所がいいからといって、東京のど真ん中でもあるまいし、
マ、マジで~はてな
ん、でも・・・
蝦夷鹿、マルカッサン、鳩・・・
なかなかにソソラレル素材が。。

父が思い切ってドアノック、
「あの~、いつオープンされたんですかあ?」
いかにもフレンチのシェフらしい店主の方が
「1ヶ月前なんですよ、今は試行しながらの営業です
融通利かせますんで、何でもご相談ください。」

って、すごーいい、感じがよかったんですわ。

愛犬の散歩終了後、
家から再度TELにてネゴ、
量が多いんで、特別に7,500円のコースを予約、
現金しか使えないってことで、父コンビニへ走るダッシュ

で、始まりました。
我が家の特別ディナーです。
まず迎えてくださった、若くて美人のマダム。
すごい感じがよいキラキラ(オレンジ)
期待が高まります。
テーブル トリンバック
席には紙ナプキンと、紙おしぼり・・・・kao05
こ、この内装と雰囲気、そしてこのお値段で・・・
ちと不安がよぎる。。。

まずは、ファーストドリンク。当然ビール
たまごんのビール好きは遺伝子の問題。
家族でビールのはずが、置いていないとのこと・・・。
さすが正当派フレンチ・・・
では、泡ということでjumee☆cheers1deco
と、思いきや、売り切れorz
だ、大丈夫かあ~jumee☆whyL
で、気を取り直して、フランスアルザス地方、
トリンバックのゲベルツトラミネールを注文。
5,000円となかなかお手軽なお値段す。

ゲベルツトラミネールは、とってもいいにくい名前ですが、
言語的にはドイツ語ですね。
寒い地方で作られていて、ドイツやフランスのアルザス地方、
北イタリア、フリウリ・ディ・ヴェネチア州などが有名です。
たまごんの暮らしていたニュージーランド、ホークスベイでも美味しいワインが出来ます。
ライチやバラの蕾のような香りが印象的で、
辛口も甘口もありますが、概して女性に受けがよいのと、
(男性必見ですぞ!)

有名どころではフォアグラ、
たまごんセレクトでは、生の魚介類と相性がいいです。

アミューズ ほたて
アミューズはオマール海老のコンソメジュレとチーズの効いたミニパイ。
続いて、緑茶をまとったホタテのソテーと葡萄の低温ロティ。
ホタテはめちゃ新鮮で、甘いのが印象的。
そいで、この付け合せの葡萄がすごい!!
72時間、ずーっと、ひたすら、低温で火を通すやり方だそう。
すごい美味しい。
栗スープ うに~
栗のポタージュはカプチーノ仕立てです。
そーいや、栗は今年出来がいいんですよね。
たまごんも自分で作りました。
(もちろん、味は雲泥の差じゃ・・・)
鱸のポワレ、黒米と百合根のピュレ うに添え
この雲丹の下に見える、黒いやつが黒米のピュレ、
百合根がねっとりさと相まって、こっちのほうがうみゃ~

グラニテ 鹿
マルカッサン 羊
グレープフルーツの氷菓子は長ーいスプーンがオシャレでした。
メインは父母たまごんと3種類別々のを注文。
北海道の蝦夷鹿、カナダ産マルカッサン(仔猪)、オーストラリア産の子羊。
蝦夷鹿はなにわフレンチびぎんのマスターの完勝ですねアップ
仔猪、マルカッサンはオレンジの風味がすばらしいキラキラ
あと、父が激感うふ
トリュフです。
ホテルなんかでよく、小さーいのが
ジェリービーンズみたいに、何かのパテに入っていて
味も素っ気もないのが多い。
色も気味悪ーく、黒く光っている。
ところがこれは違う!!
香りも芳しく、しっかりとした触感。
ちゃんとハーモニーになっているではありませんか。

やっぱ、ほんもん食べないとだめっすね。

赤ワインは写真撮り忘れましたが・・・
ルイ・ラトゥールのムーラン・ナ・ヴァン。
ボジョレーの村物の中でも一番しっかりしているんですが、
お値段はそんなに高くないんです。6,500円でした。

きのこリゾット デセール1
で、このお店のシンボリステッィクなのが、
メインの後に、きのこのリゾットがでます。
これがうみゃ~ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
量は少ないですが、5種類ものきのこ、
しかもフランスのジロールやセップ茸も入っているではありませんか拍手
すごいフォンの味が沁みていて、ワインにばっちりですわ。

