たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
京都和久傳と伏見稲荷
先々週は周年が終わり、福岡への旅。
非常にお腹がぐるじがっだ・・・が、素晴らしい旅でした。
福岡は住みたい街だわ。
んで、先週はたかじんの長期休養が発表され、
たまごんテレビ生活の大半を占める、たかじんがいないというのは、
人生の楽しみの30%くらいがなくなってしまうわけで、
も~、超ショックで、ブログも延び延びになり・・・

久しぶりの更新は、年初めの京都。
松の内、最後の日に、両親と待ち合わせて、
伏見稲荷へ、お参り。

DSCF1615.jpg

両親はJRで伏見稲荷へ、たまごんは、京阪で。
京阪は裏参道に着くんで、

DSCF1618.jpg

表参道に移動したら、びっくり!!!
すごい新しくなっている。

DSCF1617.jpg

お稲荷さんも超きれいになってるわ。
そういえば、去年、1000年なんとか・・・って書いてあったような気がするわ。

DSCF1619.jpg

たまごん一行は、上の神社へ移動。
いつもここまでしか来んけど、もっと上もあるんだに~。

DSCF1637.jpg

お払いとおまいりを済まして、向かったのは
“和久傳 室町”
本店の高台寺より、大分お値打ちなんだわね。

DSCF1636.jpg

ずっと前、8年位前かな、高台寺へはイタリア人を連れて案内しましたわ。
堀コタツもすべて漆塗りで、掛け軸や、屏風も素晴らしかった。
器もすべて完璧で、お味ももちろん。。。
で、今日のお昼はリクエストしたんだわ。

DSCF1620.jpg

まずは、和久傳オリジナルのお酒で乾杯。
今日は9200円のコースですわ。

DSCF1623.jpg

たまごんは、黒ラベルを注文。
んだら、こんな袴が。
うれしいですな。懐石のお店では常識だけれど、
こういった松の葉も今では、あまり見かけない光景。
これが、値段に含まれているってことだわさ。

DSCF1621.jpg

んで、白子蒸し。
文句なく、美味しい。

DSCF1622.jpg

ただの白子茹でたのとは違うわ。
やっぱり、老舗は出汁が違う!

DSCF1625.jpg

お造りは平目の昆布〆。
この、ツマが泣かせの1品。
梅大根おろしなんだわ。これを平目で包んで食べると、
めっちゃ、オツで、最高だったわ。
老舗であり、新しい味も探求する。
これ、いいお店の証拠だわね。

DSCF1624.jpg

これは、お正月的なお料理。至って普通ではあります。

DSCF1626.jpg

椀物、なーんだ、普通の塗りかと思ったら、

DSCF1628.jpg

しっかりと、蒔絵が!!!
素晴らしい器。
やっぱり、懐石は器だわ。
プラスティックでは感じられない、木の当たりが唇にうれしい。

DSCF1627.jpg

懐石料理の華ともいえる、椀物。
澄みきった、お出汁の味わい。
その上で、下味のついた、お野菜やカラスミが生き生きしてくる。
やっぱり、和久傳好き!!!!!

DSCF1629.jpg

鰤の照り焼き。
個人的に、織部の器がすき。

DSCF1630.jpg

だいたい、中途半端な和食店の鰤の照り焼きは
パッサパサで、好きではないけど、
もちろん、こちらのは、そんなはずもない。
んで、それよりも、たまごん的お気に、だったんが、
この、梅肉餡。
鰤にすばらしく合った。
平目の造りと梅は重複したが、それでも感心したお味。

DSCF1631.jpg

お決まりな、ぐじ(甘鯛の一夜干し)のかぶら蒸し。
非常に、きちんとしたお味でしたわ。

DSCF1632.jpg

最後は、お焦げ付きご飯、白米です。
香の物が美味しかったのは、言うまでもないですわ。

DSCF1633.jpg

水菓子はみかんのゼリー

DSCF1634.jpg

全くもって、文句なし。

DSCF1635.jpg

と、中華風の揚げだんごみたいなの。
これは、両親はすごく美味しがっていたが、
たまごん的には、ちいーと油こかった。

んでも、絶対的に大満足なお食事でした。
やっぱり、今度は本店高台寺に行きたい!!

DSCF1639.jpg

和久傳からでると、な、なんと、えびっさんが!!!

DSCF1640.jpg

縁起がいいよお。近くに神社があってそっから出てきたみたい。

DSCF1641.jpg

お太鼓さんも賑やかだわ。

DSCF1642.jpg

今度は七福神が!!

