たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
たまごんのGW at 木曽 開田高原 最終編
はあ、雨の日曜日は最低ですね。
たまごん的には、日曜日しか、お布団が干せない、
掃除も洗濯も、雨だとぱっとしないわ。。。
おまけに、昨日は久し振りに、
楽しい飲み会だったはずなのに、
とんでもない、あり得ない展開があり、
・・・・・・・・・
あああ。。。またきっと、変なこと、言われてんだろうなあ
全く、ちゃんと、フォローしてほしい。

んで、木曽の最終編だわね。
翌日も、朝ご飯に、

DSCF9313_20100510113813.jpg

こんな美味しい、納豆を食べて、
ラウンドしたんだけど、
スコアーは106と、振るわず。。。
やっぱり、OBとか出ると、痛いわな。
ドライバーが当たって、フェアフェーウッドが当たらないと、
結構厳しいですわ。
普段練習してないから、アプローチはもちろん、
アイアンも本と、ヘタッピで、飛ばんからのう・・・

DSCF9311_20100506095035.jpg

でも、こんな、花があると、
楽しく、ラウンドが出来ますわね。

DSCF9310_20100506095036.jpg


DSCF9278.jpg

DSCF9276.jpg

で、これらのワインは、部屋で、バーベキューしたときに、
飲んだワイン達ですわ。
両親が、4月に東欧を旅行してきたときに、
買ってきたやつなんだわね。
これが、英語の部分が少なくて、
品種とかがわからんのだわね。

DSCF9275.jpg

でも、この白は、とにかくよかったわ。
シャルドネでは、ない気がするけれど、
ここに書いてあるように、香りがフルーティーで
飲み応えもあり、料理全般との相性もよい。
40年の樹齢のブドウで、畑もの、ということだわ。

DSCF9274.jpg

赤の方は全くわからん!!!
英語の表記が全くないんだわ。
ただ、やっぱり北で作られている品種だから、
ドロドロ濃いって感じは全然なくて、
ブドウの果汁がぎっしり詰まって、
芳醇な香り先行型のワインでしたわ。
とにかく、余韻が長くて、飲めば飲むほど、
ワインの味わいが広がる、
そんな、高級感ある味わいでしたわ。

もしどなたか、ご存じでしたら、
詳細をコメントいただけるとうれしいです。

DSCF9316_20100510113813.jpg

で、翌日、出発の用意をしていると、
タヌキかあ?イタチかあ??
っていう動物が、近くに出現!!!
夫婦で、子供もいたんだわ。

DSCF9317_20100510113813.jpg

くろ君を、狙っているかもしれん!!!
気付かれないように、出発したんだわさ。

DSCF9320.jpg

んで、帰りは、びぎんの仕入れも兼ねて、
いろいろ寄り道しましたわ。

DSCF9321_20100510113943.jpg

ここは、去年出来た、開田高原村のおみやげ処。

DSCF9322_20100510113942.jpg

新鮮な地場のものばかりだわ。

DSCF9319_20100510113943.jpg

こっちの建物では、近所のおばちゃん達が、
手作りでいろいろなおかずとかを、作っているんだって。

DSCF9324_20100510114034.jpg

ここも新しくできた、道の駅っぽいところ。

DSCF9325_20100510114034.jpg

御嶽山が見えるんだわね。

DSCF9323_20100510113942.jpg

こんなんで、試食販売もしてる。
地方も頑張ってるわ。
やっぱ、何事も頑張らないかんわな

DSCF9326_20100510114034.jpg

開田高原は寒かったけど、
少しおりてくると、山菜が一杯だったわ。

DSCF9327.jpg

この、フランクフルトがメチャクチャ美味しい!
たまごん的、大好物は、ウインナーとか
ハンバーグ、シュウマイ、餃子など、
とにかく挽肉料理
この美河フランクは、あまりにも、美味しく、
一気に食べきってしまい、写真はない・・・

DSCF9328_20100510114033.jpg

実家へ到着、くろくんは寛ぐ

DSCF9329.jpg

家では、バラとか、お花が満開で、きれいだったわ。

DSCF9332.jpg

こんなんとか、

DSCF9331.jpg

こんな風に咲いています。

DSCF9334.jpg

これは、ずーっと、前、たまごんの誕生日に
唯一の中高時代の友人が送ってくれた、お花。
きれいに咲かせてくれています。

DSCF9330_20100510114223.jpg

大振りのバラは素晴らしい。
まあ、たまごんが愛する、ニュージーランドのには、
かなわんけどのお・・・
その他にも、家庭菜園が、我が実家的には
大変なブームらしく、アスパラ、水菜、
大根、じゃがいも、etc・・・
昔は池もあった古典的日本庭園だったが、
こんな感じになっており、まあ、いいんだけどね。

