たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
新しいと思しきバールとボッチオ
これまた、早めに上がれたんで、
な~んか、ワインが飲みたいって思い、
うろうろしておりました。
得意の長堀橋近辺でメッケ~
新しそうなお店。
DSCF9975.jpg DSCF9976.jpg
〝ビアンコ ネロ〟
DSCF9978.jpg
こんな感じのメニューで安いですね。
DSCF9979.jpg
イカ墨、大好きなんで頼んだ。
こ、これで500円かあ~
値段也のボリュームでしたわ。
DSCF9977.jpg
赤ワインもハウスをグラスで頼みました。

で、2000円チョイだけど、なんか・・・不満。。。
近くに前から行ってみたかったイタリアンがあるのを思い出したjumee☆yippee3R
ボッチオ
ここは、パスタが全部手打ちってなことを思い出した。
すぐ近く!!
DSCF9980.jpg
着くなり、赤ワインを注文。
グラスで700円くらい。なかなかにレベル高い。
DSCF9981.jpg
チーズをあてに、グラスがすぐ開くカンジ。。
DSCF9982.jpg
自家製パンとグリッシーニが登場。
これは、サービスみたいだわ。
で、これこれ、
絵文字名を入力してください
DSCF9983.jpg
アリョロッテイ ディ プリン セージバターのソース。
これこれ、北イタリアの郷土料理、伝統パスタ。
イタリア風水餃子って言ってしまうと、安っぽいけれど
そんな感じではあります。
皮がモッチプリで、セージバターのストレートなソースが絡んで
久しぶりに、本格パスタを食べた!ってカンジでした。
最初はちと、ブッキラボウだったご主人も
これに感嘆していることを伝えると、
すごく優しい笑顔になって、うれしかったです。
誠実さが伝わってきました。

んで、赤ワインのグラスを追加投入。
DSCF9984.jpg
銘柄を忘れる情けないたまごん・・
たしか、シチリアかプーリアか南のほうだった気がする。
900円くらいで、これまたよし。

満足の会計は5,000円チョイ。
ぜーったい、またくんモンね!!






スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ハシゴした三河すし at 長堀橋
んで、いい気分~で、帰り道。
お、美味しそうなお鮨を思い出しました。
長堀橋にある、三河すし
やっぱ、名古屋出身のたまごんとしては
「三河」だと、ネタが新鮮な気がします。
ちなみに、たまごんが過ごした実家と
三河はだい~ぶ、離れています。
ん、でも、よく営業に行ったもんだ。
岡崎、蒲郡、豊橋とか・・懐かしいわん。

DSCF9995.jpg
ケッタマシーンで、風に吹かれたんで、
ちと、寒かった。んで、燗を1本、注文。
DSCF9996.jpg DSCF9994.jpg
貝が食べたかったんで、「ホタテ以外」ってことで
貝のお刺身の盛り合わせを頼みました。
こ、これが、なんと、鮑までのってる・・・
ここは、得一じゃあ~ないんだぞ。
お、お値段があ~・・・・
でも、生のとり貝、ミル貝、青柳、赤貝と、
あまりの美味しさに、忘れてしまう・・・。
ケーキ屋さん
DSCF9997.jpg
こはだ、鯛の昆布〆、など握ってもらいました。
1貫ずつ握ってもらえるのが嬉しい。
このほかにも、いわしとか鯵とか、トロ鉄火とか食べました・・・
写真忘れるほどに美味しかった。
冷酒もいろいろ銘柄があって、
安い!からススムススム。。

〆て4,000円しなかったと思う。
あの、蒸し鮑の肝も入った盛り合わせもあってですわ。
感激な値段設定。
そうそう、ここのランチも500円という
感激的な価格だったわん。

