たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
天然鯛のブイヤベース風と、そのソースの海老パスタ
2月くらいから、天然の鯛は重宝されるけど、
美味しいのは桜鯛って言うくらいだから、
4月以降って思う。
特にたくさん出回って値段も落ち着く、今のはいいよね。

ってなわけで作りました。
DSCF0319.jpg
天然鯛!のお腹にたまごんのおうちの、ベランダで育っている
美味し~い、パセリを入れて
ニンニクを効かせた、オリーブオイルで焼きます。
DSCF0324.jpg

今回はいろんな、味のハーモニー。
DSCF0321.jpg
アサリで出汁をとって、行者ニンニクや
たらの芽を加えて、トマトで煮込む。
たまごん風、ブイヤベースですわ。

めちゃんすこ、どえりゃーうまい!!!!

あっと、言う間に食べてまったわ。
ん、でも、このソースが余る・・
食べるには、濃い。
パンにつけるにも、ちともの足らん。
ふるーつ☆Cultivation・キラキラ星ひらめいた!!

パスタにしよう!
DSCF0325.jpg
海老も加えて、出来上がり。
スンバらしいグー
た、タマランワ。

飲み物??当然だわさ。
飲むに決まっとるがね。
DSCF0335.jpg
こういう、風味があるのに、しっかりしたソースには・・・

ソービニヨンブラン。
しかも、やや高めの、どっしりタイプ。
樽をかけているわけではないが、単体で飲むと
少し、苦味さえ感じるようなものがいいんだわ。

で、DSCF0335.jpg
これは、オーストラリア、TKワイナリーのソービニヨンブラン。
まさに、たまごんの直球勝負。

う~ん、うみゃ~
これは〝うみゃ~〟って言ってしまう。

ちなみに、普段は言わんよ。
こんな、モロな、名古屋弁は。




スポンサーサイト

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

天ぷらの太郎作
いろんなブログで登場したり、
テレビにも出ている、有名なお店。
たまごんも知ってはいたんだけど、
今はお昼だけの営業だし、日祝がお休みって言うんで
なかなか行けずにいました。

で、ポッコリあいた、平日のお昼に行って来ました。
〝太郎作〟です。
DSCF0258.jpg

メニューは簡単です。
天ぷら定食、天丼、穴子丼です。

DSCF0259.jpg

でも、メニューは簡単だけど、味わいと
親父さんの心意気は、侮るなかれ!!

たまごんは天ぷら定食を注文。
980円也。

DSCF0260.jpg

まず、お味噌汁とご飯、香の物、
天ツユと、抹茶塩のセットが来ます。

DSCF0261.jpg
いんげん

DSCF0263.jpg
お芋、
DSCF0262.jpg
烏賊、ナス、ゴーヤ。
DSCF0265.jpg
かぼちゃ、
DSCF0268.jpg
紅しょうが、キス、海老。
この紅しょうがって、大阪独自だと思います。
美味しいって感動しました。

DSCF0264.jpg
れんこん、
DSCF0270.jpg
海苔と、「おいしい」って言ったら、
おまけでおやじさんが、追加してくれたゴーヤ。

あといろいろ、来ました。
おじさん、どんどん揚げてくれるし、
たまごんは食いしん坊なんで、あったかいうちに食べたいし、
って、写真が追いつきませんでした。
これだけついて、しかも、1品づつ揚げたて、
で、980円!!!!

ここの親父さん、奥さんと二人でやってみえるんだけど、
数年前に胃を全摘して、今はお酒もおろか、
パン(しかも柔らかいやつ)が主食なんですって。
で、たまごんもお気に入りの
空堀商店街の中にある、パン屋さんグリーンの話で大盛上がり!

こういうお店って絶対、大切。
親父さんご夫婦、頑張って欲しい。

また来るぞ!







テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ベランダの紫蘇の鰯はさみ
たまごんはもちろん、お料理もします。
そん時は、お酒との相性も考えます。
考える順番はどっちか、です。

1、お酒が飲みたいとき
今日は、日本酒が飲みたい!
とか、今日は白ワイン、それも濃いシャルドネのやつ、
とか、すっきりしてんの、
とか、渋い赤ワインは飲みたい、とかetc...です。
2、食べたいものがあるとき
逆に、今日は刺身が食べたい!
とか、揚げ物が食べたい、
とか、おでんとか鍋が食べたい、
とか、とろとろに煮込んだお肉のシチューが食べたいとか、です。

ほいで、組み合わせを考えるわけです。
そんで、今日はベランダで育てている、
紫蘇が調子がいいので合わせて見ました。

DSCF0287.jpg

紫蘇とは絶対にいわしが合う!と思っているたまごん。
鰯は手開きにして、骨をとります。
で、少し、お塩をしておいて、臭みを取ります。
ん~1時間くらいでいいかなあ。
新鮮なやつだったら、しなくてもいいくらいです。
で、包丁で叩くか、フードプロセッサーでミンチにします。
卵と片栗粉を少し加えて、紫蘇ではさんで、
フライパンでカリッと、焼くだけです。

DSCF0288.jpg
その後、たまごん的ポイントグー!は、その叩き身に、梅肉を入れること。
梅干は常備してるんで、それを包丁で叩いたらスグ出来ます。
梅干はソースにも出来るし、便利だよ~ん。

DSCF0284.jpg

こういう、お魚!ってお料理には、国産ワインが活躍します。

DSCF0286.jpg
山梨、グレイスワイナリーの甲州の辛口です。
単体で飲むと、「すっきりしすぎかな?」って思うんだけど、
鰯紫蘇巻きを食べると、不思議なんです。
お魚の味がスーと入っていって、紫蘇と梅肉の香りが
お口の中にポンって広がるんです。

うん、うん、美味しいアテです。

ベランダで育てた、ハーブ類は葉が柔らかいのが特徴です。
それに、完全無農薬だしね。
たまごんの紫蘇は結構元気で、しばらく、紫蘇料理が楽しめそうですハート


テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

みんなでバーベキュー
先週の日曜日、びぎんのスタッフ他、
お知り合いのみんなでバーベキューしました。
と、ある場所。
っていっても、そちらのベランダなんで、小さいコンロので。
マスタも差し入れしてくれて、よい材料ですわ。

今日はのん兵衛ばかり、5人も集合。
ってなわけで、タル生をお酒屋さんから調達。
機械も借ります。
DSCF0306.jpg 

もちろん、ウマすぎる〝サッポロのエーデルピルス〟
DSCF0310.jpg DSCF0307.jpg
簡単に接続できます。
お酒屋さんが持ってきてくれて、引き取ってくれるんで、
大変便利です。感謝ぺこり
DSCF0309.jpg 
中はこんな感じになっていて、
氷を入れて、この銀色の板を冷やします。
で、ちべたいビールが、飲めるわけ。
氷はどこでも売っている、板版のがいいです。
最初だけ、細かい氷も入れます。

DSCF0289.jpg DSCF0290.jpg
まずは、鹿児島のもち豚。

DSCF0291.jpg
これは、牛肉のハラミ。
マスタ、ご馳走様です。

DSCF0294.jpg DSCF0295.jpg
さっきの、もち豚のばら肉は、このサニーレタスと
キムチで、マキマキすると、ビールにピッタシ!
DSCF0292.jpg DSCF0293.jpg
材料たち。
ソラマメも炭火も焼くと最高bikkuri01
DSCF0296.jpg
DSCF0297.jpg DSCF0300.jpg
秋刀魚の一夜干なんですが、弱火の炭火になったところで
焼き加減が真価を発揮。
その前に1匹は死亡しました・・・
マスタはずるく、先に自分の分だけ焼いて食べてしまいました。

DSCF0301.jpg
お野菜や厚揚げも炭火は美味しいよん星

DSCF0304.jpg
で、マスタがスタコラサッサと帰った後、
メンバーの一人、しおじさんのBDのお祝い。
DSCF0305.jpg
美味しい、しいケーキでした。
DSCF0315.jpg DSCF0317.jpg
続いて、またしても差し入れのケーキ。

炭が入っていて(バーベキューに掛けてか??)デトックス効果があるらしい。
・・・その後たまごんに効果はなしd001
でも、中の生クリームといい、
栗が入っている感じといい、すごく美味しいロールケーキ。
○○ロールの200倍は美味しかった、とたまごんは思う。