DSCF1643.jpg

福娘は超美人。
いやいや、いいもん見ましたわ。
京都プチ旅行は終了。

ところで、話は全然変わりますが、
東心斎橋にあった、釜飯のお店“陽”さん。
かわいい、ミニチュアダックス、茶々丸が店長のお店。
他のお店に変わっていたんですが、
どなたか、詳細ご存知の方、コメントください。
茶々大好きだったのに、すごく、寂しいたまごんです。。。




















スポンサーサイト

テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

庄内 温泉のお正月 最終編
ようやく、お休みです。
腰が痛い・・・と思いつつ、
やりたいことはたくさん、でも、マッタリしたい、たまごん。
ああ、時間が欲しい・・・

で、お正月は最終編です。

2日目の晩御飯。温泉三昧でマッタリした後、
昨日と同じダイニングへ。
そうそう、ここのダイニングは床暖房ですごい温かいんだわ。

DSCF1592.jpg

前菜は、お正月を意識させる感じ。
もちろん、前日に続き、びいると、日本酒をたくさん頼む。。

DSCF1593.jpg

お造りは、平目に、鰤の昆布〆、烏賊、鯛と。
市場お休みの最終日なので、これはすごい頑張ってるラインナップと思う。
たまごんは、じつはそんなに刺身は好きではない。
もちろん、嫌いではないんだけど、アテに、
チビッチビって食べるのが好きなんだわ。
しっかし、うちの母は、モソモソたくさん食べる。
喉に詰まらんかなって思うくらい、
すごいスピードで、モソモソ食べる。
つーわけで、たまごんと父のお刺身は、半分以上母へ。

DSCF1594.jpg

おーほほほ!!!蟹です
もちろん、そんな極上ではないが、たまごんには、天国
これは、逆に父母のとも、ほとんど、たまごんが頂きました

DSCF1595.jpg

これは、まさに地方食!、庄内地方のお料理だわさ。
「あさつき」ってことだったけど、これは、わけぎとか
らっきょとか、そんな感じのお野菜。
んで、えごのりを寒天で固めたもの。
来週行く、福岡では、「おきゅうと」って呼ばれるものだよね。
素晴らしく、美味しい味付けだった。

DSCF1596.jpg

これも、酒田近海の寒ブリの炊きもの。
下に隠れてる、お野菜も清んだお出汁で炊いてあって、
非常に非日常を感じられる、一皿でしたわ。

DSCF1597.jpg

んで、メインは出ました!和牛ですわ。
しかも、米沢牛。
柔らかいお味。期待を裏切らないお味。

いやいや、今夜も堪能って、思いたかったが、
なにしろ、すごいスピードで提供された。
このお肉は、まだ、蟹を食べているときに出てきた。
たまごんたちの今日の夕食は7時。
確かに6時よりは遅い。
いくら、板場が早く終わりたいからって、酷いわ。
しかも、こんなにたくさん、飲んでいるのに・・・
サービスの人は、たぶん板場が怖くて、言えないんでしょう。
よくわかる、気持ちは。。。。
経営者と板場がイカンのだと思う。
やっぱり、こういう、温泉旅館とか、料亭は
常に、女将がいないとイカンと思うわ。
ここの社長は、40ソコソコで、もちろん跡取り息子。
奥さんは子供が小さいからって、こともあり、
朝のチェックアウト時に少し、フロントに立つ程度だそう。
ここの、亀やさんは、お料理も、温泉も、雰囲気もよく、
なんていっても、現地採用のサービススタッフ、が素晴らしかったからこそ、
この夕食は大変、とーーっても、残念だったわ。
この提供スピードのおかげで、
お肉を食べるころには、すっかり冷めてしまって、興ざめでしたわ。

DSCF1600.jpg

まあ、翌朝、またしても、両親いびき2重奏の中、熟睡し、
朝風呂へ直行。
地元コンビニで、なぜか、小樽ビールがあり、
これを2種類、楽しみましたわ。
やっぱ、北海道はサッポロさん、強いわね。
どっちも、美味しかったわあ~

DSCF1602.jpg

朝食は、またしても、美味しいサラダ。
平田牧場ハムも昨日同様、堪能しつつ。

DSCF1603.jpg

また、ご馳走朝食。とくに、鰆は、味噌がしっとりして
脂もノリノリで、お代わりしたかったわ。

DSCF1604.jpg

そうそう、この庄内地方は、納豆も名物みたい。
この、納豆もすごぶる美味しかったし、
スーパーにも、納豆やお豆腐が豊富でしたわ。

DSCF1609.jpg

DSCF1608.jpg

こちらのお宿は、日本海まん前なんで、
しっかり、演歌ど真ん中の、海を堪能!!!
たまごん、雪、荒れた日本海、大好き

DSCF1610.jpg

帰りは、酒田市へ行きました。
この、雪!!、おしんの舞台にもなったところ。
素晴らしい!!!!