アッパレあぁ~愛知県はくしゅのアレ




テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

新町バールパッパとハシゴ
たまごんの楽しい外食、
早く出かけられると、うれしいんだわ。
まず、得意のケッタマシーンでおでかけ。
傘なら、テンデ、お手上げだわね。

んで、今日は新町までおでかけ。
トラットリアパッパはお魚だけのトラットリアとして有名ですが、
そこが、お隣にバールまで出していると聞いたんで、
一人身たまごんには便利ってことで、行ってきたんだわさ。
そのまんま、のお名前
バールパッパ、イケそうだわ。
DSCF9987.jpg DSCF9986.jpg
メニューも日替わりと定番といろいろあって、
安い!!んだわ。
DSCF9985.jpg
樽生のギネスと聞いちゃあ~
飲まずにはおられんわね。
んで、撮る前に飲んでしまったギネス。
600円也、安!
DSCF9989.jpg
スグなくなって、グラススパークリング。
これはフランチャコルタだったと思う。
シャンパン方式のイタリアの高級なスプマンテ。
800円も良心的だな~
DSCF9990.jpg
しっかりとした大きさのホタテ。
2個で!!!400円だに~、驚いたわ。
お店の人に
「あの~間違えていませんか?」って聞いてしまった。
なんでも、大箱でお隣のトラットリアパッパが
たくさん購入したそうで、このサービス価格だそう。
こーゆんが、姉妹店は嬉しいね。
DSCF9988.jpg
サルシッチャとブロッコリー炒め。700円。
DSCF9992.jpg DSCF9993.jpg
とどめは、海老のクリームパスタ。800円。だったと思う。。。
自家製タリアテッレで。
ここは全てのパスタが麺を選べる。
これはたまらんサービスだね。
特に自家製麺はどこでも1500円、ヘタしたら2000円以上するから。

なかなかに、満足だわ。
よお~し、気分もいいし、ハシゴしちゃおっと絵文字名を入力してください







テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

びぎんでのワイン会1周年だい!!
思い起こせば、ほぼ1年前、
とにかく、いろんなワインを楽しんでもらいたいな~
お料理とワインって合わせると、
こんなに美味しく、面白くなるんだぞい!って
お客様に少しでも楽しんでもらいたいって、
オーナーと相談して開催を始めた
「季節のお料理とワインのお楽しみ会」
おかげさまで1周年を迎えました。

びぎんは小さいお店。
ほとんどのお客様がお二人とか
多くても4人っていう感じです。
だからワインも楽しめても1種類か2種類。
それがこういう催しを考えると
5種類楽しんでもらえる。
お客様の
「へえ~、こんなワインもあるんだね」
とか
「うん、この組み合わせは面白い!」
とかいう、お声が一番嬉しいです。

てなわけで、1周年特別ワイン会のご報告です。
DSCF0091.jpg
じゃじゃーん、っと
こんなラインナップ。

岡山マスカット・オブ・アレキサンドリア<薫るブラン> 2007
DSCF0100.jpg
「マスカット・オブ・アレキサンドリア」って聞き覚えありませんか?
そう、!お中元の季節に現れる、1箱10,000円くらいする、ブドウです。
それで、ワインを作っちゃいました!爽やかな甘みガ食欲をかき立てます。

シュール ダルク  トック エ クロシェ リムー オータン 2005
SIEUR D’ARQUES  TOQUES ET CLOCHERS LIMOUX AUTAN
DSCF0098.jpg
AOCリムーはフランス・ラングドックルーションの中でも比較的新しい地域です。
このワインはミシュラン三つ星シェフ、アランデュカス氏、ポール・ボキューズ氏
ジュエル・ロブション氏などが、実際にレストランで、ご指名の超高品質ワイン
&超有名ワイン評価本、ワインアドヴォケイトでは90点を獲得しています。
シャルドネ100%で作られており、樽の贅沢な香り、アタックが華やかです。