DSCF0303.jpg DSCF0302.jpg
これも、しおじいからの差し入れ。
奈良のお酒らしい。
たまごんの大好きな純米吟醸。
ロールケーキをあてに、日本酒ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
な~んて、素敵な昼下がり。

宴も酣、お開きと相成りました。
残り火を見るの、好きだなあ~
DSCF0312.jpg








テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

美味しい開田高原のパン屋さん
昨日は、ハプニングバーベキューだったねえ。
でも、やっぱ炭火は癒される。
たまごんは残火を見るのも好き。
DSCF0237.jpg

GW最後の日はチャッチャと帰らねばなりません。
もう、明日から仕事だに~。
近鉄、アーバンライナーで帰るんだけど、
絶対チョ混は間違いない。
もちろん、席はDXシートで確保してますが、
やっぱ、早く帰りたいよね。

ん、でも、くろ君はかわいい。
早くは帰りたいけど、ワカレはつらい・・・
DSCF0241.jpg
虫を追いかけて、吼えるだわ。

DSCF0238.jpg
この顔で見つめられると、ヨワイ・・・
DSCF0240.jpg

お名残惜しいが、岐路に着きました。
途中、いつも寄るパン屋さんに。
DSCF0248.jpg DSCF0249.jpg

こんな感じで、手作り感満載のパン屋さん。
パンも自然で、優しい感じ。
愛知県豊橋市から脱サラで、長野県まで移住なさったらしい。

DSCF0250.jpg 
んで、途中、色々買いながら帰ります。
マスタにも頼まれてるし、山菜も仕入れ。
大阪をはじめ都会では、なかなか手に入らない品々。

DSCF0251.jpg
たまごんの大好物発見。
フランクフルト、損所そこらの商品じゃあ~ない。
DSCF0253.jpg
ほれ、この、あらびき度。
お笑いの、あらびき団ではない。
プッチン、プリ、だに~。
にいちゃんの手作りなんで、大きさもまちまち。
だもんで、これも、少し細いからって、100円おまけしてくれたピース

DSCF0254.jpg DSCF0255.jpg
朝堀の筍を、発見!
取った日だけでなく、時間も入ってる。
これ、細いし、本と!!!うめそう

ってなわけで、くろ君と涙ながらに別れつつ、
大阪へ・・・
デラックスはやっぱ、乗りゴゴチがよい。
空いていれば、一般席を2個使えるけれど、
混雑時は断然デラックスシートだね。
350円しか変わらんし。(格安チケットの場合)

DSCF0256.jpg
たまごんが採ってきた、山菜たち。
たらの芽、コシアブラなど、珍しいで~
まずは、お座敷てんぷら、ならぬ、
狭いマンション内、卓上てんぷらに。

残りはパスタに。
トマトも少し加えてみた。
DSCF0257.jpg
もちろん、ウマくないはずがないんだわさ。

思いっきし、たくさん入れて、完~成。
ソービニヨンブラン完飲(750ML)

フエ~と、たまごんのGWも終了。

て、もう2週間も前の話。

ごめんなさい、更新遅くて。

がんばります。。。


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

木曽開田高原でのハプニングバーベキューとゴルフな日
んで、開田高原2日目、
久しぶりのゴルフだわ。
暑くもなく、寒くもない、いい気候で
緑の中を歩くのは本と気持ちいいわ。

DSCF0201.jpg
いー天気だったんだに~。

DSCF0202.jpg 

水仙やヤマモモもきれいだわ。

DSCF0203.jpg

猪がコースを荒らすからって、
こんな電気線が張ってある。
DSCF0204.jpg
んでも、人が回っている間は切ってあるんだって。

DSCF0205.jpg
昼食はセットについている、
開田高原ざるそば。
ヘルシーでしょ。

DSCF0206.jpg
無事終了。
久しぶりの割には、パーを2個も取れた太陽
スコアーは102グー!
これには、父も驚いとったわ。

んで、コースから上がって行ったのが
車で10分程度の掛け流しの温泉。
やまゆり荘

DSCF0211.jpg
たまごん太ってるから、肩こりが激しくなってきた。
温泉中でストレッチをすることにする。

DSCF0207.jpg
中は当然撮影禁止・・・
いい風呂でしたわん。
風呂上りにアップロードファイルですが、今日は車なんで・・・
DSCF0208.jpg DSCF0210.jpg
開田高原特産のアイスクリーム。
母のリクエストでヨーグルト。
半分以上食べられた・・・
いいもん、バーベキューで、しこたま!飲むんだわさ。