エスプレッソの氷菓子も口さっぱりします。
デセール2 コッヒ
続いてのデセールが生タイプのガトーショコラ、ホワイトチョコのケーキ、
ピスタチオのビスキュイ。
甘いものより、お酒のたまごんがしっかり食べてしまった・・・
すごいんです、しっとりどっしり、でもしつこくないんです。
ピスタチオのビスキュイも心惹かれる味わい。

思わず・・・カルバドスを追加注文してしまいました。
最後のエスプレッソもカップが凝っていて、
やっぱ、気分が高揚しましたよ。
オリジナルメニュー
こんな個人個人向けのメニューも印刷してくださるんです。

こちらのシェ小杉、素材のこだわりがすごい!!
メインの肉や魚は言うまでもなく、
付け合せのほうが異彩を放っています。
マイクロトマトとか、百合根とか、手間がかかっているのも秀逸。
お値段異常の価値はあります。

名古屋市千種区丘上2丁目34-4-1F
シェ 小杉
052-784-6084




スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

急な東京へ
先週はなにわフレンチびぎんでのワイン会でした。
おかげさまで、今回もオーナーのお料理に皆さん感嘆。
何とかたまごんセレクトワインも無事飲んでいただけました。

で、なにやらバタバタしており、
そのワイン会のUPもできないまま、
急なお話で東京へ行くことになりました。
3月に行ったFOODEX以来です。
今回はニュージーランドワインのお得意先にお会いするためです。

行きの飛行機の中で、あんまりきれいだった富士山を。。
富士山 富士山2
うーん、頑張るぞっと上
今回は時間もなかったんで、深夜バスで帰ってくることにkao02
3列シートで7,000円と結構お得です。

で、商談を終了後、そそくさと東京ナイトへアップ
東京は学生時代過ごしたこともあり、特に渋谷近辺は不自由しません。
なんだか懐かしいですな。
で、目星をつけといた1店目、池尻大橋へ。
連休の中日だし、ちょっくら都心から離れてるし、
大丈夫かな~と突然訪問。
看板
イブローニュというお店。
入り口メニュー1 入り口看板2
うむ、うむ。なかなかよさそう笑顔
「1人ですけれど、大丈夫ですか~?」
「すいません、予約で全部いっぱいなんです」
・・・・・
しまった。。。ここは東京、
やっぱ電話いれとかないといかんか涙

で、気を取り直して、もう1軒、目をつけといたお店へ電話。
よし、席確保。
代官山へ向かいます。
久しぶりだなあ~。
ラ・フォルナーチェ
学生のときはこの沿線ばっかり使ってました。
東急東横線、やっぱり愛着があります。
お店の入り口撮り忘れたんですが、
八幡通り沿いにあって、地下に降りていきます。
電話してよかったあ~、すでに満席。
本日のオススメ ワイン1
今日のオススメが板メニューであって、
その他に普通のメニューとドリンクリストがあります。
メニュー1 メニュー2
とにかく、喉渇いていたんで小さいビール
キリンのハートランド、たまごんがエーデルピルスと同じくらい好きなビール。
もちろん麦芽100%。混ぜもんなしグー

このお店は八ヶ岳の朝市からお野菜を取り寄せているそうで、
そのにんじんのサラダと、栗粉のクレープをまず注文。
八ヶ岳のにんじんのサラダ 栗粉のクレープ
にんじんのサラダはにんじん自体の甘みにオレンジの風味、
そしてビネガーが程よく効いていて白ワインにぴったり。
白グラス
白ワインはヴェルデッィオというイタリアの土着品種にトレビアーノの混醸。
嫌な酸もなく、500円としてはかなりコスパよし。

びっくりしたのが、この栗粉のクレープbikkuri01
中にはきのこのペーストがまいてあり、チーズもよく効いている。
栗の粉は日本では季節感がありますが、イタリアでは年中出回っている。
国内ではスグ、虫がつくのでなかなか管理が大変なのです。
言い換えれば、それだけ美味しいってことですね。
うーん、栗の甘みも感じる。
そば粉のクレープがフレンチではあるけれど、
この甘みと舌触りはたまごん的にこっちのほうが好きだな。

