たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまごんの夏休み~名古屋編~
暑~い名古屋に帰ってきたんで、
暑気払いをしようってことで行くことに決定!
〝サッポロビール園 浩養園〟

DSCF9764_20090822121212.jpg

たまごんは、名古屋生まれ育ちなのに、
この有名ビアガーデンには行ったことがなかったんだわ。

もともとはサッポロビールの工場があった場所。
ここに詳しい説明があります。
工場の閉鎖に伴い、高級高層マンションと
イオンが出来て、このビール園も改装されました。

DSCF9765_20090822121212.jpg

今も地ビールは製造してるんで、
立派なタンクがあるんだわね。

DSCF9768_20090822121620.jpg

地ビールは3種類。

DSCF9771.jpg

たまごんは小麦の時間を注文。

DSCF9770_20090822121619.jpg

店内はしっかり、ビアホールだわ。

DSCF9776_20090822121213.jpg

78年もある、老舗だに~

DSCF9777_20090822121213.jpg

DSCF9767_20090822121620.jpg

新発売だね。
エビスのスタウト。黒エビスとは違うんだに~。

DSCF9769_20090822121620.jpg

お、クリーミーな泡で、濃い味わい。

DSCF9772_20090822121619.jpg

つまみもビアホールらしい、まずは、ソーセージ。

DSCF9773_20090822121658.jpg

アイスヴァインは、ドイツの郷土料理。
豚のすね肉(?)、ばら肉?をトロトッロに煮込んだ料理。

DSCF9774_20090822121658.jpg

んで、今度は黒エビスを注文。

DSCF9775_20090822121658.jpg

〆は普通のサッポロ生で。

うほほ~い、とビアホールを満喫。
で、でもさ・・・、ちょっと、サッポロさんいいかな。。。
ここはすごい伝統があって、「直営」って触れ込みなんだよね?
だったら・・・・
もうちょっと、ビールの注ぎ方に気を使って欲しいなあ~。
新商品のエビススタウト以外は、
み~んな、どら~蟹アワだったんだに~。

そこだけが残念。。。
皆さん、生ビールのアワは美味しいです。
クリーミーなアワだに!

で、翌日名古屋名物を。
あまり、観光本などで書かれていないよん。
でも、たまごんの大好き&オススメなのを2つ。

DSCF9778_20090822121213.jpg

何の店かわかる???
名古屋が誇る2大勢力の喫茶店、
〝コンパル〟
もう1つは、最近大阪にも進出した、
シロノワールで有名な〝コメダ〟

このコンパルはサンドイッチが最高に美味しい。

DSCF9780.jpg

ね?エビフライサンドが有名なんだに。

DSCF9779_20090822121104.jpg

で、平日は日替わりで、お得なサンドがいっぱい。
たまごんは、名前からしても、たまごが大好き。
で、お得な〝ミックスサンド〟を注文。

DSCF9786.jpg

中味はこんな感じ。
これがボリュームあって、食べ応えあるんだわ。

DSCF9787_20090822121105.jpg

見て、見て! この断面、美味しいんだに~

続いて、甘いもの。

DSCF9782.jpg

〝升半茶店〟
ここは、実はお茶屋さんです。
名古屋は茶道も盛んです。
表千家が多いのも地方色のひとつです。
抹茶の有名どころ、西尾市も愛知県にあるんだわね。

で、
DSCF9783.jpg

夏だけ限定のソフトクリームがある。
これはさ、抹茶使ったもので、すんごい柔らかい。
解けるのも早いんだわ。
このソフトクリームと、抹茶シェイクは夏限定。
しかも、この、伏見に近い、ここの本店でしか食べられんのだわ。

DSCF9781_20090822121104.jpg

こーゆーのを見てもわかるとおり、
升半はとっても由緒ある、お茶屋さん。
抹茶は特にすばらしく、お茶会でも
列記としたところの薄茶はは必ず、この升半の初昔を使います。
薄茶とは、普段よく目にするタイプ。
に対して、茶道をしている方、わかりますよね?
お濃茶という、すごいどろっとしたのがあって、
これが苦くなく、上手な先生が煉るとめっちゃ、甘くて、
ど~ら、美味しいんだけど、
こちらには、千代昔というのを使います。