フライング キウィ ソーヴィニヨン ブラン 2008
FLYING KIWI SAUVIGNON BLANC
DSCF0094.jpg
NZは、ソービニヨン・ブランの代表国といっても、もはや、過言ではありません。
噛みしめると春野菜の果汁やほろ苦さを感じます。
この、ほろ苦い感じが山菜とぴったり!です。
さわやかな香りが引き立ち、甘くさえ感じられるから、不思議なんです。

シャトーサンミッシェル コロンビアヴァレー メルロー 2004
CHATEAU STE. MICHELLE columbia valley merlot
DSCF0095.jpg
アメリカ、ワシントン州のメルロー100%で丁寧に作り上げられたワインです。
凝縮されたつつ、上品な余韻が印象的な、バランスの良い高級ワインのお手穂です。
ボディのある、メルローとうまみたっぷりのシチューの相性はバッチリです。

シャトー ベルディニャン クリュ・ブルジョワ・スペリュール1997
Chateau Verdignan AOC Haut-Medoc Cru Bourgeois
DSCF0096.jpg
希少価値の高い、ボルドーの90年代をゲットできました。
カベルネソービニヨンが60%、メルローが35%、残り5%がフランです。
サンテステフの近くにあるシャトーで、ヒュージョンソンが2つ星を付けるスーパー飲み頃ワインです。11年強の熟成による、なめらかさと複雑味、溢れる赤ワインです。

んで、今回は特別にデザートもご用意。
マスタ特製のチョコレートデザート。
この日は撮れなかったんだけど、
ここに写真がでとったわ。
そうそう、この方は最近暑くなりつつあるんで、
冬のユニフォーム、紺色のフリースから衣替え。
おじ様ゴルファーの絶対的ブランド、
タイトリストのこれまた
永遠の定番、白!!のポロシャツ。
お店のユニフォームでもあるみたいだわ。
でも、この方がゴルフをするなんて、聞いたことないんだわね。
因みに、お腹の部分が
あちこちに当るらしく・・・
白のポロシャツに、ラインが入り、
ビミョ~なストライプになっていた。
開店祝いとして、ここでプレゼントしたら
喜んでくれるかなあ~

と、さておき、
特製デザートに合わせてご提案したのが
DSCF0097.jpg
NZ産のデザートワイン。
珍しい赤のデザートワインです。
デザートワインは当然甘いんで、
なかなか1本は飲めないと思います。
なんで、今回は特別にグラスで提供いたしました。
通常はボトルで、6,500円ですが、
ワングラス、1,000円で。
またこういう形で食後酒もご提案したいです。

お料理はこちらから
残念ながら、またしてもドン臭いたまごん・・・
お料理の撮影は出来ませんでした。

次回からも頑張りますYeah

またグループの方、
6人程度から特別ワイン会、企画できます。
お気軽にたまごんまでご相談くださいまし。








テーマ:ドリンク - ジャンル:グルメ

長堀橋 中華料理 餃子
オヤスミの日、嬉しい外食です。
やっぱ、据え膳上げ膳はうれしいわ。
で、前から目をつけていた、餃子が美味しそうなお店。
お店の名前は「チャオズ」?それとも「さんじゅう」?
DSCF9965.jpg
まずは、看板メニュー、餃子を注文
DSCF9974.jpg
う、うまい。
DSCF9967.jpg 
こんなに良心的なお値段。
厨房はお父ちゃん、
サービスはお母ちゃんと娘さんかな??
こういうお店って信用できる気がするんだわね。
DSCF9969.jpg DSCF9968.jpg
餃子もいいけど、
たまごんはシュウマイが大好き。
この大きさ、三個もついて200円って・・キラキラ(オレンジ)
DSCF9971.jpg DSCF9972.jpg
続いて、玉子焼きとモヤシ炒め。
これも、家じゃ失敗するメニューだわ。
DSCF9973.jpg
あんま、美味しかったから、
餃子を追加注文。
ビールはあっという間に、3杯おかわり。
紹興酒もあるけど、今日はハシゴしたいから
ビールだけで、我慢・・・涙
こんなけ、食べて、ビール3杯で
3,000円しなかった。
すげい、嬉しくて、美味しい店。
もちろん店内はいっぱいだった。