たまらなくなって、スグに赤ワインを注文。
このお店、なかなかによさそうなので、
カラフェ1,900円というのも考えたのだけれど、
6,000円以下でなかなかのラインナップ。
ジーっと考え、決めたのがこれ。
カレーマ リゼルバ 2002 5,500円
ワイン2 ネッビオーロ
ネッビオーロって言うのは葡萄の品種の名前です。
これもイタリアの土着品種、
ほら、あの有名なバローロとバルバレスコが作られているワインです。
高級品種だし、2002ヴィンテージということは
きっと飲み頃も迎えているはず、
それで5,500円。きっと美味しいと、ワクワク。
お店の方も感じがいい。
大阪みたく、べったりなサービスも大好きだけれど、
ここのお店は冷たくなく、適度に距離を置いてくれています。
このワインを指名したところ、2003しかないとのこと。
でも03はヨーロッパ全土の当たり年、まっいいか。

飲んでみて、驚きです。
気品ある澄んだ色合い、少しガーネットかかっています。
香りは黒スグリやすこしプラム香も。
香りの量が多い、でも暑苦しくない、
味わいは、まず果実としての葡萄の味わい、
そこ先にじんわりとうまみが乗ってくる。
すごい、いいワインです!
お店の人も「ここの作り手はネッビオーロのよさを最大限引き出しています」って。
その通り!なかなかうまいワインに出会いました。
栗粉のクレープがあっという間になくなりました・・・焦る3

メニュー3 砂肝サルサヴェルデ
ワインがススムススムってわけで、おつまみもどんどん注文。
砂肝のサルサヴェルデ。
砂肝は柔らかく炊いてあり、冷たいオードブルです。
これも癖がなく、いいおつまみです。
自家製鴨のハム 鴨ハムUP
続いて、自家製の鴨のハム、パプリカ風味。
パプリカ風味のグリッシーニ(イタリアのポッキーみたいなのです)もついてます。
これもネッビオーロにはよくあって、スイスイすすみます。
で、もう1品、
ミートソース焼きリゾット 代官山
焼きリゾットなんですが、ミートソースの、にしました。
しっかりソースで最後の一滴まで、飲み干しました。
最高に気分よく、お会計はなんと、10,000円
こんなに食べて飲んで!!信じられないです。
1本5,500円のワインも飲み干しているというのに・・・。
ここのお店は食べ物が500円、800円、1,300円となってるんです。
食べ飲みたまごんだからこのお値段ですが、
お隣のカップルなんかはお二人でこのお値段でしたよ。
東京来たらまた来たいなあ~。
帰り際、代官山きれいだったんで、撮りました。
こういうのは東京のほうがすすんでいますね。

で、恵比寿駅を目指し歩いていると、
なーんか〆たい気分に・・・
看板1 ラーメン看板
こんな誘われる看板が・・・
サービスメニュー チューハイと枝豆

おまけにサービスで500円って。。。
チューハイも頼んじゃったよ。。枝豆付きだし♪
きました、あんかけチャーハン。
あんかけチャーハン
たまたま入ったお店だけれど、何が何が。。だいぶ美味しいグー!
チャーハンがぱらぱらで、餡がしっかり目の味付け。
パクパクと〆たのでした。
チャーシュー麺は好きではないんです、たまごんは。

東京駅からバスに乗ります。
深夜バス1 深夜バス3

このバスなかなかナイスでした。
運転手の方もすごい親切で、安全運転だったしね。
たまごんはバスの乗り込む前に
しっかり洗顔をし、たっぷりの化粧水でパックしながらzzz
初めて新名神のサービスエリアを経験しつつ、
7時前には難波に到着しました。

濃い1日半、
東京はやっぱりお店がたくさんあります。
刺激されることもたくさん、たまに東京見学もしないとねニコニコ。 正面








テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

名古屋晩ごはん、勝手屋
晩ごはんはたまごんオススメの店、
名古屋新栄が本店、勝手屋。
本店のすぐ近くにあらやがあって、東桜ってとこにももう1店舗あります。
たまごんは通いだして、15年くらいかなあ・・・
そのころはまだ1店舗だったけれど、近くにTBS系列のテレビラジオ局CBCがあることもあって
テレビ関係者も多いし、当時名古屋にしては深夜の1時か2時までやっていたので、
大変流行っていました。
好きなお店が大きくなるのはうれしーですにっこり
勝手屋 勝手屋スタンド
外観はこんな感じ。いい雰囲気だぎゃ~
勝手屋入り口 勝手屋看板
中に入って驚いたんだけど、いつの間にか小上がりの座敷が
テーブルになってる!!
すごーいい。訪問はニュージーランドもはさんでるから、
本店には、5年ぶりくらい。。

