たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
第11回季節のお料理とワインのお集まり会 at びぎん
昨年から始めて、ワインチューズに深く関わってきたイベントです。
最初はマスターも「お客さん集まるかな・・・」と
不安げだったこのお集まり会。
最近は3日ほどで満席を頂く状況で、本当に有難いです。
またリピーター率が圧倒的に高いのもうれしいです!!
新しい方もどんどん参加してくださってきていて、
うれしい!!の連続なんです。

で、詳しい内容はびぎんのマスターのブログで
たまごんは少しワインのご説明と
お客様からの感想をご紹介したいと思います。
第11回のワインたち
左から出した順番です。

最初は大根と海老のコンソメジュレがけ。
NZのゲベルツトラミネールという品種は香りが印象的。
ライチとかバラの香りがはっきりします。
最初は甘口なのかな??って感じるんですが、しっかり辛口。
このワインは少し洋風にアレンジしている、生のお魚料理、
カルパッチョとか、淡いお出汁の味に合うんです。
今回のお出汁のジュレと大根の甘み、海老の風味とピッタシでした。
お客様からは
「ほーんと、おうちのおかずとかと合いそう。。
小松菜の出汁の効いたおひたしとか」
って。
嬉しいご意見です。

2品目はNZのソービニヨンブランという品種。
ハーブ、サラダほうれん草とか水菜の柔らかい部分を
かじったときの香りがします。
結構印象的です。
マスター得意、大好評のお野菜のドレッシングが
たくさん添えられている、有機栽培のお野菜のサラダ。
「お野菜の美味しさと、ドレッシングの甘酸っぱさと
ワインを飲むと爽やかに香りが広がる~」
ってお客様。
楽しんでいただいてるみたいでした。

3品目は同じNZのソービニヨンブランでも
先ほどのものより、やや酸がキッチリとしているワイン。
ノルウェーのサーモンの串揚げ風、
ふわっとした生クリームのソースを添えているお皿。
このサーモンは脂がすごく乗っているんです。
それを軽く細かいパン粉をつけて串揚げにしています。
なんで、先ほどの酸がこの風味をきれいに流してくれて
お口の中でプツプチとはじけるんですな。
「サーモンとこの白ワインってすごく合うんですね」
そ~なんです。サーモンとソービニヨンブラン、
この組み合わせもよいんですよ。

4品目はスペインのスパークリングワイン、
カバのロゼです。
ロゼは赤葡萄品種で作られているんで、
白いものより少ししっかりしています。
お料理が、和牛の筋の煮込みスープ、レンコン添え。
この和牛の筋のうまみがすごいもんですから、
あえて、ロゼのスパークリングにしました。
「ロゼの泡って珍しいですよね。
普段お高いし、なかなか飲めないから」

ワイン会ではこういうワインもご紹介できるんで嬉しいです。

最後はイタリアの中部、
ダブルッツォ州の代表的品種、
モンテプルチアーノで作られている、
ファルネーゼ モンテプルチアーノダブルッツォ。
色もしっかりして濃いんですが、
くどいわけではなく、うまみのあるワインです。
ゴクゴク飲めてしまうのが、タマにキズ・・・。
肉汁が溢れるマスター大好きなハンバーグとの相性は最高でした。
「これおいしいわあ。。おかわりください!!」
おかわりリクエストが多くて、有難かったです。

最後はALOHAさんから
「すごくよくわかりました!!ありがとうございます」
って拍手を頂いたんです!!!!

そんなこと言っていただいたの初めてで
涙ぐむ・・・たまごんでした。。

ちなみに、こーんな感じのワイン会は
よく飲む方なら5名様くらいから
そこそこの方なら8名様くらいから企画できます。
ご予算にも応じられます。
ちなみに。。びぎんでのワイン会は
5品のお料理とワインで5,000円です。
ご興味のある方お気軽にコメントくださいまし。


スポンサーサイト

テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

王様の肉や 三重 松阪牛 海津
大満足でお風呂入りまくりの「湯元 榊原館」をお名残惜しく出発。
昨日到着後に一っ風呂、晩御飯の前に温まり、
食後ほろ酔いで、もう一回、寝る前にオヤスミ風呂。
朝起きてオハヨウ風呂。朝食後に最後の温泉。
うーん。。一日半で6回かあ。。。
もう明日からは仕事です・・・えーん
でも「銭は血よりも濃し」ですからしっかり稼がなければいけません。

で、家族と相談の上、久しぶりに海津で塩すき焼きを食べることに決定!!
何で久しぶりかというと、ここはとにかく車でなきゃ来にくいところなんで、
酒飲みたまごん一家としては、足が遠のいていたのでした。
確か、以前来たのは6,7年前か??