で、部屋に戻ってきて、
お待ちかね、くろ君のお散歩。
DSCF0220.jpg DSCF0222.jpg
今日もかわいいわん。
でも、あいにく、天気は雨の一歩手前。
雨でも雪でも雹でも、何でも、くろ君がかわいいことに変わりはないふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

これはナイスパーbikkuri01の途中で摘んできた、たらの芽たち。
DSCF0214.jpg DSCF0216.jpg DSCF0217.jpg
これを炭火で焼くと、ウマいんだわさ。

心配していた通り、雨が降ってきた。
でも、テントもあるし、大丈夫!
父はそろそろ炭火とバーベキューの達人と化している。
DSCF0223.jpg DSCF0225.jpg
よしよし、焼けてきたぞ。
手羽先、鶏肉、名古屋コーチンだぞ!
たまごん、うちわで、一生懸命、炭火をあぶっていました。

突然・・・・
《パーン、・・・ボンッッ》
DSCF0226.jpg
テントから雨が伝い・・・電球が漏電した。
最初にガラスが割れ、次にニューズが飛んで、電気が消えた・・・
ボーゼンとする、父、母、たまごん。
ゲロ~リンコ。。。

くろくんもびっくりして、お部屋に入っちゃったわ。
DSCF0234.jpg DSCF0234_20090513004424.jpg DSCF0235.jpg 

でも、父は強し、
アメニモマケズ、カゼニモマケス、
そして、
ロウデンニモ、カゾクノヒナンニモマケズ・・・・

電球のガラスが飛び散っていた材料は撤収・・
その中には、たまごんが大切に摘んできた
そう、あの、たらの芽たちも・・・
ああ~無常。。。
密閉されていた、材料のみで再開。
DSCF0228.jpg
たまごんが、住んいた、ニュージーランドのラム。
炭火で塩焼きにすると最高。
ワインがすすむんだわ。
そして、名古屋のスーパーで買ってきた筍。
こーんな近くに山菜がいっぱいあるというのに・・・
でも、美味しい。
悲しい人間の性・・・

くろ君も復活して、〝クレクレ〟攻撃。
DSCF0229.jpg

というわけで、なんとか、
ハプニングバーべニューも終了。

くろ君と共にネンネして、明日はもう帰ります。
DSCF0245.jpg













テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

たまごんのGW at 木曽福島 開田高原
遅まきながら、GWネタを。
2泊3日、長野県の木曽福島、開田高原に行ってきました。
この季節は、山菜の宝庫♪
たまごんも楽しみにしているんだわね。
マスターにも仕入れも頼まれてるし。
そうそう、色々手配したんで、
びぎんでは届きたての、珍しい三菜がたくさんありますよん。

