たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
お礼とお詫び
こんにちは、先週の連休はゆっくりしてきた、たまごんです。
今日は、臨時営業で、もう出かけます。
いやあ~、来週こそ、しっかり掃除するぞ!

んで、実は、昨日びぎんに来て頂いた、
とても上品な感じの女性お二人様。
帰り際に、たまごんのブログを読んでいただいているって
お声掛けいただきました。
ありがとうございます。

そして、ご予約をいただいていなかったので、
あとのお客様のお時間があり、
ゆっくりしていただけなくて、
もちろん、最初にお断りしたんですが、
それでも、最後は大変急かしてしまって、
本当に申し訳なかったです。
読んでいただいていたら、ここでもお詫びいたします。
すいませんでした。
もしよろしかったら、また、ゆっくりとおいでください。
ワインを飲んでいただけるように、頑張って、
お料理とあわせて、選びます!

では、出掛けてきます!
今日は、お祝いの会の営業です。

ワインいっぱい飲んでくださいね。


スポンサーサイト

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

トイレットペーパーとカップめん
昨日、びぎんの買い物で、トイレットペーパを買いにいったんだわね。
近くの、東心斎橋、ミナミの皆さんの、
ご愛用ともいえる、堺筋の角っこのスーパー。

な、ない!!!

トイレットペーパーの棚はスッカラカン。
カップめんの棚は、補充用と思われる、
ケースごと放り出したような、状態。

そういえば、他のスーパーでも、
カップめんをケース買いしている
何人もの人達を見たわ。

これには、本当に怒り、憎しみさえ覚えた。
テレビや新聞、我々西日本で生活している人間は
いろんな情報を目に、耳にすることができる。
それでも、こんな状態なのか!!!

被災地では、トイレットペーパーや紙おむつ、
水、食料品などが足りないんです。
各生産メーカーは、寄付したり、
生産能力を最大限にして、頑張っておられる。
それは、あくまで、被災地の方のため。
助け合おうと、必死なんです。
すべての物資は日本国内では、
供給量は足りていると、
新聞でも、会見でも知らしめられている。
けれど、不用意な、買いだめが進めば
供給が逼迫してしまうんです。
そんな簡単なことも分からないのであろうか!!!
そして、もし、足りなくなっても、
被災者の方に比べれば、
ずっとずっと、ずっと、普通の生活をしている私達。
少しくらい我慢してもいいではないでしょうか?

街を歩いていても、
「いやあ~、やっぱり不安でね、
トイレットペーパーや、お米とか買いだめしちゃったよ」
って、笑いを含んだ声が聞こえてくる。

たまごんは、本当に許せない。

被害は時間がたてば、もっと、広がってくるでしょう。
そのときに、交通網や、ライフラインが、
復旧していたときに、
普通の生活をできている、私達が、
今は何もできないかもしれない、私達が、
力を発揮するんです。
そのときに、肝心の物資、体力がなかったら
どうして、今頑張っている、被災者の方々、
現場の関係者の方々、
そんな方に、顔向けできるんですか?

節電のチェーンメールは、
善意が生んだ可能性があると思う。
けれど、買いだめは、己の欲を満たすだけのものだ!

天皇陛下までが、停電にご協力なさり、
ビデオでメッセージを送られている。

この、情けない、現状を目の当たりにして、
あまりにも、あまりにも、
感情が噴出してしまった。

皆さん、人間らしく、思いやりましょうよ。
今朝、福島の友人から、メールが来ました。
「実家の静岡に非難してきました。無事です。
でも、主人の無事を祈っていてください」って。
ご主人は、役場に勤めておられるので、
現場を離れることができないんだそうです。
自らも被災者でありながら、献身的に
不眠不休で、原発の不安にさらされながら、働いておられる。
本当に、想像を絶します。
今は、彼女の言うとおり、祈ることしかできない。

強く、強く思います。
センチな同情はいらない。
できる、身近のことから。
買いだめはやめましょう。
少しの我慢を。

テーマ:地震・災害対策 - ジャンル:ライフ

東日本巨大大地震
こんにちは。たまごんです。
更新頻度が低いのに、こういうときこそ、
ちょっと、書きたいと思います。

まず、大変な惨事、犠牲になられた方
今も戦っておられる方、避難生活で
大変な不便を強いられている方、
本当に心からお悔やみと、お見舞い、激励を申し上げたいと思います。

