たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八戸の鯖!!!
今日もやや暑いくらいの、いい天気ですな。

さて、昨日届きましたのは、八戸前沖鯖です!
なんと、一昨日の昼前まで八戸で泳いでいて
びぎんに、昨日の2時に到着!
それを、マスタが、軽~く〆ただけの、
とびっきり、すぺさるな、お料理になりました。
また、奇なるもので、今日の日経新聞の特別版に
その、八戸の鯖の話が掲載されています。
この、八戸の鯖、新鮮でも身がちょっと、茶色っぽいんです。
とくに、大きい500以上のものは「銀さば」なんて呼ばれています。
ちなみに、びぎんに来たのは、800G以上だよん

とにかく、マスタの〆具合と、オリジナルソースは美味しいです。
この、素んん晴らしい、八戸前沖さばを引き立てていますわ。
んだもんで、今日も、それにぴったりな、
甲州の特別版、穂坂収穫辛口を、グラスで開けようと思います。
もちろん、飲んでくださる方がいらっしゃれば・・・ですが。

今日は、おかげさまで早い時間は満席ですが、
もし、遅めでもよろしければ、是非、グラスワインと鯖
また、美味しいアテ、今日はハムみたいな、パテみたいなの、
バロティーヌ2種がオススメかなあ~。。。
これは、赤ワインがぴったり!!

是非、是非、ワイン飲みにいらしてくださいませ。

スポンサーサイト

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

たまごんの東北旅行 5
今日は、金曜日、わいん屋びぎんです。
今日はですね、とびっきりのお魚がびぎんに届くはずなんです。
それが、マスタの手に係り、素晴らしいお料理に変身すれば・・・

白ワインは、お魚に合う、日本のワインをお出ししたいと思います。
この甲州種は、そのまま単体で飲むと、
「うむ」みたいな、辛口なんですが、
お魚とあわせると、真価を発揮します。
特別に区切られた畑で作られた、葡萄で作られたワインです。
日本風のお魚、〆鯖とかに代表される、大阪名物きずしの類、
殻から開ける、赤貝やとり貝、これから、おっきくなる牡蠣など
生や、酢の物で美味しい貝類、
河豚、カワハギなんかの肝も添えられた、白身の薄造り。
これら、日本人に生まれて万歳!みたいな、和食の粋は、
残念ながらワインには、全く合いません!
濃くてタンニックな、赤ワインなんて絶望的
たまごんも、大概は、日本酒をいただきます。
でも、この甲州はイケます。
美味しい、きちんとした作りの甲州は、素晴らしいです。

つーわけで、今日は、ご用意したいと思います。
もし、お魚料理が流れた場合は、
ブルゴーニュ、オークセイデュレスの白、2005ヴィンテージ、
コナレタ感じで、白ではこの熟成は珍しいですわな。
ミネラルもしっかりした、カチっとした白です。
これをご用意したいと思います。
お客様がたくさんいらして下さったら、両方開けちゃいます

赤ワインは、初めてのイタリアです。
サグランティーノ・モンテファルコ これもヴィンテージ、コナレテます。
と、ウンブリア州のメルロー100%、これも2006年、イケマスよ!

では、では、八甲田山ロープウエイに乗ります。

DSCF1147.jpg

DSCF1148.jpg

DSCF1149.jpg

DSCF1150.jpg

まだ少し、紅葉には早かったですが、やっぱ、山はいいですな。

DSCF1150_20121022124139.jpg

DSCF1152.jpg

DSCF1154.jpg

ロープウエイで登ると、ちいと、色づいておりましたわ。
ちょっと、曇ってきて、見晴らしは普通でしたが、
映画の撮影なんかもあった場所らしく、
若き日のソフトバンクおとうさん白犬(北小路欣也)もパネレってましたわ。
この山頂にもレストランあって、これが、ご当地の食材ばっか使っているのね。
以前なら、こういう観光地では、ありきたり喫茶店メニューだったのに、
うん、いいこと、地産地消大好き!!!
また、こっから本格登山される方は皆さん、65は超えておられると拝察でき、
しかもすべて女性で、すごいなあ~と感心したりしましたわ。