DSCF0165.jpg 
名古屋までいつもどうりの、近鉄アーバンライナーで。
んで、JR中央線、〝しなの〟で1時間半で木曽福島に着きます。

DSCF0167.jpg

車内では、前日の疲れもあり、zzz
あっという間に着きました。
〝木曽福島〟

まずは、くろくんとご対~面ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

DSCF0168.jpg DSCF0170.jpg

すぐさま、お散歩にお出かけ。

DSCF0171.jpg DSCF0172.jpg 
くろくんは松ボックリが好きなんだわね。
これを噛みながら転がして遊ぶんだわ。
DSCF0173.jpg

木曽の山々、御嶽山もきれいなんだわ。
DSCF0175.jpg DSCF0179.jpg
お花も咲いてます。

泊まるところは木曽カントリークラブ
リゾートにはよくある、ゴルフ場と宿泊施設が一緒になっているところ。

DSCF0246.jpg

寒いときは薪が焚かれるんだに。

DSCF0247.jpg

景色もいいですわ。
お風呂も冷泉(冷たい湧き水を沸かしている)だに。
お肌もきれいになるわい。

で、お待ちかね晩御飯。

DSCF0180.jpg

今日のメニューですわ。
料理長は若いけれど、しっかりした腕を持っていて、
地元のものをしっかり食べられます。

DSCF0182.jpg

乾杯は山桃酒。(ん~にゃ、すでにアップロードファイル飲んでます)
DSCF0189.jpg
ゴマ豆腐。

DSCF0184.jpg
前菜の5種盛。
こごみはゴマダレでばっちし。
この赤紫ぽい、独活は木曽、開田高原の特産。
アクがなくて、だいぶ上まで食べられるんだわ。

DSCF0185.jpg
お刺身。

DSCF0186.jpg
炊き合わせ、蟹姫、たまごんの好物。

DSCF0188.jpg
岩魚の塩焼き。山女やアマゴと共に、木曽といえば・・ってカンジ。

タマランくなり、日本酒を注文。
もちろん地酒の木曽路。純米酒、だに。
たまごんは基本的に日本酒は純米酒が好き。
DSCF0187.jpg

DSCF0190.jpg
このうりっぱの和え物が、また日本酒をそそる。
うりっぱも木曽ではよく出ますが、珍しいね。
DSCF0194.jpg
この季節おなじみ、山菜のてんぷら。
たらの芽、コシアブラ、行者ニンニク、蓬などなど。

で、信州牛が来るのがわかってたんで、
これも、ここでしか飲めない。
なぜか、この地区を出ると売っとらんのだわね。

DSCF0191.jpg DSCF0193.jpg
〝信濃ワインデラックス 赤〟
メルローとベリーAの混醸。
これが何デカわからんけど、普通のと、スーパーデラックスより、
このデラックスが一番なんだわ。
バランスがよい。

DSCF0196.jpg
き、来ました~
〝信州牛のほうばみそ焼き〟

とろけるわ~
DSCF0197.jpg

んで、〆はこれも名物そば。
〝投じそば〟 とうじそばと読みます。
あと、筍ご飯も淡い味わいです。
DSCF0198.jpg

このちっこい、ざるみたいなんで
しゃぶしゃぶ、風にします。
このちっこいざるにそばを入れて
投げるみたいな感じだから、「投じそば」なんかな??
DSCF0199.jpg

うーん、満足じゃあ。
DSCF0200.jpg

今日は早々と22時には就寝。
くろくんが一緒に布団の上で寝てくれるんだに~

明日は久しぶりのゴルフじゃあアップ























テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

びぎんでの連休前〝残り物のゆうべ〟
GW4,5,6日とびぎんは連休でした。
で、3日は残り物の夕べと相成りました。
メンバーは作る人、マスター、
スタッフのキナ、カエ、たまごんでした。

まずは、エーデルピルスで乾杯ですわ。
DSCF0150.jpg 
うーん、みんなウマいって。

飲むと泡が再生するのが生ビールは最高でわ。
DSCF0151.jpg

鶏ハムのサラダ。
人気商品はやっぱ、美味しいわ。
DSCF0145.jpg 

アマホリさんのトマト。
ようやく再登場です。
DSCF0146.jpg 

マグロは鹿児島の近海もの。
生で、あの!!本マグロ。
寿司屋なら1貫で1000円だわな。
DSCF0148.jpg 

山菜もそろそろ終わりかなあ~
大好きなんだわ、この季節だけのお楽しみ。わらびです。
マスターはアク抜きだけでなくて、
コンソメで下味つけてるんで、このままでも自然な味わいで
つまみにいいですわ。
DSCF0149.jpg

たまごんが一生懸命剥いたズワイガニのサラダ。
甘くてギッシリ、お客さんのオーダーが少なかったんで
たまごんたちの夕べに登場はあとDSCF0152.jpg

日向地鶏他、色々入ったカチャトーレみたいなの。
これがつまみにばっちし。
ハウスワインのヌビアナ白、シャルドネに合うんだわ。
DSCF0153.jpg

カエのリクエストのチヂミ。
中味が色々違うんだわね。
DSCF0154.jpg

マスターの特製。
DSCF0155.jpg

どんどん進化する、さすがー作る人マスター。
DSCF0156.jpg

んで、写真忘れたが、たまごんが作る
名古屋名物〝台湾ラーメン〟
スガキヤが出してるので、中部圏しか売ってないんだよ~ん。
DSCF0159.jpg
なかなか、ウマく出来たみたい。
みんな食べてくれましたわ。