んで、お買い物も済ませ、庄内空港へ。
って思ったら!!!!!

DSCF1613.jpg

な、なんと、13:10着の羽田からの飛行機がまだ着いていない。
風と雪、除雪作業で、飛行機が降りられないんだって。
ひょえ~
ま、マジっすか???
たまごん、羽田から乗り継ぎで伊丹なんだよお~。。。
飛行機飛ばなかったら、新幹線周りで、今日中に大阪に帰れないよ!!!
たまごん、明日から仕事だよ。
ぎゃおおおお~
慌て、フタメクたまごん・・・
まあ待つしかない。。。たまごんたちのフライトは、14:15のはずだったの。
14:30には羽田に引き返して、欠航になるかどうかが決まるんだって。
そんな、たまごんを尻目に母は
空港内のお土産や産をぶらぶらし、お買い物。。。。

DSCF1614.jpg

ってしたら、着いたああああ

んでも、庄内空港でなかなか飛び立たず、
羽田には1時間半遅れで到着。
ほーんと、ビクビくでしたわ。。
両親は新幹線乗換えで、名古屋へ。
新幹線が品川に止まるようになって、
京急と接続できるようになって、ほんと、羽田から新幹線が便利になったわね。
たまごんは、乗り継ぎで伊丹へ。
この国内線乗継がまた、本当に便利。
ほんの、10分で乗り継ぎ出来るわ。

んで、無事帰宅し、庄内鱈で一人鍋。
すごい、新鮮!!!
酒田港であがった、ズワイガニは、おっきいの、を
1400円で市場で購入。
これがまた、非常に素晴らしいお味だった。

いやはや、食べ正月、温泉で、楽しめましたわ。
んで、恒例の伏見お稲荷さんは、この次の週に。
では、では!!!


テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

庄内湯の浜温泉 その2
前夜は両親のいびきを子守唄にして、熟睡だわ。

DSCF1607.jpg

もも、翌日は雪景色!
たまごん、雪大好き!!大興奮。

DSCF1589.jpg

DSCF1568.jpg

お宿のお庭にもきれいな雪景色が。

DSCF1564.jpg

朝食は、このサラダバーバイキング。

DSCF1565.jpg

ドレッシングも庄内名物、紅花を使ったもので、
これが、お代わり3度の大、大、大、美味しかったわ。

DSCF1566.jpg

他、もろもろ、おしゃれな割り子で、
もちろん、朝からび~いる
んで、お部屋で一寝入り
これが、休みの極楽だわ~

DSCF1572.jpg

お出かけは、タクシーで。
レンタカーしようと思ったけど、この雪ですっかり道はアイスバーン。
庄内観光館は地元のお土産、
平田牧場の豚さんたちや、お酒ワイン、お魚まで。
この日はまだ市場休みだから、明日でお預け。

DSCF1578.jpg

DSCF1577.jpg

続いて、向かったのは、庄内神社。
元旦はすっごい人だったそう。

DSCF1579.jpg

立派なお庭があり、お池は氷も張って、

DSCF1580.jpg

DSCF1581.jpg

DSCF1582.jpg

もう、もう、一面雪で、もうもう、感動で。
「ダイブ」とか一人でしてしまったわ。
雪が水分を含んでいないので、べたべたにもならない。
雪、雪、バンザイ!

DSCF1573.jpg

続いて向かったのは、鶴岡教会。
カトリックで、とっても由緒があり、
ここも雪化粧で、きれいなの。

DSCF1574.jpg

ステンドグラスもしっかりしていて、
パイプオルガンもあり、
小さくても、やっぱり本物はイイ!

DSCF1575.jpg

そして、ここは世界で唯一、黒いマリア様がいるの。

DSCF1576.jpg

マリア様はカトリックにとっては、特別な存在。
どうしてここ、鶴岡に祭られたのか調べてみたい。

DSCF1588.jpg

厳粛な気分をあとに、お昼ご飯は、
鶴岡名物“麦きり”を食べに、
タクシーの運転手さんオススメの“寝覚めや 半兵衛”へ。

DSCF1583.jpg

ここでも、びいる~
亀やさんもそうだけれど、キリンブラウマイスターがあちこちで、飲めるのがうれしい。

DSCF1587.jpg

お酒を頼むと、自家製のお漬物が。
これは、干し大根のべったらみたいなのなんだけれど、
全部自家製で、どれもこれも最高のアテ。

DSCF1585.jpg

晩御飯もご馳走なんで、軽く、麦きり、と、

DSCF1584.jpg

御そばを注文。各1人前ずつを3人でわけわけ。
この麦きりは、しっこしこで味もなんだか甘みがあり、
本当に美味しかった。まあ、ここは自家製麺だけれど。
反対にお蕎麦は不思議な感じだった。
うどんの蕎麦風味???見たいな感じ。
持ち帰りも出来るのだけれど、賞味期限が1日しかなく、
やっぱ、麺類は、打ちたて、茹でたてが基本なんでしょうね。