DSCF1159.jpg

今日のお宿は、陸奥です。
ううもお、、、、すっごい好きな町でしたわ。

んで、その前に向かったのは、青森市。
お昼はこの青森の市場で、のっけ丼なるものをいただきました。
たまごんの、写真は、あまりにも、汚いのでありませんが、
青森古川市場で、詳しく説明されています。
いわゆる、業務の方が来る、市場なんですが、
一般消費者のために、お刺身やお惣菜などを
とっても小さいサイズ、100円とか200円とかで、売っているんです。
で、それに、地元のきのこが入った味噌汁とつがるロマン、
のごはんに、自分で好きなように、乗っけて食べる、
で、「のっけ丼」なんですわ。
すごくいいんですが、ちょっと、寂れていて、
何か物悲しくなりましたわ。
青森駅自体はすごく立派なのに、周りはほんとに閑散としてました・・・

皆さん、韓国や香港、ガムもいいですが、
われら日本人、東北へ行きましょう!!!
んで、お金をいっぱい使いましょう。
ほんと、素晴らしいところです。









テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

たまごんの東北旅行 4
また、1週間の始まりですな。
先週のわいん屋びぎんでは、タイ記録更新でしたが、
土曜日のお客様方がすごく、ワインを気に入ってくださり、
また、ショレイボーヌの05ありますか?って、たまごんのブログを見て
お電話くださる方もいらっしゃり、大変うれしかったです。
頑張って、いいワイン探しますね。

そいで、秘境猿倉温泉へ到着。
なんと、源泉が4個もあり、今日のお宿はロッジ風の1軒屋で
2階建ての木目調、凝ったな感じで
お部屋にも露天風呂が付いており、
本館のお風呂も2箇所あり、たっぷり楽しめるというわけ。
ちなみに、すぐ近くの蔦温泉しかり、
1つの温泉に付き、1つのお宿しかないんだわね。

DSCF1138.jpg

十和田湖&奥入瀬渓谷を楽しんだ後なんで、
お風呂に早速浸かり、すぐご飯。

DSCF1141.jpg

また、お酒のつまみばっか(笑

DSCF1139.jpg

当然、日本酒注文。
ここのオリジナル日本酒って言うから、期待したら、

DSCF1140.jpg

な、なんと!!!純米はもちろん、大吟醸の生!!
モチ!地元の作り手。
大阪では、決して飲めない、こういう銘柄が楽しめるのも
旅行のお楽しみの1つだわね。

DSCF1142.jpg

今日のお料理の一番はこれ。
岩魚の塩焼き。
普段食べるのより、断然身がふっくらしてて、味がきれいだった。

猿倉温泉は、本当に湯量も豊富で、この旅行では1番いい湯と感じましたわ。
こっから、十和田湖へ温泉が運ばれています。

DSCF1144.jpg

翌日大満足で、八甲田山へ出発。
その途中、素敵な沼、温泉で、湯気が出ている沼。
紅葉がきれいでしたわ。

DSCF1145.jpg

と思ったら、すぐ近くの温泉へ寄り湯。
酸ヶ湯温泉、すかゆおんせん、って読みます。
この温泉が、本当にこの文字通り、酸性で、しかも、キツイんですわ。
たまごんは、いい気分で上げってきたら、足と手が真っ赤か!!!
急いで湯船に戻り、ボディソープで洗いました(笑
でも、ここも、超秘境でいいところでしたわ。

DSCF1146.jpg

っで、八甲田山へロープウエイで向かいます!





テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

ショレイボーヌ 2005
いい天気で、秋もど真ん中ですね。
そうそう、赤ワインの美味しい季節ですよ!