まずはビールで乾杯。生ビール
びぎんのマスターが気に入ってくれるといいなあ~と期待しつつ、
石焼 突き出し
まずは突き出しがきました。
ここの突き出しは名物、牛タン。
店名にもなっている美味しいタンです。
あっつあっつの石で焼いて食べるんです。
焼けるとこ 焼き上がり寸前
これにレモンと塩、一味で食べるんだわ。
シンプルだけど、非常にグッと来ます。グー!

で、続々と注文。
金時草 北海道ししゃも
まずはここにきたら絶対食べる、金時草のおひたし。
金沢のお野菜って教えてもらいました。
出汁はこのお野菜の色。きれーで、なおかつ優しいお味。
あとでマスターに聞いたんだけど、
このお野菜はアクが強いんで、こういう味付けをするのは技術がいるんですって。
うーん、納得。
と、北海道のししゃも。オスのほう。
卵は入っていないけれど、その分ジューシー。

ここはお刺身を始めとして、お魚料理が美味しいのも特長です。
刺盛 刺盛2
刺盛を注文。
鯖とキス、めばるとミル貝。
たまごん、鯖はめっちゃ好きハート
そしてこのキスとメバルが驚き!!
たまごんは白身のお魚はあんまり得意ではないけれど、
これはすごかったえぇ
シャッキリしているのは当たり前ですが、身が甘くてしっかりしているんだわ。
ミル貝はここのオーナーが今朝三河湾ですくって来たもの。
新鮮で、プリップリ。
久しぶりにお刺身で堪能しましたわ。

そして、びぎんのマスターに食べてほしかった、
このお店の名物、岐阜美山の鴨たたき。
鴨たたき 鴨たたきUP
きれいな色をしているでしょう?
全く臭みがなくて、昔たまごんの友人のお嬢様が
鴨嫌いなのに、美味しいと絶賛してくれました。
牛タンどて煮 手羽先
んで、名古屋名物どてと手羽先。
ここのは牛タンで仕込んでいます。
赤味噌、豆味噌でじっくり炊いて、砂糖甘さがくどくなくて美味しいです。
手羽先は某チェーン店よりも身が厚くて、皮はパッリパリ。

本マグロかま刺
そしてこれも、珍しいお刺身。
「本マグロ、カマトロ」
すごいでしょ??この脂身が筋っぽくなくて
口の中で解けるんですわ。
2,500円だけれど、価格以上の価値あり。
どこぞのお寿司屋さんなら一貫でこの値段だわ。

鮭ハラミ焼き 鮭ハラミ焼きUP
だしまき さんかく
北海道産の鮭ハラミの焼いたのとか、出汁まき、さんかくと続きます。

すだちご飯1 すだちごはん
で、マスターの電車の時間が迫ってきたんで、〆に入ります。
これもめちゃんこお気に入りのすだちごはん。
たまごんが嫌いなみょうがが美味しいと感じられる1品。
みょうがのスライスにすだち汁がたっぷり、
その上に香ばしいかつおぶしとのりがかけられています。
ん~言葉にならん!!kao04
この妙味がたまりません。
牛タンピリ辛スープ 食後のお茶
マスター時間が迫ってきて、ダッシュしてるjumee☆faceA61

ピリカラだから大丈夫ってことで、牛タンのピリカラスープ。
出汁の味が深いです。
で、ちょっと驚いたのが、この緑茶。
すごい濃いんだけど、渋くなくて甘みさえ感じる。
これには感嘆だわさ!
やっぱいいお店は最後までしっかりしてますね。

ちなみに撮影忘れたんだけれど、
たまごんもしっかり日本酒飲みましたニコッ♪

マスターは何とか電車にのれたそう。。
でも難波であやうく、倉庫に入れられるとこだったらしい・・・汗とか














テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

びぎんのマスター名古屋へ
びぎんのマスターがさっちゃんに会いに、名古屋に来るって言う。
名古屋はたまごんのお膝元。
びぎんも連休だし、ご案内しなければ上

つーわけで、まずはお昼ご飯。
名古屋って言うと、世間一般で言われている名物、
ういろう、海老フリャー(って言うヒトはいない・・・)、手羽先、味噌カツ、などなど。
でも違うんだな。こんなんばっか食べとるで、名古屋は美味しくないとかいうんだね
とりあえず、絶対美味しいといってもらえるものをご案内しないと、
で、お昼ご飯は櫃まぶし。