DSCF1571.jpg

途中、地場のスーパーに寄って、

DSCF1590.jpg

東北ホップを使った、限定黒ラベルを調達。

DSCF1609.jpg

DSCF1608.jpg

宿に戻り、雪景色を見つつ、お風呂三昧で、一本ぷはあ~

今晩の晩餐へ続く。







テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

新年は庄内湯の浜温泉で
2011年大晦日と、2012年元旦、2日と
くろくんと一緒に過ごしたたまごんは、
3日から、名古屋新幹線→羽田→庄内空港で
初、山形!、もち、初庄内で、
湯の浜温泉という、鶴岡市の日本海側、で温泉三昧で過ごしております。
くろくんは名古屋に置き去りで、
両親とぬくぬくしております。。。。

行き先は何で決めたかというと、
ずばり!、マイルとか、格安でいけるとこってわけで、
んだけど、名古屋からは、なかなか直行便がないんだわね。
んで、新幹線、品川→京急 羽田ってことで
行ける所を探したら、山形庄内って行き着いたんだわね。
んでも、もち家族全員行ってないし、
行きあり温泉ありだもんで、即決定したわけ。

宿泊先は亀やさん、ですわ。
天皇皇后陛下もお泊りのお宿と聞いては
やはり、美智子様とご縁のある、たまごんはテンションあがります。

DSCF1547.jpg

こ、これなんですわ!!

DSCF1546.jpg

この日本海を、たまごんは見たいんです。

お風呂に夕食までに3回は、頂きまして、
ダイニングルームへ。

DSCF1548.jpg

明治創業みたいですが、しっかりキレイにRENEWで、大好感ですわ!

DSCF1551.jpg

まんずは、生ビール、ブラウマイスターを頂、
庄内地酒に突入!
このリーデルのグラスも素晴らしいんですわ。

DSCF1550.jpg

お料理は、完全会席風で、お献立もありましたわ。
まずは、八寸。
まあ、アテばっかりで、マイリましたわ。
このあたりで、母も日本酒暴走気味・・に。

DSCF1554.jpg

お正月で市場休みだから、仕方ない・・・
でも、演出は最高!
この、花板さん、すっごくセンスあるわ。

DSCF1552.jpg

この、椀物最高だった。
お出汁ももちろん、ゴマ豆腐、お大根、
結野菜まで、手抜かりなし!

DSCF1553.jpg

お正月らしく、金粉も忘れていない。

DSCF1557.jpg

んで、この、焼き物がまた、いい!
サーモンはいい味噌床で漬け込んであり、
ポテトサラダを添えて、「サラダ焼き」と称し、
はじかみも自家製、蕪はこの上なく甘く、もちろん地物。
それに付ける、ねぎ味噌の完成度の高いこと!!!
たたみいわしは、骨鰯って書いてあって、驚愕!
このたたみいわしと、はじかみで、凧揚げをイメージしてるんだよね。
ポテトサラダは、雲だわね。
すごいわ、感動もん。

DSCF1558.jpg

この、山形酒田市の大名物となった、
平田牧場、三元豚、マディラ酒の風味で。

DSCF1560.jpg

鮑ご飯と、このお味噌汁も美味しかった。
赤味噌贔屓のたまごんが言うから、間違いないよ!

DSCF1562.jpg

デザートも新年らしく。

DSCF1570.jpg

よし、今年も頑張ろう~











テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

やっぱ、犬はいい!
大晦日から黒くんと一緒に過ごしてます。幸せ

つーわけで、少し、くろくんを

DSCF1528.jpg

DSCF1530.jpg

DSCF1540.jpg

やっぱり、かわいい~

明日は、両親と山形鶴岡へ。
んでも、新幹線で乗り換えって、
しかも、座れんって・・どーゆーこと

まあ、2時間頑張るわ・・・

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

あけましておめでとうございます
明けましておめでとうございます。
今年は頑張って、たくさん、更新したいです・・・

大晦日は生まれて初めての、
家事代行を頼みまして、3時間で1万円でピッカピカにしていただきまして、
年賀状も、生まれて初の外注、インターネットで、
(12月にプリンターが壊れた・・・、もう買わん!!!)
んで、何とか近鉄で帰れて、
大晦日は実家でくろくんと、過ごせました。

今日は近くの神社へ、両親とくろくんと散歩がてら、
初詣も済ませることが出来、
ただいまから、おうちにて、宴会の準備!

今年もよろしくお願いします。


テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ



プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する