たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
ハイハイタウン上本町の得一
たまごんは半年前に谷町に引っ越して来ました。
その前は天満近辺。
その、共通点は・・・
「得一」
立ち飲みで、お魚屋さんが経営している、
とびっきり安くて美味しい、大好きなお店です。

天満のお店は扇町の交差点を少し西に行ったところ、
上本町のお店はハイハイタウンの中にあります。
得一入り口

どっちも、えっらい、流行ってるんだわさ。
そりゃそう、でっかい中ジョッキが350円均一。
しかも、黒ビールも生ビール。
おつまみは200円から高くても600円台。
そりゃ新鮮なお刺身からあるんだわさ。

メニューはこちら。
得一メニュー
いろいろあるんだよ。

たまごんは、ここではいつも黒の生ビールアップロードファイル

んで、とりあえず、大好物白子。
白子ポン酢
無茶甘い、超新鮮。
これで、280円!!!
どうだい???

続いて、山芋とろろ焼き、ゲソ入り。
いか山芋卵
なんてことないのに、お店によって全然美味しさが違う。
ここのは、超一級品。
山芋はふわふわって、しかも香ばしく、&ゲソ甘し。
たまらんわ。

そして、おっちゃん。
いっつもテキパキ。
大好きな、キップのいいおっちゃん。
「おねえちゃん、鮑食べへん??
今日いっぱいあまってもうたねん・・・
これなんやけど。。。」
ムム
「200円でいいから・・・」
bikkuri01
た、頼むしかな~い。
鮑刺身
鮑の刺身UP
ど、どうだあ~
これで、200円はウレシスギ。
たまわんわ。

てなわけで、今日もサクっと飲み食べして、
黒生4杯飲み干し、
2,000円しませんでした。

ありがとう、得一。
ごちそうさま。

スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

名古屋タワーズレストラン
これも名古屋ネタです。
名古屋の市内、いわゆる繁華街のど真ん中、
「テレビ塔」というシンボル的なタワーがあります。
東京タワーや、さっぽろテレビ塔などと同じ、
地上アナログテレビ電波を送信していたのですが、
例の地デジで、その役割を終了します。
てなわけで、地元町内会なども躍起になり、
市を巻き込んで、改装されたんです。

内部は、有名地元レストランが入店。
エントランスはきれいになって、
広場にフードコートみたいな感じになっています。

んで、今日はその名古屋テレビ塔の3Fに新しくオープンした
(っていってもう3年も前ですが・・・)
タワーレストラン
両親とたまごんが東京で大学生活を送っていたころ
とってもお世話になった、ご夫妻といってきました。
うちの両親とそのお世話になった
ご夫妻のご主人のほうは同級生。
そう、還暦なんですね。
つーわけで、ランチですわ。

タワーレストランメニュー
メニューです。
これで、3500円は雰囲気代を含めると、
まあ、ぼちぼちっていう感じですな。

スープ
すいません、前菜撮りわすれ・・・
マグロの中とろ(?!)らしかった。
で、スープです。
マッシュルームの味って言うか、
流行(やや遅れ気味???)のカプチーノ仕立てが印象的。

ローズトビーフ
メインはローストビーフ。
これは、サービスの仕方がすばらしい。
お肉自体も柔らかく、肉臭さもないが、
塊をシェフが席まで持ってきてくれて、
ホースラディッシュの有無まで聞いてくれて、
切ってサーブしてくれる。
これは、なんだか優越感。。。

セミフレッド
デザートはリキュールのグランマニエのセミフレッド。
セミフレッドは凍らした、ケーキってな感じ。
イタリアンの凍りケーキ、っていうと
一番わかりやすいと思う。

ワインリストはこんな感じ
タラーレストランワインリスト
白ワインはシャトー・デ・セザールをチョイス。
濃い味わいで、5,000円台は東京のグルメーな
ご主人にも気に入っていただけたよう。
赤はピノ系でっていうご指定でしたので、
久しぶりにカリフォルニアで。
迷ったんだけど、マークウエストというワイナリーを選択。
実はたまごん、これは飲んだことない・・・kao05
でも、大丈夫!!!
こういうときにこそ、お店にはソムリエがいるのさ、
特に、ここは東京にも進出した
「ゼットン」グループ。
ふむふむ。。。なかなかくど過ぎず、
薄すぎず、オススメなご様子。
価格的にも、許せるし。

味わいは・・・
めっちゃ、あたーりー!!!
オススメどうり、バランスよし。
ローストビーフも邪魔されすぎず、
相性よし。

というわけで、なかなかに、満足な還暦のお祝いでした。

名古屋在住の方が、遠方の方をお呼びするには
結構オススメな
名古屋の「タワーレストラン」です。

追伸
というわけで、、、
皆さんも、びぎんでは、たまごんやマスターに
気軽に飲みたいワインなど聞いてくださいね。
もちろん、価格も!!!