櫃はおひつのこと、まぶしはご飯に鰻がまぶしてあるからです。
鰻については、東京、名古屋、大阪と・・
三都物語を経験しているたまごんにうんちくあります。

大きく分けて、腹裂きか背開きかに分かれて、
それから蒸してから焼くのが、東京。
大阪は蒸さずに焼きますよね。
名古屋は大阪流。
でもタレが大阪ほど甘ったるくなく、東京ほど薄くない。
たまごん、ど~ら好きな味。

びぎんのマスターにも是非、味わってほしい。
この櫃まぶしは大きく分けて2つ、
出汁をかけるか、お茶をかけるかです。
そして、有名どころはあつた 蓬莱軒以ば昇
たまごんは断然以ば昇派。
あつた蓬莱軒は荘厳な熱田神宮の近くで情緒はありますね。
女将さんも由緒正しき、名古屋弁をお話なさいます。。。

で、以ば昇の栄店のほうへご案内~jumee☆shy1
以ば昇外観 以ば昇2
看板も歴史を感じます。
以ば昇看板 以ば昇看板2
同じ名前の以ば昇でも錦3丁目のほうは日曜日がお休みです。
でもこの2店舗は名前が一緒でも、雰囲気が違うんだわ。

店内1 店内2
店内はレトロ、いろんな調度品もあります。
めっちゃんこ、無愛想なおばちゃんが、お茶と注文を聞きに。

あ、マスターお水って言って、睨まれてるjumee☆faceA61

に、しても無愛想だな~、
老舗の癖に従業員教育、ナッテナイ怒
って思っていたら、もう一人のおばちゃんが「女将さ~ん」って・・・・
ひょえ~、ガンバレ 老舗。。。

以ば昇メニュー1 以ば昇メニュー2
メニューは王道だけど、コスパ大と感じるね。
肝焼きは時価。
普通、時価って怖いけど、うまきが380円なら安心ニコニコ。 横向き
こういう、安心感が老舗のすごさだと思う。

注文は、櫃まぶしの上!!!
肝焼き、うまきです。

はし うまき
はし袋にも風情あり。
うまきは画像だとわかりにくいですが、上品な甘さがうれしい。

肝焼き
肝焼きは声にならないうまさだった。
肝は全然生臭くないのはもちろん、
備長炭で焼かれて、焦げ臭くなく香ばしい。
で、ジューシー。。。うふ

きました!本日のメイン、櫃まぶし。
しかも、生まれて初めて、よそ行きの「上」だに~。

お漬物 お吸い物
まずは、焦らすようにお漬物とお吸い物。
肝吸いじゃなくて、海老だわ。
たまごんはえび好きだで、返っていいが~拍手

ひつまぶしのつけ合わせ ひつまぶし上
付け合せにはわさびとお葱。
これがまたいいんだわね。

お櫃ん中
見て、見てキラキラ 鰻、ギッシリ。
さすが、生まれて初めての上LOVE
お櫃のご飯はフッカフカ。
まぶしの鰻は肉厚がある。
で、身はホッコホコ、皮はパリっとしている。
変な鰻は皮がゴムみたいなんだわさ。

よそったとこ 出汁入れたとこ
お茶碗によそって、出汁かけます。
うーんふるーつ☆Cultivation・笑(小) 美味しすぎ。
お出汁で鰻の味が膨らむ、膨らむ。

マスターもご機嫌みたいホッ ほっ
名古屋は不味いって、よく言われるからさ。。

帰り際、女将さんに
「いや~、やっぱり以ば昇さんはいいね。
どこのお客さん連れてきても、喜んでもらえるわ。
いつ来ても美味しくて、安心できるわ。
アンジョウやってきーね」
女将さん、めっちゃ笑顔になる。
この辺は世界中どこでも一緒の認識だね。

名古屋弁全開のまま、夜のお店へ向かいます。

イケルさんフェアウェルパーティ
先週で、スナック北浜を上がられたイケルさんのフェアウェルパーティ。
たまごんはママからお声をかけていただき、
もちろんマスター笑顔