昨日の深夜までオープン、ワイン屋びぎんは・・・・
タイ記録更新・・・
おまけに、この美味しい、ショレイボーヌが、
たまごんテイスティングだけで・・・・

というわけで、本日のお客様、特別にグラスで
この素晴らしい、ブルゴーニュのピノノワールが楽しめる、
ショレイボーヌ 2005!
熟成感もたっぷりです。

ブルゴーニュ好きのあなた、
そこのあなた様です!!!
本日も、こちら、ご用意します!!!
是非、ご注文くださいませ。
お待ち申し上げております。

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

今日は金曜日、わいん屋びぎんです
今日はうってかわって、いい天気
気持ちよく、頑張りたい金曜日です。

今日は深夜2時閉店の、わいん屋びぎんです。
23時ころから冷たいオードブルと、飛びっきりのワインでお待ちしています。

今日の白は、シャブリ!なんですが、ちょっと違います。
作り手は、今も活躍するフランスの貴族たちが、
自分たちが飲みたいワインを造ろうとして
立ち上げたワイナリーなんですわ。
だから、シャブリでも、古木ばっかから採れた葡萄を使う
“ヴィエイユ・ヴィーユ”、ヴィンテージは2006!
たいぶんと、シャブリのイメージが変わるワインです。

赤は、久しぶりのブルゴーニュ。
ショレイボーヌのヴィンテージ、2005。
ももも・・・ブルゴーニュ、ピノノワールの底力、
芳しいプラム香が弾ける様な、素晴らしい赤です。
この作り手は素晴らしい、頑固おじいさんです。

開けてみて、ブショネだったり、
状態が悪かったら、他のものに変更しますが、
普段グラスでは、ご用意できない、クラスの高いワインをご用意いたします。

是非、ワイン好きな方、びぎんへ、お出かけくださいませ。


テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

今日から再開です!!!
今日から、びぎんは、通常の営業です。

ワインも、いっぱいあります!

マスタ特選、アグー豚にあう、しっかりした白ワイン。
大間のカマには、白よりも軽い赤がいいと思う。
だって、このカマは、まるで、お肉!だって、思うお味なんです。

高知の伊勢えびは、マスタお得意のグラタン仕立てかな。。
クリーム系のおソースには、ブルゴーニュ・シャルドネ、
フフフなくらい、美味しいブルシャルですわ。

とびっきり!新鮮な高知トレトレの鰹は
エーデルピルスでグビっと飲み干して食べ干してほしいです。

つーわけで、美味しく、飲んで、食べてください。
皆様のお越しをお待ちしております!!

たまごんの東北旅行 3
なまはげ館では、なまはげの歴史を展示してたり
実際のなまはげの様子をTVで流していたりして、
知らない事実がいっぱいで、以外に面白かったんですわ。

DSCF1102.jpg

中でも一番のオススメは、これ、
なまはげの装束をさせてくれて、記念写真を撮ってくれます。
ううん、これは本と記念になるわ。

DSCF1103.jpg

DSCF1104.jpg

DSCF1105.jpg

DSCF1106.jpg

DSCF1107.jpg

DSCF1108.jpg

中には、村によっていろいろ違う、なまはげがいて、
いっぺんに、展示されているんだわね。
注意書きに、「個々のお面の撮影はご遠慮ください」って言うような注意書きがあった。
村の名前とかもあって、ほんと、見応えありでしたわ。
期待を裏切られ、来てよかったですわ。

DSCF1109.jpg

館内のテレビでは、実際の年末のなまはげの様子が
再現されている映像が流されていて、
その横にも、なまはげがいるんだわね。
ちなみに、こういう山深いところは御山信仰みたいのがあって
ここもなまはげ館のお隣にお寺?神社??みたいのがあって、
なまはげ館とは、共通の入場券もありましたよん。
男鹿にいかれたら是非オススメしたい所ですわ。

DSCF1110.jpg

そろそろ、お腹も空いてきましたので、
昼食は、これも絶対食べたかった、比内地鶏のきりたんぽ
を食べさせてくれるお店を訪問。
秋田県事務所の人に母が教えてもらったというお店。
「村の駅(道の駅ではない)トプカイ」

DSCF1120.jpg

DSCF1121.jpg

店内は平日にもかかわらず、大繁盛!!!