とその前に、時間があるんで、寄ってみました。
松阪の道の駅的なファーム??
野菜やらお肉やら売っているおなじみのとこっすね。
たまごんも松阪牛の筋、な、なんと1キロ1,890円という破格値でゲット。
丑年 黒毛和牛
丑年なんで、黒毛和牛と乳牛が触れ合えるようになっていました。
乳牛 乳牛2
乳牛は産後3毛月だって、カワイイニコニコ。 横向き

この海津は地元では牛銀和田金等の有名店とは別格の店。
ホームページはもちろん、宣伝も一切なし。
取材もお断り、地元の人の口コミのほうが見つけるのが早い店です。
海津 海津入り口
主要幹線道路、42号線沿いなんですが
ど、どーですか!!この佇まいキラキラ(オレンジ)
中も完全個室、&庭がスバラシイ。。
海津お庭 海津廊下
廊下と各お部屋には何やら有名な絵が。。
食べモンと飲みモン以外は疎いたまごんjumee☆whyL
海津絵 炭火
名前を聞いたがさっぱりわからん・・・
でもこの絵、ん百万するらしい・・・チャラリーンkao05
そうこうしてまず、炭火が登場。

き、きました。塩すき焼き!!
これは完全予約でないと食べられないんだわさ。
松坂牛 塩すき焼き
書くとお粗末なんで、割愛。
とにかくすごいお肉。柔らかいだけでない、
お肉が甘い、脂が香ばしい。
今まで食べた中でどらどらうまい。
松阪牛

焼肉
ウマすぎで、焼肉を追加、2人前です。

んで、加えるとここは野菜が美味しいのが特筆。
野菜だけお代わりしたいくらい。
塩すき焼き野菜 海津メニュー

みんなでツアー組んでいけないかなあ~

この幸せを胸に1年頑張ります。












テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

湯元 榊原館
たまごんのお正月ネタ。
家族で行ってきました。三重県 湯元 榊原館
ここはお湯がいいんで、母親のリクエストなんだわさ。
榊原温泉 榊原館外観
近鉄で、名古屋からも大阪からも1時間チョイ。
なかなかアクセスがいいんで、電車でも気軽に来れていいです。

ここは名前の通り、源泉を持っているんです。
だから、お湯がぬるぬるしていて、ホントにお肌によさそうっす。
湯上りにはビール
ここの地ビールで一人乾杯。
地ビール
先に出かけていた両親と弟がついたんで、早速、晩ご~飯。
なかなかのたたずまいでしょ?
榊原館1 榊原館レストラン入り口
榊原館野菜 榊原館レストラン

晩御飯館内のレストランで。
榊原館お品書き お酒
お食事のお品書きと今日は日本酒でふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
榊原館前菜 榊原館お塩
榊原館お刺身 さ、刺身は伊勢海老だぎゃ~

お肉盛り合わせ 焼いてるとこ
さ、さすが三重県、お肉美味しそ~
これは焼いて、先ほどのいろんなお塩とかで食べます。
蒸し鍋 ハーブティーセット
これが、感心しました。
お野菜なんかは最初のディスプレイどうり、地産地消。
それで、このお鍋なんですが、
「蒸鍋」なんです。
もちろんお肉もあるけれど、たっぶりのお野菜が美味しい。
外食だとどうしてもお野菜が足りないから、うれしいわん。
材料的にはフツーなんだけれど、蒸鍋というアイディア、
見せ場的にもすばらしいと思う。
何も高い材料、腕自慢が全てじゃない。
ここでしか食べられないもの、雰囲気、それが大事だって感じられた。
この旅館の心意気が伝わってきた。

お正月早々、いい気分。
最後のハーブティーもいいでしょう?
いろんな種類があって、自分で葉っぱをブレンドして作るの。
これも楽しいなあ。
子供も楽しめるよね。

うん、うん、満足な夕食でした。。
明日はもう帰るんだよね・・涙

お休みは早く過ぎるもの。。。








テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

京都お稲荷さん
年明けて、
あけましておめでとうございます。
今年こそ、頑張らねば。。。

元旦はこれも恒例で、家族そろって
京都の伏見お稲荷さんへ初詣に出かけます。
新幹線京都 お稲荷さん鳥居
す、すごいひと・・・
すごい人 上の社もすごい人
たまごん一家は下の社では軽くお参りだけ済まし、
参道を一気に上まで行きます。
上の社のろうそく お稲荷さん池
こちらもすんごい人。さすが元旦。
で、しっかりお参りして、お昼ご飯へ。
たまごん一家はいつも一番下のほうにある焼き鳥、
「ねざめ屋」というお店に行きます。
店頭で鰻や鶉を焼いてます。
鶉は国産って表示、信じたい。。。