また来よっとピース




夜桜と名古屋名物・うどん錦のカレーうどん
んで、帰り道、夜桜見物。
たまごんのおうちの近くの、山崎川の桜が好き。
大阪は、いよいよ今週で、終わりですね。
DSCF0079.jpg DSCF0080.jpg DSCF0081.jpg DSCF0076.jpg
本と、雪洞とか綿帽子とかよく言ったもんです。
御伽噺の中みたいですわ。

で、翌日、
もう今日は大阪に戻んないと泣き顔
そう、楽しい連休も終わり・・・
お昼ごはんは、隠れた名古屋名物
〝カレーうどん〟
なにjumee☆whyLカレーうどんは大阪にもあるって??
これが、違うんだわ。
大阪のは出汁にカレー粉を溶かして
片栗粉でとろみをつけたやつ。
名古屋のは出汁にカレールーを溶かすやつ。
たまごんは断然!名古屋カレーうどんが好きふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

で、行った店。
DSCF0082.jpg DSCF0085.jpg
〝うどん錦〟
この店は名古屋人の中では有名。
名古屋一番の繁華街、「錦」にある。
夜中2時までやってるし、
〆に食べる、
飲んべえたちの御用達でもあるんだわ。
でも、ちゃんと手打ちで、
うどん自体がしっこしこなのも、
人気な秘密。
で、たまごんは当然、カレーうどん。
DSCF0083.jpg DSCF0084.jpg
この、カレー出汁の色を見てくんなまし!
辛味があって、具合がいい。
うどんは温かくても、しっかり。
やっぱ、ウマいわ。
で、支払おうとして・・・
700円!
ね、値上がりしてる・・・
ここは、うどんの量少なくて、
女性にもありがたいんだけれど、
それで、700円は・・・と感じるわ。
まあ、他にこれに追随する店がないからなあ・・・
でも、やっぱり少し残念。
前は600円だった気がする。

うんでも、オススメに変わりはない。
相変わらず、美味しかった。
この変わらない味が嬉しいわ。
名古屋においでの際は
是非一度お試しあれ!

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

たまごんの連休 at 名古屋 Part2
で、晩御飯はくろ君と食べたいんで、
お家で両親と食べるんだが、
近くのイタリアンに久しぶりに出かけました。

DSCF0060.jpg DSCF0061.jpg
名古屋、本山の駅から少し、
四谷っていって、
名古屋大学のすぐ近くのお店。
ディアンザ〟さんです。
メニューはこんな感じ
たまごんの家から徒歩15分から20分くらいなんで、
くろ君を連れてきたりもします。
DSCF0062.jpg
まずは、ビールで乾杯!
モレッティッっていって、イタリア産
麦芽100%の味わいです。
他にもメッシーナというのが
イタリアのでは有名だけど、
たまごん的には絶対!
モレッティのほうが好きふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
DSCF0063.jpg
で、お店手作りのフォカッチャです。
イタリアンではメジャーになってきましたね。
DSCF0064.jpg
父のリクエストで、
〝自家製パンチェッタと半熟卵のサラダ〟
びぎんにもよく似たメニューがありますが、
やっぱり人気だなあって思います。
「パンチェッタ」は燻製をかけていないベーコン。
豚ばら肉の塩漬けです。
無添加な分、味わいは純粋。
ごまかしも効かないんだわね。

ワインは母が花粉症なため、
何故かスパークリングを要請される。
DSCF0065.jpg
これはフレスコバルディのスパークリング。
しかも、ノンビンテージものではなく、
2003年のヴィンテージです。
だいたい、スパークリングは
(シャンパンを含め)
その品質を安定させるため、
複数年をブレンドして作られています。
そいが、ヴィンテージものということは
よっぽど高品質な出来あがりってことで、
本来なら、もーっと高かったりするんだわね。
これは、もちろん、シャンパン方式で作られてます。
ピノビアンコとシャルドネで作られてます。
きつくて、いがらっぽい感じが全くない、
ふくよかな、広がりのあるスプマンテでした。
こいで、5,500円はコスパ大だね。