初昔で、40G、3,000円、極昔で同量、5,000円。(税別)
この値段が、20年くらい変わっていないのもすごい!
老舗の底力は本と、感動するわ。
たまごんは、表千家もずーっと、習ってたんだに~ファイト

DSCF9784_20090822121105.jpg

これが、そのソフトクリーム。
300円でこの大きさ。
早く食べないと、解けちゃうに~

うーん、久しぶりに、食べたけど、
やっぱり、美味しいわ。

ちなみに、抹茶は絶対升半だが、
ほうじ茶は妙香園が美味しいよ。
「もちは餅屋」なんだわね。

隠れ、名古屋名物、みんな楽しんでね。

名古屋駅から一番近い店お茶の名店を見てね。

























スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

たまごんの夏休み~木曽開田高原編Ⅲと名古屋へ~
涼しい高原を満喫して、夏休みも終わりに近づいていますわ。
そんで、帰り際、お墓参りへ。
たまごんの親戚が眠っている場所。
昔小学生のころ、この親戚のおばあちゃんが
よくお小遣いをくれた。
決まって、帰り際、ポチ袋ではなく、
ティッシュに包んでくれた。
すごいうれしかった覚えがある。
だって、ポチ袋は中身が見えないけど、
ティッシュは透けて、聖徳太子の笑顔が見れたからうわぁ・・・
優しいおばあちゃんだった。

と、何と同じお寺に木曽義仲のお墓もある。

DSCF0676.jpg

DSCF0677.jpg

代々あって、立派なお墓だった。
罰当るんで、お墓の写真は撮ってないんだわね。
(当たり前か・・・)

翌日、名古屋から、大阪へ帰んなきゃいけない・・・

DSCF0634.jpg

DSCF0633.jpg

先日食べ損ねた、〝やば麺〟へ。
この名前はやばい、麺でなく、
矢場町という場所にあったからって聞いている。
名古屋では有名な地元雑誌、KELLYが作ったって言う話も聞いた。
今は、名古屋駅の、これも名古屋が誇る、
お中元やお歳暮、冠婚葬祭など、
進物には絶対ここのカトレアの包装紙でなくてはいけないといわれる、
絶対な百貨店ナゴヤエキ店の7Fにありますわ。

DSCF0630.jpg

メニューはシンプルな感じでしょ。

DSCF0631.jpg
名古屋では当時まだ珍しかった、
無化調を主張してたんだわね。

DSCF0632.jpg

たまごんは、塩ラーメンを注文。
う~ん><
完飲できんかった・・・うーむ
昔はもっとインパクトあったんだけれどなあ~

気をとり直し、名古屋駅中になる立ち食い蕎麦屋さん。
JRと名鉄の間くらいある、目立たないお店。
前から気になっていたんだわね。

DSCF0635.jpg

こんな看板だからね、惹かれるでしょ?

あの名人高橋邦弘のお店
〝晨光庵〟
しんこうあんって、読むんだって。

DSCF0636.jpg

あっさりとシンプルなもりそばを。
券売機でもりそばを購入。
その分、お得なことを期待する・・・

DSCF0637.jpg

お、来た、来た。

DSCF0638.jpg

白い、更科系ですな。

DSCF0639.jpg

う~ん、たまごん2連敗がっくり
腰がいまいち、か二つくらいだった・・・

でも、自然な味だったよ。
出汁とかはよかったと思うよ。
もう一度行ってみようって思うよ。

名古屋編はまだ続きます。








テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

たまごんの夏休み~木曽開田高原編Ⅱ~
今日はゴルフして、明日はもう帰んないと・・・
あ~あ、あっという間だなあ~

つーわけで、大自然を満喫。

DSCF0649.jpg

よお~し、久しぶりのショットじゃあ~。

DSCF0645.jpg

かわいい、カルガモの親子がコースを縦断中。

DSCF0646.jpg

涼しいから、トンボもたくさん。
のんびりと、父の方に留まるが~

DSCF0643.jpg

お、ナイスオンでしょ?
なかなかに、ベタピンでしょ。
DSCF0651.jpg

ドライバーとフェアウェーウッドはよく当るんだわね。
ミドルで、2連続パーファイトぴーす
これだけが、ナイスホールだったよ。
OBもいっぱい・・・
で、スコアは109汗
ん、でもここは宿泊施設もあり、1泊3食付のパックもやってるから、
ゴルフしなくても、結構楽しめるよん。
周りには子供が遊べる施設もいっぱいあるしね。
そば道場とか、釣りも出来るし、ブルーベリー狩りもあるよん。

