たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
たまごんの休日
びぎんはすごい久しぶり、に連休。
マスタのお引越し係のため。
ゆっくりできるんで、久しぶりに実家の名古屋で過ごしましたわ。

日曜日は、すぐ、くろくんと遊び、おうちごはん。
すっぽんをゆっくり焚いて、すっぽん鍋と、日本酒で過ごしましたわ。
すっぽんは、試したんだけれど、ワインとは合わん見たいで
日本酒で通しましたわ。
くろくんも、ウハウハで、一緒に楽しみましたわ。

んで、翌日は、両親は御岳に湯煙バスツアーへ。
スタコラサッサと出かけたんで、
たまごんは、くろくんとお散歩で楽しみ、

DSCF1711.jpg

普段ゆっくりいけないんで、お墓参りに。
きれいな梅と桃が咲いていましたわ。
墓地もいいと思う。

DSCF1710.jpg

たまごん縁のお墓は、2つあるんだわね。
1個は、母親のじじばばのお墓。
これは、平和公園って、名古屋では一番大きな墓地で、
こういった梅、桃のほかにも、桜もすごいキレイ。
動物愛護センターもあるよん。

んで、もう1個は、父親のほうのお墓。
大きいパパと、アーちゃん、という呼び名であった、
祖父母他、代々の縁の方々が眠るお墓。
こっちには、何十年もたまごんの早世した弟もいた。
たまごんは2歳だったらしく、全然覚えていない・・・
写真しか知らんのだわね。
場所は、まあ、名古屋郊外、い、イナカ、です。
両方とも車がないと、中々、不便ですわ。

DSCF1713.jpg

んで、お昼はここ!!!
名古屋ラーメンの、代表格。
“好陽軒”
まあ、ラーメンの写真は、皆さんがUPしていますんで、
たまごんは、敢えて撮りませんでしたわ。
シナチクがいいと思っているんで
たまごんは、シナチクの大盛りを注文。1200円なり。
チイーと高いが、総本家である、好来の流れのお店の中でも
たまごんは最も好きだわね。
みなさんも、是非名古屋に行ったら、この名古屋的ラーメンを
召し上がっていただきたい!!!
ちなみに、名古屋ラーメンとか、名古屋的ラーメンは
あくまで、たまごんが勝手につけた名前ですわ。
んでも、他の地方では見つけられない味で、
特に、シナチクは素晴らしい!!甘くないんだわね。


んで、名古屋外食日記へ続きますが、とりあえず、

DSCF0668_20120329115733.jpg

くろくんのかわいい写真で、

DSCF0670_20120329115734.jpg




スポンサーサイト

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

最近のワイン
はい、お久しぶりです。
すいません、全然まともに更新していなくて・・・
なんだか、気分が乗らないんです。。

というわけで、ここんとこ、飲んだ、美味しいお酒をご紹介。

DSCF1544.jpg

実家で飲みました。2本、熟成が進んで、美味しかったですわ。

DSCF1543.jpg

まずは、シャサーニュモンラッシェ、プルミエクリュ クロサンジャン。
シャサーニュモンラッシェは、白が有名だけれど、
赤ワインも、素晴らしいのが、あります。
最初に教えてもらったのは、新人で担当させてもらっていた、
名古屋東急ホテル。
ここは、全国の東急ホテルチェーンの中でも、
突出して、高級ホテル。
安いだけでなく、とにかく質に拘っておられた。
バブルが弾けた後も、その姿勢を貫いておられた、素晴らしいホテルでした。
その、名古屋東急さんの結婚式のワインリストにオンされていたのですわ。
結婚式のドリンクは、当然飲み放題。
だから、すごい数が消費される。
そう安くはない、むしろ高額な、そして、メジャーな白ではなく
このワインを使用することについて、尋ねたことがありました。
当時の仕入れ支配人は、
「シャサーニュは、白だったら当たり前でしょう?
赤だから、いいんです。」
と、希少価値とはなんなんだ?
いうことを体感で、教えてもらいました。
大学出たての新人で、ワインのことはもちろん、
営業のいろはもわからない、女の子(当時・・・)の私を
本当に温かく、色々指導して、導いてくださった、
このときのお得意先、また帳合の酒販店さんのおかげで、
たまごんは何とか、現在も酒類を扱う仕事を続けていられます。
名古屋市内のホテル50店くらいを担当させてもらいましたが、
本当に、今も感謝しています。