DSCF9318.jpg

そうして、大好きなくろ君とは、またしばしのお別れで、
大阪に帰ってきましたわ。
今度はいつ会えるのかなあ。。。。

DSCF9335_20100506095036.jpg

そいで、大阪へ戻った後、
たまごん的、自画自賛パスタを作りましたわ。

DSCF9336.jpg

開田高原のシメジ、自分で摘んだ、こごみ、
タラの芽とウドなんかもたくさん入れて、出来上がり。

特にウドは、葉っぱの部分は少し長い目に炒めて、
茎の部分はさっと、合わせると、大変美味しい、
山菜ペペロンチーノになりますわ。

もちろん、こんな山菜お料理には、
ソービニヨンブランを合わせてくださいね


スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

たまごんのGW at 木曽 開田高原 その2
んで、100切の余韻を楽しみながら、
くろ君と散歩だわね。

DSCF9280_20100510113304.jpg

DSCF9282_20100510113303.jpg

「くろく~ん、」と呼ぶと、かわいく、振り返りますわ。

DSCF9307_20100510113814.jpg

父とともに、散歩だわ。

DSCF9305_20100510113814.jpg

くろくんは、川のお水が大好きなんだわね。

DSCF9285.jpg

んで、お楽しみの夕食へ。
今日は、クラブ内のレストランで。
ここの料理長が、若いんだけれど、とっても一生懸命で、
素晴らしい料理を出してくれますわ。

名前つぶし


今日のお品書きですわ。
地元の食材をフルに活用し、まさに、地産地消ですわ。

DSCF9287.jpg

やっぱり、ビールで乾杯。

DSCF9289.jpg

こごみやこしあぶらのおひたしですわ。
お出しが浸みて、家で食べるのとは、全然違いますわ。

DSCF9288_20100510113349.jpg

7種盛り。これが、酒がススムススムメニューばっかり。
どれも、少しのことなんだけど、
アイディアが満載の創作意欲の現れたお料理。

DSCF9290_20100510113349.jpg

鯛の昆布締め。

DSCF9291_20100510113348.jpg

こ、これが、うま~い!!!
これだけは、地産ものではないのでけれど、
交通手段が発達した現在では、
いいものが調達できるんですわな。

昆布の〆具合といい、塩味といい、まさに、
いい、塩梅でしたわ。
大拍手!!!

DSCF9293_20100510113441.jpg

DSCF9292.jpg

続いて、先ほどの鯛のあら炊き。
これが、鯛の子あり、最高でしたわ。
たまごんは、妙に、甘い、あら炊きが苦手。
この、料理長は、砂糖を全く使わずに、
みりんだけで、炊きあげていますわ。

DSCF9294_20100510113441.jpg

岩魚の風干し。
当然自家製ですわ。
ふんわりとしていて、本当に、風に揺られた程度の
干し具合が最高だわさ。

DSCF9295_20100510113441.jpg

山菜ホテトサラダ。
これが、一番驚愕したわね。
里芋で作ってあって、山菜が入っているんだわ。
マネ出来るかなあ???

DSCF9296_20100510113441.jpg

で、山菜の天ぷらは思いっきり美味しいのは当たり前で、

DSCF9298_20100510113440.jpg

メインは朴葉蒸。

DSCF9299.jpg

これが、素晴らしかった。
この地方、特に岐阜とか長野の山間部では、
飛騨牛とか、木曽牛とか、アップル牛とか、
美味しい和牛が多いので、朴葉焼きがよく出る。
朴葉の上で、お味噌の甘めのたれが混ざり合って、
香りが移って美味しい1品だわ。
お酒にもよく合うんだわね。
んでも、たまごん的には、このお決まりの1品に
甘いんだよね、砂糖の風味が和牛の風味を食ってしまう気がするんだわ。
でも、この朴葉蒸はそのたまごん的不満をすべて払拭していましたわ。
香りがよく、お肉も柔らかく、くどくない。
また、自家製のポン酢が飲めるくらい美味しかったわ。

DSCF9301_20100510113534.jpg

DSCF9300.jpg

で、〆の2品が、投じ蕎麦。
この、しっかり目のお出汁に、
揚げとか、キノコとか入っていて、
そこにお蕎麦をつけながら食べるんだわね。
もともと、冷たいお蕎麦を温かい出しにつけて食べるのを
「湯じ」と呼んでいたそうで。