びぎんの終了後、お片付けを頑張って終了し、北浜へ。。

すっごーいい、ひと、ヒト人。
メッキ屋さん、謎の証券マンさんたち、女医さん、
ヨッシー、浜島のおやっさん、マンちゃんもさっきまで参加していたらしい。
さすが、イケルさん。
イケルさん mama
このポロシャツともお別れです涙
みんな寂しいんだよね。。

お料理は
お惣菜1 お惣菜2
萌さんのママからの差し入れのお惣菜。

ポテトサラダ
スナック北浜ママのお得意、
ランチが暇だと12:30、ランチ真っ最中のなか作り出す・・・
突き出し大人気、ポテトサラダ。

みやわきさんの驚き!!もつ鍋。
みやわきさんのもつ鍋 もつ鍋チャンポン
みやわきさんのもつ鍋、特に、もつが最高キラキラ
もつの脂の部分が多い!甘い!!
出汁もいっぱい飲めます。
化調の味しないから、のどか沸かないし。
お野菜もいっぱい食べられる。健康です!
あ、イケルさん出汁捨ててる怒
びぎんのマスターみたいに、ちゃんと完飲しないと。

ちゃんぽん投入たら、マスターが寄ってきた。
マスター マスター2
麺好きマスターは、おかわりを続けて
この5人前のちゃんぽんを、ほとんど平らげました無言、汗

洗い物もたくさん。
イケルさんとママすごい連携プレーで、片付けていきます。
洗い物 洗う2人

宴もついに終焉へ。。。
と、ママがすごいワインを差し出してくださいました。
プロセッコ かんぱーい
イタリアのヴェネト州で
有名なプロセッコというイタリアの土着品種で作られている
ベッレンダ社のスプマンテ
たまごんがワケワケする命を賜りました。
美味しいプロセッコ
うーん、美味しい。
酸がしっかりしている、葡萄の果実の味がする
すっきりとしたスパークリングワインです。
ちなみに、イタリアでスパークリングワインのことを
「スプマンテ」っていいます。

で、明日はびぎんでランチの予約あり。
マスターはびぎんでカラフルな布団と共にお泊りですが、
たまごんも出勤早いんで、帰りまあ~す。
って・・・いいかけたら・・・
いろんなとこから、声が聞こえてくる。。
「よし、ひょうろく行きたいなあ、うん、行こう」
エ~えぇ
あ、明日が・・・
メッキ屋さんも6時からお仕事が。。。。
でも、ママも
「ママも行くんやから、来なあかんで~」
ひょえ~kao05

マスターは、完飲する寸前の
金龍ラーメンの残りのどんぶり、間違えて持ってかれた
みたいな、半べそな顔でひょうろくに電話してるし・・・

阿倍野のてっちゃんと、マスターと、たまごんは
チャリで、ミナミに後戻り苦笑い

ひょうろく到着。
でも来てよかったかもにっこり
やっぱり美味しいよ、
ありがとう。ひょうろくマスター、マッキー。
ひょうろくおでん ひょうろく煮込み
うちわえび 天然きのこ
先週も食べたうちわ海老。
たまごん、えび好きだからね。
で、マスターとイケルさんだけでこっそり美味してた、
マッキーが採ってきた、天然きのこのソテー。
「煮込みや・ひょうろく」だけあり
いつも美味しい、煮込み料理。

閻魔 エッグ
芋焼酎苦手のたまごんがお気に入りの麦焼酎、閻魔。
で、この間大好きになった、エッグ。
たまごんは名前どうり、たまご、大好きにこ

半熟をまぜまぜしてくれる、マッキー。
卵がけご飯用のお醤油たらして、完成。
これで、300円は驚異的ニコッ♪

でも、睡魔が蔓延・・・
気づいたら、な、なんと5時びっくり
びぎんのマスター出勤時間、30分だけ遅らしてくれたorz

で、翌日ランチ、2人とも目が腫れてる汗;
マスターはヘロヘロ、でも笑顔・・・
たまごんは足がおぼつかない。。。

休憩時間は、賄いも食べず、ぐっすりzzz

イケルさん、お疲れ様。
次の展開、北新地も期待してます。








テーマ:関西の美味しいお店 - ジャンル:グルメ



プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。