このクロサンジャンは、シャサーニュでも、とってもいい畑です。
作り手も素晴らしいんですが、
やっぱり、価格クラスによって、買度、が違ってくる。
このクロサンジャンだって、ヴィンテージによっては
飲み頃が違ってくるんですわ。
この、01ヴィンテージは、もう在庫はありません。
やっぱり、ブルゴーニュっていいわあ~と、
実感できるワインでした。

DSCF1542.jpg

んでもって、もう1本ですわ。
ニュージーランド、ワイヘキ島のケネディポイント。
オークランドから船で30分くらいで着く、
素晴らしい景観の島です。
これは、たまごんお気に入りのワイナリーのひとつ、
ワイヘキに行くたんびに、訪ねて、
オーナー夫妻が日本へいらした際は会場にも出かけ、
ちゃっかり、ワインまで頂戴してしまった・・・
ここのオーナーはワイハのご出身、
ご主人は日系の方で、苗字には、Kunimura さんの文字があります。
といっても、日本語は全くお話になれません。
でも、すっごく気さくな、ワイン職人なご夫婦です。

これは、NZに住んでいたときに、購入して、
自宅のセラーで置いておいたもの、
10年経って、ホーンとコナレテ来ました。
香りも、青っぽい若いカベルネではなく、
ちょっと、煮詰めたスモモ見たいなジャム香さえします。
もはや、タンニンはすっかり溶け込み、スルッスルっと飲めました。

DSCF1649.jpg

そしてこれ、もう冬は終わりですが、
ジビエ料理、ちょっと、香りのある、子羊料理にもいいです。
ダンデゾンのトップキュベ。
シラー100%ではなく、少しだけ、ムールヴェードルを入れています。
前はシラー100%なんですが、なんだか、フランスのワイン法の変更により、
味わいを重視するとのことで、こうなったそう。
んでも、透明感がないほどの色の濃さ、
ラベル通り、紫がかった妖しい色合いですわ。
それだけでも美味しいですが、少し、香りのあるお肉を
食べるとすごい不思議、味わいがスコーンと変わります。
これこそ、ワインマジックですわな。

ちなみに、びぎんでは、これの通常クラスのを置いています。
評判もすごく良くて、喜んでいただけるので、いつもうれしいですわ。
これは、ちょっとお高めなので、飲まれたい方は別途ご相談くださいませ。

そして、自分で作った自画自賛。

DSCF1645.jpg

はい、アンキモです。

DSCF1647.jpg

アップでも美しいわあ。。
たまごんは、国産に拘ります。
これは山口産ですわ。
1時間ほどお塩をしておきます。
その後10分くらい、ビニール袋の中で、お醤油とお酒でマリネ。
んで、お酒で洗い、ラップとアルミホイルで巻き巻きして、
蒸し器で20分蒸し上げますわ。
そして、重要ポイントは、すぐ食べずに4日から1週間位待ちます。
もちろん、これには日本酒ですわな。
ワインじゃあ、ありません!!!(断固
すっごいコクで、まろやかで、
これだけは、プロにも勝ったと思いましたわ(笑

DSCF1530_20120322123554.jpg

んで、かわいい、くろくんシリーズ。
大好物人参を狙っています。

DSCF1540_20120322123553.jpg

狙っています。

DSCF1528_20120322123555.jpg

色々食べれて、ご機嫌さんです。




テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

今日は3月11日です
大変ご無沙汰しています。

今日は3月11日です。
私は生きている限り、忘れられない日です。
阪神大震災よりも、なぜか心に迫ります。
津波の脅威を感じたからでしょうか。

今、大阪に住んでいる私は、その影響は本当に少ないです。
電気も使えます。
物資もさして、足りないことはありません。
だから、お金を使うようにしています。
やっぱり、東北のお米やお酒、ワインも、旅行へも
出来る限り、使っています。
すごく、少ないし、出来ることもショボイけれど、
言うだけ番長よりは、マシかな。と思っています。

去年福島に住んでいるお友達は無事でしたが、
もちろん、何も出来ることはなく、
その友達に「祈ってください」ってメールをもらいました。
心の叫びが聞こえて、非力な自分を痛感しました。
でも、なんでも、思うことも大切だと思う。
忘れてはいけないと思う。

そんなことを考えて、思いを馳せて、
また自分に出来る限り、いろいろ頑張ろう。

ちょうど、このころ、三朝温泉へ家族旅行を計画していました。
災害の大きさを目の当たりにして、
母親は「そんな気分になれない」とこぼしていました。
でも、私は反対した。
そんな中途半端な、センチな感情はいらないのだ!
私たちに出来ることは、せめて、お金を使って、
少しでも経済をまわすことだって。
今も、そう強く思います。

とりあえず、ワインを売ろう!

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:心と身体



プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する