いや~冷えた冷えた。
しっかり着込んでいるんだが、末端冷え性のたまごんにはつらい、あんよ。。
てなわけで、まずは熱燗。で、ビール。
ねざめ家 家族
鰻は蒲焼と白焼き、鴨ロースにうどんたち。
追加で鶉が6人前。
熱燗は4人で、16本・・・・汗とか
つ、つまり、1人あたり4合瓶1本・・・・
酔っ払う家族無言、汗

帰宅してから酔っ払い母、弟は撃沈・・・・
父と私はイタリアンお節でおつまみです。
イタリアンお節 イタリアンお節お品書き
これもこの3年ほどずっとお世話になっています。
1日はお腹も空かないんで、おつまみが欲しいな~ってことです。
名古屋の郊外、大治町にあるベッラルーナというお店です。
ご夫婦で切り盛りされている、素敵なトラットリアです。
鮑丸ごとスモークはじめ高級素材ばかり、
もちろん全部手作りで、2万円です。

さあ~て、美味しいお酒街道明日も続くぞ!!





テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

実家でのクエ鍋&すっぽん鍋
名古屋へ帰省しました。
昨夜のラーメンから無事生還。
大掃除も続きを終了し、近鉄で名古屋へ。

実家はクリスマス前からイエナリエを趣味ししてまんす。
イエナリエ イエナリエ2 イエナリエ3 イエナリエ4

晩御飯は家族4人1年ぶりの集合。
てなわけで、日本酒とお鍋に決定。
たまごんが大阪で調達してきたクエ&熊本のすっぽんです。
まずはくえを刺身に。。
くえ刺し 麒麟
あわせるのは今日は日本酒LOVE
やっぱ、生魚には日本酒だぎゃあ~
鍋 具
具2
アップにすると、まるで鶏肉のような色合いです。
う~、最高だあ~年末好き♪
あまりのごちそうにえさを狙って、おねだりしてくる
愛犬くろくん
ねらうくろ
おねだりくろ

幸せな気分で、大晦日を終えました。
明日は京都だあ~


テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

まだ年末年始のネタはあるんですが・・・
今日はびぎんの仕事始め2日目。
火曜日なので、夜はお休みです。

んで、夕方5時半ごろ、そろそろ片付けてお暇を。。
と思っていたころに、黒いスーツがびっくりどこかのメーカーさんの年始の挨拶かと思いきや、
な、なんとイケルさんえぇ
しかも、あの10万円のスーツで初お召し物。
な、なんだか貫禄~って感じでした。
たまごんはこの日夜はOFFだったので、
同席を許されたたまごんキラキラ
しかも、アップロードファイルを2杯もご馳走に。

イケルさん、ご馳走様でした。
ありがとうございます。
今年も宜しくお願いします。


今度はたまごんの名古屋名物まかないをご馳走しますjumee☆shy1

テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

今日の格言
今年のたまごんは結婚したいな~、
子供も欲しいなあ~とつぶやいたときの
イケルさんの格言

“銭は血よりも濃し”


というわけで、今年も一生懸命仕事頑張ります。。。。

テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

ちょっと忘年会&年末の京都と〆の洛二神
28日の“ちょっと忘年会”ではたくさんのお客様にお会いできました。
ありがとうございました。
ワインもたくさん召し上がっていただけたんですが、
すいません・・。
たまごんの予測が甘く、売り切れ状態にorz
全然、お写真もとれずに・・
でもイケルさん炎の浪速男さんALOHAさん
きれいに撮ってくださっているので、安心です。


これがこの忘年会めちゃ楽しかった。
びぎんの中はいすも全部外にほーり出して、
冷蔵庫やセラーの上も立ち飲みスペース。
そこへ、イケルさんからjumee☆phonecallL
「あ、今から2人いける?(イケル?)電源のそばの席で」
「???」

とりあえず、セラーの上の席も空いていたんで、
たまごんはOKとお返事。
しかあ~し!!
現れたイケルさんは大きなプリンターを抱えているえぇ
「今から、年賀状刷んねん」
ひょえ~、だから電源の側だったんですね。
シュコン、シュコンっと快適に終了した模様笑