んで、お腹いっぱいで寝てしまったマスター。
DSCF0163.jpg

あ~楽しかった。
キナとカエも仲良くていい子達。
DSCF0164.jpg

明日からたまごんは家族と長野です。




テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

リニューアルオープン プチカッセ
ワインを手軽に飲めて、本格派。
お料理はしっかり、フレンチ、ビストロ。
リニューアルオープンするって聞いていたんで、行ってきました。
日曜日もやってくれているんが、うれしいです。

〝プチカッセ~petitcaisse~〟

DSCF0091_20090430123643.jpg

お、おう。新しいお店って感じです。
中に入ってびっくり。
前のお店はカウンターだけだったんですが、
それよりもながーい、カウンターと
4人がけテーブルが2台と2人がけテーブルが1台。
すっかり広くなっています。
入り口にはお祝いのお花がたくさん。
きれーです。
テーブルは団体さんでいっぱい、
カウンターもゆったりとした6人がけで
すでに、4人着席ですわ。

急がしそうなところ、白ワインを注文。

DSCF0092.jpg

まずは、サンセールです。
量がちょっと少ないんで、おまけしてくれました。

DSCF0094_20090430123729.jpg DSCF0095_20090430123746.jpg

〝いわしのコンフィ〟400円。
これで、このお値段は嬉しい限り。
スグなくなっちいました・・無言、汗

続けて、ラングドックの白を注文。

DSCF0099.jpg

しっかりとして、ややシェリーっぽい味わいです。

DSCF0097_20090430123812.jpg

んで、あての2品目〝我が家のリエット〟600円。
このキャベツの赤いのがいいですわ。
バケットも出てきました。(たぶん無料)
ワインがススム、ススム。。。
で、鴨とりんごの自家製ソーセージを頼んでいたんで、
赤ワインにスイッチ。

DSCF0100_20090430123850.jpg

ドイツのシュペートブルグンダー・トロッケン。
ドイツワイン名前がややこしいんだけれど、
シュペートブルグンンダーとは、ピノノワールのドイツ名ですわ。
トロッケンとは辛口ですわ。
こ、これが・・・う、ウマいんだわ。
ちょっと、久しぶりに驚いたドイツワイン。
ドイツのこの手の赤ワインは(とくにレストランで5,000円以下だと)
薄くて酸っぱいのがほとんどなんだわ。
でも、これはちがーう!!
香りはコーヒーキャラメルって
こちらの奥さんが教えてくださったみたいに
本と甘ーい香りはします。
少しスパイシーなカンジも漂い、濃いんですわ。
やってしまいました・・・
グラスのつもりがボトルにスイッチ!!

DSCF0104.jpg

これは、お料理もどれにでも対応できそうな
優等生って瞬時に判断したたまごん。
これでボトル3800円は驚きですわ。
見習わんといかんです。kao07

DSCF0102.jpg

これが、鴨とりんごのソーセージ。
1,400円だったと思いますわ。

DSCF0103.jpg

こ、この肉汁~
鴨とりんごってあんま、想像できない感じですが、
あえて、りんごが主張していないんですわ。
よーく噛み締めてみると、
りんごの甘みが感じられる。
固形分ってより、もしかしたら、摩り下ろしているのかも??
こんど、自分でもハンバーグ作るときにでも
試してみようかなあ~

で、このシュペートブルグンダーが
デザートでも行けそうだったんで、
前~から狙っていた、
〝焼きたてアップルパイ キャラメルアイス添え〟を注文。

DSCF0105.jpg

画像が暗くて、すいません・・・
焼き立てなので、当たり前ですが、
アップルパイが温かいんだわね。
そこに、キャラメルアイスが溶けて一体化するんだわ。
で、ん、んまーいい絵文字名を入力してください
た、たまらんわ。
で、これが不思議なんだけど、
アップルパイだけ、キャラメルアイスだけ、って食べると
なんか、バラバラなんだわ。
アップルパイだけは、味気ないし、
キャラメルアイスだけはちと、苦いような感じがするし。
ご主人に聞いてみたら、
やっぱりその辺を考えて、この組み合わせになさっているそう。
お店のオーナーシェフはこういうこと
いつも考えていらっしゃるんでしょうね。
感謝して、頂かないと!

〆て、9,300円。
贅沢な休日でした。
でも価格以上の超~コスパ高し。
さあ、明日への活力じゃあわん。







テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ



プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する