母がカブ飲みをしている間に、
「自家製のサルシッチャ、マッシュポテト添え」が登場。
スプマンテの取り合いをしている間に
写真を撮るのを忘れる・・・焦る3
んで、パスタは
白トリュフオイルの香りがかなりする!!
「自家製パンチェッタのカルボナーラ」
DSCF0067.jpg
すんません・・・
またも取り合い争奪戦に紛れて、
取り皿にとって食べた後のほう・・・
パスタは生麺を使っていらっしゃいます。
1580円は格安だのう。。。

DSCF0066.jpg
今日のメインは両親が採ってきた山菜を
持ち込んでいる天然の鯛のメニュー。
で、「フィアーノ・ディ・アベリーノ」っていう、
これもイタリア独自の品種で、
すごい香りがいい、ソービニヨンブランみたいな
白ワインと迷ったんだけど、
こちらの奥さんのオススメもあって、
「ヴェルメンティーノ・ディ・サルディニア」に決定。
通常この品種は、もっと爽やかな感じなんだけど、
これはしっかりとしたボディをもつ。
りんごとか、ちょっと熟成したシェリーみたいな
感じもあって、かわっていて良い。
DSCF0068.jpg DSCF0069.jpg
で、お願いしていた、山菜のお料理
す、すごーいい。
甘草(かんぞう)やふきのとうが
さらっとフリット(揚げて)してあるんだけど、
てんぷらとは全然違うんだわね。
あくまで軽く、香りだけが引き立つんだわ。
ソースには、出汁を出してくれている、
春のアサリや、トマトが・・・
これでスープがすんごい味わいになっている。
山菜と、鯛とスープと
お口ん中、香りの天国ですわ。

これで、あら不思議ニコニコ
先ほどの白ワインが、口の中で
甘~く、変化していくんですわ。
こりゃ、ワインも料理もススム、ススム。
で、あっという間になくなってしまったんで、
パスタを、もう1品追加。
シンプルな、ペペロンチーノ。
DSCF0070.jpg
でもこれが、また、ちと違う。
にんにくはイタリア産の
火を入れるとホッコホコになる甘いやつ。
唐辛子は、もちろん、イタリア産
ペペロンチーノピッコロ。
小粒でも、ピリリと辛い、
しかも香りが良いからすごいやつ。

そうして、ワインもペロリンコだったんで、
デザートを注文。
DSCF0071.jpg
このマチェドニアはお店からのサービス。
ルクサルドを使用しているんで、
本格的な味ですわ。
DSCF0074.jpg
んで、久しぶりにしました!!
デザートにデザートワイン。
レチョート・ディ・ソアベっていいます。
DSCF0072.jpg
これは、陰干ししたブドウで作られた、
甘口のソアベです。
普段はなかなか飲めないけれど、
人数が居ると、最後に面白く飲めます。
500MLで、3,800円と言う
破格値にしていただきました。
(普段だと、大概5,000円以上はします・・・)

んで、最後にカプチーノ。
DSCF0073.jpg
これも、国産ではなく、
イタリアの高級品、イリーの豆。
苦味に中にも酸味や甘みを感じる、
コーヒー嫌いのたまごんも好きな、メーカーです。

このお店、ディアンザさんは、たまごんが、
イタリア専門商社に居たとき
オープンから半年くらい経っていたときに、
飛び込みで営業に入ったお店。
いろんな、ワインや食材を押し売りしたもんです。
でも、最初はちょっとのお付き合いが、
いろいろと買っていただき、
とても励みになりました。
実はこちらのお店は、
名古屋の有名雑誌、
(大阪だと○○手帖みたいな雑誌)
にも大きく掲載されたり、
テレビにも出られて、
すっかり超!繁盛店になられたんです。
ん、でも今もこうして温かく迎えてくださり、
またいろんなお話に花を咲かせてくださる、
とっても心が嬉しくなる、
命の洗濯場的な場所になっています。
本当に、オーナー、奥さんありがとうございます。ぺこり