たまごんにも数人、仙台福島に友人がいます。
幸い、家族ともに無事だと連絡が取れました。
でも、やはり現地は大変そうで、
現地から何とか他の地方へ脱出したり、
私の想像を絶するものと思います。
また現地はもちろんのこと、
計画停電で大混乱している、首都圏もあります。

そんな中、平穏無事な私にできること。。。
普通に生活することだと思います。
現地の惨状が流れ、いろんな思いは交錯します。
けれど、私は安穏とした日々でいられる。
それは、もちもん、感謝すべきこと。
そして、被災された方を思い、憂い、哀しみ、
何か、協力できることはないかと思う。
人間として、当たり前の感情だと思う。
でも、今強く思う。
変な、センチな感情は無用、
かえって、ありがた迷惑だと思う。
だって、水やお米を送りたくても、
瓦礫のひとつ、取り除きたいと思っても、
一般人の私たちには、今できないんだよ。
自衛隊や、消防隊、救急隊、公の機関、
プロフェッショナルにしかできないんだよ。
だから、祈ること、しか、できない。
そして、こんなときだからこそ、
体力のある我々は、いっぱい、溜め込もう。

こんな状況を鑑みて、すべての計画をキャンセルする。
仕事はうわの空で、報道にかじりつく。
そんなことしたら、ただでさえ、壊滅的な経済状況なのに、
それに輪を掛けて、拍車掛けているだけでしょう。
私は、すべてのことをする。
こうゆう、有事になると、
一番先に打撃を受ける、サービス業。
もちろん、本当に実施できない場合もある。
被災地の方、東京の方、もちろんです。
でも、それ以外の方は、本当に、変にセンチにならず、
お金を回した方がいいと思う。
キャンセルしないで、今、に感謝して、
今を生きて、今生きれない人の分まで、頑張ろう。
そして、その利益を被災者の方々や、
復興に協力できる形にしようって思う。

落ち着けば、一般の援助品も受け付けられるでしょう。
ボランティアもできるでしょう。
義援金なら、今でも、受け付けてもらえるでしょう。

たまごんは、そう思います。
だから今日も、普段どうり、頑張ります。
少しでも、多くの人に、
「ワイン美味しかったです。来てよかったです」
って、笑顔になっていただけるように。
たまごんが、今までいろんな人に支えられて、
そうなったように、他の人に伝えたい。

すべての人、くじけないで!!!


テーマ:地震・災害対策 - ジャンル:ライフ

シャトー ベイシュヴェル 99 ヴィンテージ
3月になっても、寒い日もあって、
東京は今日は大雪だって・・
でも、三寒四温、ぼちぼち、温かくなっていくんですかねえ。

久しぶりに、高価なワイン、飲みました。

DSCF0671_20110307122630.jpg

“シャトーベイシュヴェル 1999”

もう、飲んじゃったあとです。
2日に分けて飲みました。

1日目は、さすが、12年たっているだけあり、
注いだ端から、芳しい香りが上がってきます。
カベルネらしい、土や青草の香りに、
あとから、果実の香りもあります。
飲み口は、まだまだ元気って思えます。
タンニンはまろやかになっていますが、
そのアタックはしっかりしていますわ。

合わせた料理は、ズバリ!
チーズだけですわ。
ブリーの熟成が進んだものを
ナメナメしまして、ワインを含みます。

DSCF0672_20110307122629.jpg

いいワインは、コルクもしっかり、
長いんですわね。
非常にいい状態でしたわ。

んで、2日目。

DSCF0675_20110307122628.jpg

全く、ヘタルことはなくて、
香りもしっかり、1日目よりも、マッタリした感じ。
スルスルと、飲めてしまいましたわ。

DSCF0674_20110307122629.jpg

このシンボルマークは、
もちろん船の、帆なんです。
この、お城の前を船が通るときに
「帆を下げよ」と、お城の公爵に敬意を払ったそうで、
その「帆を下げよ」のフランス語が、
この、ワインの名前にそのまま成っています。

うーん、素晴らしいボルドーを堪能しましたわ。
やっぱ、いいワインも飲まんと、いかんわ。

素晴らしいが、お店だと、
15,000円くらいには、なってしまうなあ・・・・

んでも、もし飲まれたい方は、コメントくださいませ。
お料理もあわせてご提供できると思います。





テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ



プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する