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

残り物の夕べ
1月の末にさかのぼって・・

びぎんの恒例行事、
マスターによる、スタッフのための
「残り物の夕べ」
だいたい、土曜日の夜、営業終了後に開催。
日曜日はびぎんの定休日なので、
土曜日の晩に開催できるってわけなんだわね。

参加者は
主催者のマスター、
かえたん、きな姫、たまごん、
そして、ゲストの鮎ちゃん、
んで・・・今回は特別に夜中に
イケルさんが登場!

みんな、美味しいものとお酒がだーい好き桜

では、では、特別お料理のご紹介。
よこわのたたき
いつもはマスター特製のお醤油風味のソースで
お客様にお出ししていますが、
私たちは、シンプルにわさび醤油で。
このアブラッケがね、ギリギリなんですわ。
これ以上脂が乗ると、少しくどい。
でもこれ以下だと薄い・・・。さすがなマスターの目利き。
ツブ貝の刺身
ツブ貝はこりっこり、北海道の。
ルーコラ
ルッコラはイタリアンなんかで、
ピザの上なんかに、
テローンって乗っかってるだけのやつ。
あんま、美味しくない。
でも、この滋賀県の無農薬有機栽培のは
全然別モン。
たまごんも美味しく食べられる。
昔、流行った、日経新聞の朝刊に連載されていて、
映画やドラマにもなった、
「失楽園」
それに登場する、〝鴨とクレソンのお鍋〟を
今日食べた、ルッコラで、
ルッコラと豚のお鍋、に変更したらすこぶる美味しかった。

気分は、
気分だけ・・・黒木瞳か川島なお美。。。

カマ焼き
カマ焼き。
アマニシャルドネ
で、鮎ちゃんの差し入れの南アフリカワイン、
「アマニ」のシャルドネ。
この南アフリカワインを専門に輸入している、
有名なインポーターさん。
すごい優秀です。
めっちゃ濃くて、濃厚な感じ。
白ワインの最高峰のひとつでしょうね。
やっぱ、ワインも好きで、知っている人が扱っているものは
絶対的に信用できる。
資格なんて、関係ないんですわ。

つーわけで、
すぐ無くなっちゃった・・・

ポークスペアリブ
たまごんが仕込んだ、ポークスペアリブ。
お醤油とワインが同量で、そこに
小麦粉と卵を混ぜる。
そーすると、お肉が柔らかくなるんだわさ。
でも、分量失敗・・・
ごめんなさい。
ちょいと塩辛かった・・

で、これも鮎ちゃんの差し入れ。
赤ワイン登場。
アマニメルロー
先ほどと同じ、アマニのメルロー。
しっかりとした味わい。
いわゆる濃いメルローです。

〆はパスタって事で、たくさん余ってしまった・・
「白子のパスタ」
白子パスタ
むーちゃ!!ウマい。
マスターどうもありがとう。
注文してくれなかった、お客様感謝です。
こんなに美味しいのに、なぜ~なぜ~注文しない~
でも、今日だけは感謝でした。

てなわけで、夜は更けていき、
たまごんも年々老けていき・・・
記憶も途切れ途切れ・・・

とはいえ、楽しい宴でした。
ゴチソーサマでした。


テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

たまごんの大好物、えびと蟹
たまごんは甲殻類に眼がないんだわ。
でも注意!
蟹とか海老は低カロリーだけど、
結構、胃にもたれる・・・
昔、北海道フェアーに行って、
蟹食べ放題を満喫したが、
翌日は何も食べられませんでした・・・

つーわけで、
びぎんで分けてもらった、えびと蟹。

もさえび

もさえび2

もさ海老3
もさえびは日本海で取れる、すごくすごく美味しい海老。
この時期は子供も持っているし、何しろ甘い!!
でも、鮮度が命で、
すぐ悪くなってしまう。
なんで、地元では安く、大量に出回っているんだけれど、
他の地域には、なかなか出回ってこない。