翌日は御岳ロープウェイを目指します。
冬は絶好のスキー場なんだけど、
夏は夏で、登山の入り口になったりするんだわね。

DSCF0685.jpg

赤そばのお花がきれいに咲いてたよん。

車の道すがら、こんな感じのオバチャンがいっぱいいる、
お店で野菜なども安く買えるんだわね。
これも楽しみの一つだわ。
DSCF0675.jpg

道の駅で買ってきた、近所のオバチャンの手作りのお弁当で
リッチなランチだわ。

DSCF0679.jpg
この山菜おこわは最高の味。
たぶん、もち米も美味しいんだと思う。
従来の山菜おこわの概念を打ち負かす
とっても淡くて繊細な味付けだったわ。

DSCF0680.jpg
も、他にもコロッケなど、
くろくんがたまらんわ、って「クレクレ」攻撃。

DSCF0683.jpg

DSCF0681.jpg

DSCF0682.jpg

お腹もいっぱいになり、ロープウェイで中腹へ。

DSCF0686.jpg

DSCF0687.jpg

きれーだったわ。
もう、明日は帰んないといけないんだわね・・・






たまごんの夏休み~木曽開田高原編~
暑さも少し安らぎましたね。
びぎんは17日から19日までお休みでした。
たまごんは名古屋を経由して、木曽開田高原へ。
涼し~かったあにっこり

で、まずは、先に着いていた
黒柴犬、くろくんにご対~面

DSCF0642.jpg

かわいい~きゃー

早速、お散歩へ。
普段アスファルトの上は、あんま走ったりしないのに
ここでは、たくさんの緑に囲まれて、
走るわ、走~る。

DSCF0672.jpg

DSCF0673.jpg

花もきれいに咲いています。

DSCF0674.jpg

DSCF0650.jpg

御嶽山は神教もあるくらい、
厳かな山。
天気もよく、気持ちよい!

DSCF0671.jpg

小川もあって、くろくん、気持ちよさそうです。
水が流れていくのが、好きみたいですわ。

DSCF0670.jpg

くろくんと走り回り、すっかり、お腹も空きましたわ。
今夜の晩御飯は、
楽し~い、七輪焼きバーベキュー。

DSCF0657.jpg

周りは暗いです。

が!
DSCF0658.jpg

前回の教訓から、しっかりと防水した、
パラソルと灯りでばっちり。

DSCF0652.jpg

まずは、お野菜と、551の蓬莱シューマイたち。
特にシューマイは炭火で焼くと、
香ばしくなって、遠赤外線でホクホクで
美味しくなるんで、試してみてちょ!

DSCF0656.jpg

松茸とウインナーと奥美濃古地鶏の焼き鳥だわ。
松茸がいい香りだわ~

DSCF0660.jpg

揚げも炭火で焼くと最高だわ。

DSCF0663.jpg

DSCF0661.jpg

今日のメインイベントの!但島牛はーと
見て、見て!!この断面。
すごい肉汁と甘み。

肉に対しての、塩コショウは
あらかじめ袋の中で揉んで、
馴染ませておくのが、
バーベキューの時のコツですな。


DSCF0664.jpg
DSCF0665.jpg

最後の〆は、炭水化物好きの
母のリクエストにて、松茸のおにぎり。
でもさあ~忠告したけど、
くずれるんだってばあ~。

DSCF0666.jpg

最後はしっかり燃やして、ゴミも少なく、
エコ貢献して、火の始末もお忘れなく。

明日は、ゴルフだよーん。













久しぶりの飲み頃ボルドーとアテの思いつき
今日は長堀橋のホテルでワインの試飲会がありました。

そう、ドラゴンアッシュの隆谷が
浮気現場を撮られた!ホテルですわ。
たまごん世代以上なら、古谷一行はご存知でしょう。
うーん、懐かしや、テレビ「失楽園」
川島直美、きれ~だったのお・・・
その息子さんですわ。
最近タレントのMEGUMIと結婚しましたわね。