何より、出しが旨いわ。
んで、これだけでもうお腹いっぱいなのに、

DSCF9302_20100510113534.jpg

〆2品目、タケノコご飯ですわ。
こちらは、サッサリとした炊き込みで、
これまた美味しかったですわ。

DSCF9303_20100510113533.jpg

大満足で、お腹も一杯で、
夜が更けた、ロッジを後にして、

DSCF9304_20100510113533.jpg

私たちのお泊まりする離れの部屋へ。
くろ君が待っています

最終編に続く。。。




たまごんのGW at 木曽 開田高原 その1
んで、まず、出発は大阪から車でだったんだわ。
GW、休日1000円なんだけど、
大阪の首都高速から名神を乗り継いで、
中央道の中津川までで、1850円。
いっつも、この計算がよくわからんのだよね。
まあ、混んどったんだけれど、
たまごんはぐっすり寝てたから、よくわからんわ。

たまごんが家族と行くのは、いつもここですわ。

DSCF9312_20100507125734.jpg

くろくんも一緒だし、ゴルフプレーが付いて、
3食付きだから、結構お値打ちだわね。

んで、着いた日はおそくなったんで、
さっくりと、飲みました。

DSCF9263.jpg

じゃーん、中乗さんだよーん。

DSCF9264.jpg

大阪ではあんまり、見んわなあ。
でも、木曽では、これか、
七笑だもんね!
しかも、今回のは初めて飲むやつ、
純米の吟醸の無濾過生原酒。
ど~ら、美味しいわ

んで、スコって寝まして、
翌朝はくろ君とお散歩。
朝と夕方と2階、小1時間走ります。

DSCF9282.jpg

DSCF9280_20100507125733.jpg

で、今日と明日はゴルフですわ。

DSCF9279.jpg

さあて、久し振りですわ。

DSCF9272.jpg

DSCF9273.jpg

とにかく、天気がよかったわ。

DSCF9267.jpg

両親も元気だわ。

DSCF9266.jpg

んで、たまごんは、ドライバーがよく当たって、
こんな第一打で、近くまで飛んできたりしたわ。

DSCF9268.jpg

ハーフでは、気持ちよく生ビールをガソリンとして、

DSCF9269.jpg

カレーをご飯にしました。

DSCF9270.jpg

ゴルフ場のカレーって、まあまあ、だしね。

DSCF9271.jpg

昼からは、さらに、天気がよく、
雪が溶けて、きれいな、御嶽山をバックに、
母がナイスショット。

DSCF9284.jpg

走り回る、かわいいくろくんは、この後の散歩で。

な、なんと、気持ちよく回った、スコアは・・・・・

〝96〟

うわあああ
初の、100切!!!


それも、大幅に、だに~。
後半は2連続パーもあったしな

ちなみに、母は、91。
これも、還暦を迎えた、おばさんとは思えぬ、ハイスコアー。
それでも、本人はショットが不服らしいわ。

ではでは、気持ちもよく、夕食を食べましょうね。

続く






テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

たまごんのGW at 木曽 開田高原 予告編
みなさん、GWはいかがでしたか?
珍しく、びぎんは4連休(定休日を含めてですが・・・・)
これには、訳もあり、
市場が休みで新鮮な食材が提供できないから。
さすが、こだわりのマスタですな。
まあ、たまごん的には、すぐ、くろくんに会いたいというわけで、
山菜採りも兼ねて、出かけてきましたわ。

DSCF9260.jpg

シュークリームを狙うくろ君

DSCF9261.jpg

寝込むくろ君

DSCF9262.jpg

たまごんの呼びかけに、上目遣いで・・・

いやあ~かわいすぎるでしょ????
本編では、まだたくさん、くろ君ショットがありますよん。

DSCF9265.jpg

木曽御岳です。
天気がよかったから、すっごく、きれいでしたわ。

DSCF9314.jpg

向こうはまだ桜が満開でしたわ。

DSCF9309_20100506094859.jpg

DSCF9315.jpg

御岳とのコンビネーションがとてもきれいな、
この景色が一番好きですわ。

ゴルフももちろんしましたよん。
結果は、ふふふ・・・。

ちなみに、たくさん仕入れてきた新鮮な山菜が、
びぎんには今日から、たくさんあります。
マスタがきっと素晴らしいお料理にしてくれます。
ワインもいっぱいありますから、是非!!!

んで、たまごんのGWは、
続く。




テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ



プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する