って、2年前に鳥取の境港のお寿司屋さんで
初めて食べて、教えてもらいました。
スグ色も黒くなるから、
現地では、「どろえび」って別名で呼ばれてます。


1匹だけ・・・おすそ分けいただいた。
ご馳走様です。
皮をめくると、子供が取れる。。
すごいうまみ、
生きとった・・・・甘い、ウマい。

渡りが二1

渡りが似2
淡路から、生きて、来た、渡り蟹。
まさに、淡路から宗右衛門町に渡ってきた・・

たまごんは蟹好きだけれど、
渡り蟹は、あんまり食べない。
つーか、食べられない。
国産が激減して、めっちゃ高いから・・・
一匹5,000円位する。。。
韓国産などは、身が痩せているんだよね。
蟹は鮮度が命!
死んだらスグに腐敗が始まる。
だから、なるべく取れたてを食べるのがいいんだわさ。

これは、当然生きとる。
元気がいいんだわね。

茹で上がり
今日は蒸しました。
生きとったから、ちょっと、冷凍庫で仮死させて。。
でも蒸し器の中で
「ごそごそ・・・」
スグに生き返ってまった。。。
ごめんね、大切に食べるから・・・


これは、お仕事の後のお楽しみ。。



テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

第一回ワインテイスティングの会 at びぎん
本日何とか無事にワインテイスティング会、
第一回目を終了できました。

来ていただいたお客様ありがとうございました。

実は、インフルエンザが大流行している、今日この頃、
本日のお客様にも・・・
本当にお大事にしてください。

第一回目のテーマは
「葡萄の品種ってなあに?」
ってことで、
代表的なワインのぶどう品種と
おうちでできるおざんざいを合わせました。


で、この会は、もうすぐ1年になる、びぎんでのワイン会とは別に、
ワインにスポットを当てています。
ワイン6種類と、それに合うおつまみを紹介しています。
のんべえの方には喜んでいただけると思います。

甲州
1本目は国産のワイン、甲州です。
単体だと、すっきりしすぎているくらいの白ワインです。
めざしつまみ
国産のめざしです。
この、はらわたのほろ苦さが、
アラ~、不思議。
甲州を飲みとスッキリ、後味がいいのです。

ヴァンドペイシャルドネ
フランスのヴァンドペイのシャルドネです。
南フランスらしく、酸味がしっかりあります。
BEGINポテサラ
びぎんおなじみのポテトサラダ。
先ほどの、ややすっきりとしたシャルドネが・・・
ポテトサラダを食べると、ごちそうワインに変身~

ファルネーゼシャルドネ
先ほどのフランスのものとは打って変わって、
イタリアの濃ーいシャルドネです。
色もしっかり樽の色がついています。
揚げと水菜のたいたん
水菜は亀山、丸亀からの無農薬有機栽培のもの。
柔らかく、甘い水菜です。
そこに油揚げの少し油の風味が美味しいです。

ルクソールピノ
赤ワインに移って、ルクソールのピノノワール。
南フランスのピノノワールです。
イチゴとかの香りがして、軽やかな赤ワイン。
こんにゃくと松阪牛の筋の煮物
実は・・・醤油と赤ワイン手結構合うんですよ。
松阪牛の筋が甘くてウマい!!って感じでした。

アップルツリーメルロー
アップルツリーメルローです。オーストラリアのメルローです。
煮詰めたジャムみたいないい香りがします。
白菜と豚のミソ炒め 白菜と豚のミソ炒め2
もち豚と香川丸亀産、有機栽培無農薬の白菜のミソ炒め。
今回は赤味噌を使っています。
赤ミソの濃厚な味と、メルローの風味は美味しいです。
ホイコーローみたいな感じですよ。

パヌール
パヌール カベルネソービニヨン リザーブ。
チリのカベルネソービニヨンです。
濃くて、少し甘みを感じるくらいです。
タンニンの渋さよりもフットイ味って感じです。
日向赤鳥のとりすき風
日向赤鳥のとりすき風をあわせました。
少し辛めの味わいは、濃い赤ワインと相性がいいです。

全部
この6種類ですから、お一人様
だいたい、3/4本くらいは飲まれていますね!
素敵に飲んでいただけて、
たまごん感激でした!!!

また、こういう会も増やしていければと思います。
ありがとうございました。

ちなみに、びぎんのお客様で、
5名様以上くらいのグループ様は一度ご相談ください。
通常のワインリストにないワインを
ご予算に合わせて、マスターのお料理の相性でお選びします。
お食事とのマリアージュ(組み合わせ)はワインの醍醐味ですものね!








テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

節分
節分でした。
夕方びぎんのスタッフかえちゃんからの差し入れ。
新明石鮨の太巻きを頂きました。
ありがと~。。
初高級鮨店の節分太巻き。
大好きな海老がぷりぷりで、甘くて、
アクセントにマヨネーズも入っていて、美味しかったあハート

で、おうちにて節分のもうひとつのお約束、
いわしを食しました。
めざしを買ってきて、
めざし

めざしいどころ
大分産、国産なんで、一様安心して購入。
ちなみにこのスーパー光洋のオリジナル牛乳、
低温殺菌の兵庫県産で218円(去年10円値上げした・・・)
低温殺菌牛乳大好きふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
味わいが柔らかい、甘い、牛乳臭くない!
格安でたまごんのお気に入りニコニコ。 横向き

めざしはガスグリルで焼いた。
めざし出来上がり
この、いわしを焼く煙で鬼が家から逃げていくんだって。
鬼はあ~外アップ
合わせたのは、もちろんワインではない。
石垣島のお土産の珍しい古酒(クースー)をお湯割にして。
クース熱燗
うん、やっぱ和もいいですのお~
クースーUP クースーラベル
これだけじゃあ寂しいので、茶碗蒸しを作りました。
たまごんのレシピは、昔お料理学校で習ったもの、
卵1個に対して出し汁が200CC、
今日は3個作ったんで、出汁は600CC。
先に調味料を出汁にあわせます。
白醤油とお酒を大さじ1ずつ、塩を一つまみ、みりんは小さじ1。
で、卵の溶いたのと合わせて漉しときます。
この茶碗蒸しの元があると、後は中味を変えるだけ。
茶碗蒸し
今日は無農薬有機栽培の白菜があったんで
(そうそう、島之内の中央福祉センターの前で毎週火曜日と木曜日に
農家の方が出店をしていて大変美味しいです)
それと、かしわ、大好きなかまぼこと、百合根。

強火で4分、弱火で6分です。
ふあふぁで、フ~フ~しながら食べました。
ん~クースともばっちしピース

立春を前に、今年も頑張れますようにbikkuri01

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

なにわフレンチびぎんでの食事with母
母が所要で大阪に来ました。
日帰りなんですが、夜ご飯は絶対にびぎんで食べたいってリクエスト。
予約していってきました。
ちょうど、雉やら鴨が猟師さんから入荷。
いつもお客様へお持ちして、ジビエ臭を羨ましく嗅いでいるだけのたまごん・・・
今日はありつけるぞ!!

母はハーブ類が大好きふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
ならば、絶対これを食べてもらわなきゃ!!
てなわけで注文。
〝無農薬有機栽培のルッコラ〟
ルッコラ
ルッコラのいやみのない苦味、すがすがしさに、パクパク。
そしてやっぱり、マスターのドレッシングが美味しいグー!

んで、たまごんが食べたかった
〝長崎のよこわのたたき、醤油風味のソース、葱和え〟
ヨコワ
よこわは思ったより脂が乗っていて、甘い感じ。
葱がまたいっぱいで醤油のソースと合います。

このあたりまではエーデルピルスでグビグビ。
で、雉の前に赤ワインを開けておきます。
〝ゲさんのショレイボーヌ 2003〟
ショレイボーヌ 2003
すごく力のあるワインなので、早めに抜栓しておかないと
真価を発揮しないんですわ。
って・・・「神の雫」みたい???

雉料理、きました。
すいません、あまりのうまさにかじってしまいました。
雉もも

雉料理UP
胸の部分はマスターが特製のソースをこしらえてくれましたクラッカー
内臓も入っていて、すごい濃さ。
これは、本格フレンチの真髄っす。
ブルゴーニュワインの力を発揮!!!
んもお~ワインもゴクゴクだよ。

続いて、同じハンターさんの鴨が登場。
青首って本当に首が青いんだって、
マスターが説明してくれました。
青首鴨もも

青首鴨ももUP
モモの部分はしっかりとした噛み応え。
これが天然の証拠、そしてまるでAの素を舐めているようなうまみ。
鴨むね
青首の鴨の胸肉の部分も同じくすんばらしいソースで。
山椒の風味がする・・・
鴨の野性味と山椒のぴりりとした感じがぴったりなんですわ。
マスターやるやん。
かもずり
鴨のずりの部分焼いてくださったんですが、
すっかり我を忘れてかぶりつき、残骸です・・・顔文字1(背景黒用)

店内1

店内2

いやいや、びぎんを満喫させてもらいました。
ご馳走様でした。
母も大喜びで、満腹で近鉄で帰りました。

いつもと逆側で見ると結構面白いと
一人で納得した、たまごんでした。

マスターごちそうさま!!!

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ



プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する