とー、テレビ好きたまごんの話題はさておき・・・

DSCF0586.jpg

こちらの、オシャレなホテルが会場です。

DSCF0588.jpg

このインポーターさんは、中高級ワインにとても強い。
10,000円以下で提供させていただける、
ワイン通好みの価格帯では、目を見張るもんがあります。

んで、ぜ~ったいに、びぎんのマスタを納得させたかった。

試飲会では珍しい、
各年代ごとの垂直試飲。
これは、同じワイナリーの同一ワインで
各ヴィンテージごと比べながら飲めるって言う、貴重な機会です。

いまや、2000年、2003年、はなかなか探せない。
いわんや、90年代といいますと、
お値段はもちろんのこと、とにかく、在庫がないんですわ。

=お店でお出しすると、とんでもなく値段が高くなる・・・・

DSCF0589.jpg

つーことで、このワインは・・・

す、っ、素晴らしい花火

久しぶりですわ、こんな、忽然となれる、ボルドーは!!

それもそのはず、
このワイナリーは、あの!数十万以上する、
〝シャトーオーゾンヌ〟のオーナーが今も暮らしているシャトー。
セカンドワインではないのに、それ以上の価値あるワイナリー。

そ、いわゆる、隠れブランドですわ。

いや~自画自賛しちゃいますわ。
たまごんいいもん収穫したわ。

他にも、

DSCF0587.jpg


こちらもよかった。
ブルゴーニュの有名ワイン、
「ジュヴレ・シャンベルタン」
これは、有名であるがゆえ、
最近ではなかなか飲み頃のものがない・・・

つまり、売れすぎて、飲み頃のものが
市場には出回らない。
ピノノワールの特徴、
パワーはあるが、酸っぱくて、渋い。。。という結果。
値段の割りに、納得いかないんですわ。
もちろん、ジュヴレシャンベルタンは、
有名な、きちんとしたワイン。
やっぱり、いいですな。
こちらの作り手は、早くから飲めることをポリシーにしているそう。
その言葉通り、力強いのに、喉越しはあくまでエレガント、
そして、余韻が長く、超熟しても、更なる期待が持てそう。

で、あんまり、素晴らしいワインたちに出会えたので、
夜に、お昼間試飲したワインはないのに、
味の記憶と余韻だけで、作ってみた一品。

DSCF0590.jpg

〝豚フィレ肉のソテー バジル風味のクリームソース〟

DSCF0591.jpg

豚肉は塩コショウして、焼き目をつけます。
そのあと、オーブンで6分くらい温めます。
その間に、生クリームにバジルの葉を加え、
軽ーくあっためて、ソースは出来上がりですわ。

ちなみに、この豚肉はもちろん国産、
鹿児島産ですわ。
たまごんお気に入りのスーパー
KOHYOの特別戦利品。
KOHYOは南森店から特に、お気に入りのスーパーですわ。
乾物も色々こだわりがありますぞ。
でもIKARIほど高くないんだわね。
生鮮、がいいし、重宝してるんだわさ。

と、食卓に話は戻り、豚を食べる。
ち~っつ、お昼に試飲したワインがあればなあ~・・・
ジュージーで柔らかく、キメの細かいヒレ肉に、
クリーミーなソース、そしてバジルの香りがパッツン!

緊急お知らせ!!!

このボルドー、サンテミリオン
「シャトーオーゾンヌ」の秘蔵品。
10月末から11月ですが、
たぶん、びぎんでご提供できます。
ご興味のある方、ご予約を承ります!!
おそらく、ビックヴィンテージ、
03辺りか、古酒の90年代をご案内できます。
価格も超!破格値で。
お問い合わせくださいね。

びぎん 06-6211-1240
メール naniwa_french.begin@coda.ocn.ne.jp
まで!






テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

挑戦状に応えた、心斎橋ラーメン、ACHA~
なんだかさ、完飲姫のたまごんに
挑戦状が届いたから、
マスタに報告。

で、行ってきたよ~ん。
〝心斎橋ラーメン〟 ACHA~

DSCF0559.jpg

たまごんは、やしきたかじん、の大ファン。
面白すぎる。
土曜日と日曜日の午後は絶対にテレビに釘付け。
見れないときは、必ず、ビデオ。
あと、紳助、好きだわ。
2人の共通点は、関西と、毒舌。
関係ないが、とにかく、どえりゃ~笑える。
たまごんの活力源のひとつ。