さあ~て、夜桜見ながら、
満腹の中、心ウキウキ、帰りまっか。











テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

谷六のなにわ
最近、気にいっとる店があります。
谷六の交差点の坂にある、
“なにわ”
おんなじ名前の店が他にもありますが、
たまごんが気に入ってるんは、このお店。
DSCF9960_20090329232426.jpg DSCF9961_20090329232449.jpg
入り口も良い感じでしょ?

立て続けに2週連続で行ってしまいました汗とか
DSCF9962.jpg 
まず、エビスビール。
ここは、エビスが置いてあるから、
それもポイントが高いんだわ。
DSCF9963_20090329232525.jpg
突出しがまた泣かせる。
今日は生のグリーンピースを出汁でお浸しにしてある。
やわいお味で、歯ごたえはあって、素敵ニコニコ。 横向き
DSCF9965_20090329232606.jpg DSCF9964.jpg
おでんを注文すると、
少しずつ、温めてくれる。
しかも取皿がまたいいんだわさ。

店内はこんな感じ。
DSCF9967_20090329232656.jpg DSCF9972_20090329232823.jpg DSCF9973_20090329232842.jpg
値段が書いてないんで、
最初は「ビクビク」しとったんだけど
後ほどの、会計で安~心なんですわ。

続いて、
DSCF9969_20090329232717.jpg DSCF9970_20090329232735.jpg
笹カレイの焼いたの。
結構おっきくて、びっくり。
付け合せも泣かせるんだわさ。
DSCF9971_20090329232754.jpg
お酒は、ヒレ酒を注文♪
DSCF9974_20090329232900.jpg
お代わりの注ぎ酒ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
で、遅いし、店主にも悪いなあ~って思っていたら、
ご主人が「何か〆にいかがですか?」って・・・
な~んて、お優しい!!!
DSCF9977_20090329233010.jpg DSCF9978_20090329233028.jpg
もずく雑炊を注文。
これも、お出汁が効いてて、たまらん。
DSCF9975_20090329232930.jpg DSCF9976_20090329232951.jpg
これだけでも、もう1本は飲めるわ。
DSCF9979_20090329233100.jpg
最後に出してくれる、お茶も
しっかりとした緑茶で美味しいんだわさ。

これだけしっかりした、内容で、
飲んで、3900円。
しかも、特筆するんが、
ここのおつりは、何時も新札なんだわ。
今時、中々ないよね。
この心意気が素敵と思う。

多分しばらくたまごんは通うね。







たまごんの連休 at 名古屋
今週の月、火曜とびぎんは連休。
たまごんもお休みニコニコ。 正面
用事もかねて、名古屋に帰ってきました。

まずは!!!
大好きなくろくんとご対~面はーとはーとはーと
DSCF0044.jpg DSCF0045.jpg DSCF0047.jpg DSCF0048.jpg DSCF0054.jpg
かわいい~
かわいい~
も~たまらんのだわ。


んで、たまごんの実家は山崎川という
川のほとりで、この季節は
すごく綺麗な桜が沢山見られる。
たまごんは、小学校もすぐ前で
桜がいっぱい、
中学も高校も大学も桜がいっぱいで
結構、桜に囲まれた人生。
この季節は本と良かったなあって思うわ。
DSCF0032.jpg DSCF0033.jpg DSCF0034.jpg
これは、たまごんのお家のお庭の桜。
DSCF0035.jpg

で、出かけてもいっぱい桜並木がある。
これは、植田って言う町の桜並木。
DSCF0036.jpg DSCF0037.jpg
何処に行っても桜ばっかり見てしまう・・・