んで、今日はワインとかビール、限定お料理が500円均一。
プレミアムの焼酎とか手作り果実酒は想定外。
そこへ、初来店のラーメンマンと、久しぶりのいけちゃんが登場。
つい2日前に解禁になったばかりの柿酒を気に入ってくださった様子。
イケルさんがゴネても、500円にまからなかった
800円の柿酒ソーダ割りがガンガンオーダー頂き笑い。
どーりで、新年早々減っているわけだ。
ありがとうございましたぺこ
でも、柿の実だけに猿蟹合戦を思い出したのは
たまごんだけ???無言、汗

そうこうして、イケルさんたちは安喜さんへ。
たまごんも行きたかったですが、結局終了は12時を大きく回りました・・・
皆さん、本当にありがとうございました。

で、翌29日、たまごん、おうちを大掃除。
そこへ、高校の同級生から電話が。
「今京都の実家なんだけど、だんなが飲みたいんで
つきあってくれない?」
数少ない高校の同級生の友人、大切な友達です。
この彼女お酒は嫌いじゃないんだけど、あんまり強くない。
ところがだんなはロシアで鍛え上げ、大の酒豪。
彼女の実家ではお酒の供給量が足りず、
せっかくのお休みにもストレス気味とのこと。
んにゃ~、そんなんたまごんは大の得意だわさ。
で、京阪でお出かけしました。

京都といえば、ヒノッチ
お店を相談したいなあと電話したんですが、もうお休み。(当たり前だわなあ~)
仕方なく、うろうろして向かったのが
《ん》という居酒屋さん。
マグロの刺身 ほやの塩辛
揚げたてあつあげ 湯葉のサラダ
牡蠣と下仁田ネギいため ほんししゃも
ビールをジョッキで1杯づつ。
でも、これが洗浄できていなくて、臭かった汗とか
だんなさんも気づいて、ハートランド中瓶にチェンジ。
んで、日本酒を3杯ずつ、焼酎を2杯ずつ、
この、酒のつまみばかりのオーダーに伴い、スイスイと。。。
もう少し行きたかったんですが、チビちゃんの寝かしつけがあるとの事で、
ここで、チーンとお会計。
な、なんと、3人で、10,000円行きませんでした。
ご馳走になってしまいました。ありがとね。

で、〆足りないたまごんは京阪で北浜駅から乗り換えて、
天神橋筋6丁目へ。。。
そ、そう、昨日会ったラーメンマンの元へ。
洛二神 洛二神のれん
超有名店、洛二神さんです。
通常ラーメン らーめんメニュー

ラーメンマンの開口一番。
「チャーシュー麺ですか??」
だから!!
たまごんは年に1回くらいしか
チャーシュー麺は食べません!!!!
怒
で、迷うたまごん。。残念ながら限定のつけ麺は売り切れとの事。
塩にしようかとも思ったんですが、
この魅惑的な張り紙に引かれ、燻し醤油そばに決定。
うーん、なかなかコッテリしたお魚出汁の味で、快適だあ。
完飲
当然、完飲bikkuri01

明日から名古屋へ帰省しまあ~す。









テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

更新遅れてすいません!!明けましておめでとうございます
昨年はお世話になりました。
更新が遅れまして・・・汗;すいません。。

年内はびぎんでもおかげさまで活躍できました。
忘年会のご予約、クリスマスと頑張ったつもりですが、
お客様の満足度は如何なものか・・・
今年も頑張ります!!

てなわけで、遅れましてクリスマスネタです。
びぎんでは22から25日までクリスマスディナーでした。
素敵なカップルや家族連れでウラヤマシイ限り・・・orz
採算度外視なマスター、こーんな元気な鮑たちも港から直接来ました。
くっつき鮑 鮑UP
くっついちゃって、すんごい元気でした。
クリスマスディナーではマルマル1つステーキになっていましたよ。
食べたあ~い!!

そんな中お得意様のおーちゃんが下さった素敵なクリスマスツリー
ツリー 最初
アメリカ製だそう。まずは説明書どうりに組み立てます。
マジック水 途中
マジックウォーターなるものを投入すると、少しずつ葉っぱが生えてくるんです。
す、すごい!!
完成
で、かんせ~い笑い。
びぎんでは、クリスマス中、楽しませていただきました。

で、たまごんは28日の“ちょっと忘年会”が終了するまで、お休みなし。
つーことで、まかないが豪華にキラキラ(オレンジ)
でも、まかないが豪華すぎて、給料が減るということは・・・無言、汗
ん、なことが頭をよぎり、
でもこれを見てすぐに消えた・・
クリスマスディナー用にマスターが入荷させたチョーコーキューギョ
❝くえ❞(九州ではあらっていいますよね)
その捌いたあとの粗の部分bikkuri01
くえあら くえ2
塩焼きと、鍋仕立てで。

これで、年末まで頑張れたお調子者たまごんでした。

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ



プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する