と、関係ない話は別にして。

DSCF0560.jpg

お、あった~。
イケルさん挑戦状の元となった、メッセージだわ。

DSCF0561.jpg

メニューはシンプルな感じ。
たまごんは、塩、を選択したわ。

いっつも、いっつも~
ラーメン屋さんで思う。
なぜ、スープ大盛、がないのか。
その分、麺半分とかがないのか。
代えスープがないのか。
たまごんは断然!スープがすき。
これは、うどん屋さんでも同じことを思う。
あ、カレーやさんでもそうだわ。
ごはんより、ルーを増やして欲しい。
そうか、カレー屋は、ルーダブル、とかがあるわ。

と、前置きはさておき、

DSCF0562.jpg

お、きたきた。
塩ラーメン。なかなかよさげ。
麺は当然、「固め」で注文。
しこしこしてて、いい感じ。
ありそうで、最近なかなかない、中華麺の感じ。
スープは、言うほど、熱くないぞ~。。

DSCF0564.jpg

ん、でも、味は合格だね。
しっかりとした、塩味が、化調をそんなに感じさせない。
これで、1時間後に喉が渇かなければ、
超!合格だわ。
具は、普通だけど、まあ合格だね。
630円は場所柄、良心的ではないかい???

で、これはマスタが頼んだ、餃子。
マスタはラーメン屋さんでは必ずといっていいほど、
餃子を注文する。
たぶん、マスタなりのこだわりだろう。。。

DSCF0566.jpg

DSCF0568.jpg

挑戦状に応えたぞ!

DSCF0567.jpg

ど、どうだ!!!ファイト

ちなみに、美味しくないと、完飲できないんだわね。
そういう意味でも、たまごん的には合格だわ。

場所は心斎橋商店街の千日前通りに面したところ。
昔の時計台のラーメンの場所だに~。
ここでも新メニューとか載ってるに。

さてさて、数時間後・・・
水ガブ飲みでしたむぅ・・・



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

残念な山三とピノの新作
たまごんは日本酒も大好きすきすき!
知らない日本酒がたくさんありそうで、
アテがいっぱいあるお店を探していた。

DSCF0551.jpg

で、このランキングでも、結構有名な、方が紹介していたんで、
行ってみたんだわね。

難波の新歌舞伎座の裏の辺、
〝山三〟
そのブロガーの人は写真撮れて、紹介してたんだけど、
たまごんは、お店の人にきっぱり断られた。
いや~な、予感。

とにかく、喉かわいて、お腹へってたんで、
アップロードファイルと、刺身を注文。
ビールはサッポロ。これは、とにかくポイント高い。

刺身が、デテコナイ・・・・
まあ、ここは、とにかくつまみが出てこないことで有名って
聞いてたんで、まあ~待つかって、思った。

で、1時間してようやく、岩ガキが登場。
伊勢志摩辺りまで取りにいっとったんかと思ったわ。

あとは、名物らしい、鮑のスモークとかも注文。

予感は的中・・・・
お品書きはいい感じなのに、
実物は伴わない、残念な結果。

ただ、日本酒はすごい!!!
珍しいし、ほとんどが純米。
にごりやら、大吟醸もある。
だいたい、1杯が700円くらいだし。
その辺りのコジャレタ店に行ったら、
な~んでもない、本醸造(つまり混ぜモン日本酒)が
1000円以上平気で取られるからね。
やっぱり、「日本酒」って言う以上、
お米100%でなきゃ~だめだわ。

そういうたまごん的観点からでも、
ここの日本酒の取り揃えは素晴らしいと思う。
いっぱいの種類で、メニューにも値段も書いてあるし。
次々にお客さんで溢れる理由がわかる!!

でもね・・・やっぱり、美味しい日本酒には、
美味しい、生モノ系でしょ。
魚でしょ。生の貝でしょ。生醤油でしょ。
この手のモンは、ワインとは相性悪いんだもん。
残念でした。。。
あ、鮮度はともかく、甘エビのゴマ醤油和えは
美味しかったと記憶できる味でしたわ。

口直しに、コンビニへ。

DSCF0522.jpg

おお~
こーんな限定品売ってるがね。

前の限定の、ラムレーズンはあんまだったからね。

DSCF0523.jpg

DSCF0524.jpg

こーんなキャンペーンもしてるし。

DSCF0527.jpg


よし、イケテるぴーす
抹茶の味も自然だし、まろやかで、
周りのチョココーティングともよい感じ。
ピノらしいしね。

たまごん少し機嫌直ったよ。




テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ



プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。