で、お昼は名古屋駅の駅近ビルの中をうろうろ
おう、久しぶりに、名古屋しかない
結構美味しいラーメンを頂こうかな。
DSCF0038.jpg
“やば麺” ヤバイくらい美味しいってのんと
掛けてるのかはわからん。。
一様、最初は矢場町って言う場所にあったからなんだわね。

と、入ろうと思うと、あはは・・・・。
営業時間終了・・・
で、
DSCF0043.jpg
同じく、名古屋本社、スガキヤへ。
DSCF0040.jpg DSCF0041.jpg
一番オーソドックスな、ラーメンを。。
懐かしい味だね。
でも、先割れスプーンが少し進化している気がしたわ。

DSCF0046.jpg DSCF0050.jpg DSCF0051.jpg DSCF0052.jpg DSCF0056.jpg
夕暮れ時はさらにまた綺麗なんだよん。

名古屋編2へ続く。。






 





テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

びぎん終了後のお楽しみ
先週のこと、びぎんはとっても忙しかったです。
久しぶりに、イケルさんマンちゃんメッキ屋さん
タマちゃんがびぎんに集ってくださって、
3月の誕生日会をしてくださった。
メッキ屋さん、イケルさん、
たまごんが3月生まれなんですわ。

んで、びぎん終了後、2次会へ。
DSCF0014.jpg
この時間からだと、抜群のコスパの居酒屋、
“一風”
やったあー笑い。
ようやく、飲める!!ビール ビール ビール
DSCF0015.jpg
ここのビールは好きくない、スーパードライ。
でも、ここのおばちゃんが注いでくれる、
この生ビールは美味しい。
労働後のビールはさらに美味しい。
5杯は飲んだねピース


んで、お料理は残念ながら、
売り切れが続出・・・sn
そん中で、
DSCF0016.jpg DSCF0017.jpg DSCF0020.jpg DSCF0022.jpg
この、胡麻豆腐が美味しかったあ~キラキラ(オレンジ)
売り切れていて、明日用に仕込んでいたんだけど、
無理言って、柔らかいまんま、
出してもらったのが、フルフルでよかったよん。
出汁巻きも相変わらず、よかったなあ~
やっぱ、その場で巻いてくれるのは美味しいわ。
ゴーヤと豚の炒め物とイカリングね。
DSCF0023.jpg
そして、写真を撮るところもパチリ。
たまごんはずっと富士フィルムのデジカメを
使っているんだけど、
同じメーカーのを発見したんで、うれしくてさ。
DSCF0024.jpg DSCF0025.jpg
刺身が食べたかったのに、ほとんど売り切れ。
ようやくあったのが、マグロ。
DSCF0026.jpg
やっぱ、一風好きだわね。

で、イケルさんが麺類!っていうから
すぐ向かいの、“ろくつぼや”に
誘ったのに、来てくれんかった・・・
この日、ちょっと冷えてたから、
紺色のフリースだけじゃあ、寒かったのかなあ・・・

で、食べ足りない、マスターとたまごん。
やはり、この時間受け入れてくれるお店へ。
DSCF0027.jpg
おなじみ、168飯店。
遅いから、とっとと食べないと・・・
DSCF0028.jpg DSCF0029.jpg
この間、マスターのお気に入りリストにランキングした、
“豚肉の辛いやつ”
たまごんはシャンツァイが大っ嫌い無言、汗
なんで、抜いてもらいました。
辛いけど、美味しい~、ラブリーだわjumee☆yippee3R
マスターはまた、濡れ鼠みたいに汗だく・・・

で、もう一品。
DSCF0030.jpg
これも、大好きなやつ。
干豆腐と青唐辛子の炒めたの。
うーん、満足じゃあ。

やっぱり、大勢で、飲んだり、食べたりは
楽しいもんね。

皆さん、ありがとうございました!!









テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ



プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する