DSCF1112.jpg

DSCF1113.jpg

親子丼が大好物な父は、比内地鶏の親子丼定食を注文。

DSCF1114.jpg

これは、お肉はもちろん、卵も比内地鶏で、
このトッロトッロ具合がすごかったし、完成度が高かったわ。

DSCF1115.jpg

DSCF1116.jpg

んで、たまごんは、お楽しみだった、きりたんぽ鍋を注文。

DSCF1118.jpg

ちゃんと、天然のせりも入っていて、お出汁がすごい!!!

DSCF1117.jpg

きりたんぽ自体も、前に食べたことがある、
すぐ、グチャって崩れるようなやつじゃなくて、
モチモッチってしてて、噛むとサクッってほぐれて、
お米の味もしっかりする。
こりゃあ、食べに来た甲斐あるわ、な、お鍋だったわ。
ちなみにお米は、あきたこまち、杉に巻きつけて、
炭火で焼き上げないとイカンのだって。


DSCF1119.jpg

店内には売店もあり、比内地鶏も買えます。
んでも、比内地鶏の餃子は、アンマ、オススメではありません・・・

DSCF1123.jpg

いやいやあ、満足な、昼食を済まし、
向かったのは、この場所。

DSCF1124.jpg

たまごんの写真でさえ、きれーーーでしょう??
「十和田湖」です。
そう、小学校のときお勉強しましたね。
ヒメマスの養殖でも有名です。
すっごい、景色がいい、透明度が高い。
でも、十和田湖湖畔は、すんこし、寂れてる感じだったんだよね。
最終日に行った、猪苗代湖のほうが賑やかだったんだわね。
それが、少し、淋しい気分になったわ。

DSCF1126.jpg

DSCF1127.jpg

DSCF1129.jpg

さて、ここは、奥入瀬渓谷
あの有名な!景勝の地です。
きちんと歩くと、3時間くらいかかるけど、
たまごん一家は、くろくんを連れて、1時間くらい、
見所を散歩しました。

DSCF1128.jpg

きれいにリンドウが咲いていたり、

DSCF1130.jpg

DSCF1131.jpg

んもお~、歩くだけで、マイナスイオンがいっぱい!!
くろくんもご機嫌で、一緒にお散歩だわね。

DSCF1132.jpg

DSCF1135.jpg

DSCF1136.jpg

ほーんと、もっともっと、ゆっくり、お散歩したかったわ。

DSCF1134.jpg

こんな滝もあったりして、すごいきれい。
観光バスも一般の観光客もいっぱいで、
平日でこんなん、だから、紅葉がきれいな、これからの時期、
または土日は大渋滞だわね、と、感慨深げになり、

DSCF1133.jpg

ちゃんと、滝の名前もあり、大概の観光本にも掲載されていますよん。
絶対お奨めな、東北青森秋田、そん中でも、特にたまごん推奨地でしたわ。

DSCF1143.jpg

さて、あんまり、ゆっくりもしておれず、
(日が暮れるとこの辺の山道は、サビシ~クて、ちょいと、怖いです。・・・)
今日の宿泊地、これまた秘境温泉!!「猿倉温泉」へ、到着ですわ。












テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

たまごんの東北旅行 2
お休みを東北で満喫し、今日から仕事な、たまごんです。
昨日は、ワインもいろいろチェックし、
金曜日、ワイン屋びぎんでは、またいろいろ使おうって!確認。

そうして、ももも。。。最高だった、東北旅行の続きです。
とっても、美味しかったお料理と、温泉を満喫し、
早めの就寝で、気持ちよく目が覚めた朝は、
くろくんとお散歩!です。

DSCF1084.jpg

DSCF1083.jpg

DSCF1082.jpg

こ、この景色なんです!!!
たまごんのだい好きな荒い日本海、
断崖絶壁、海の色は深い緑がかった青色。
海水浴より、こういう、海のほうが断然好きなんですわ。

DSCF1085.jpg

DSCF1081.jpg

この季節はアオリイカの最盛期ということで、
イカ釣り漁船もたくさん、釣り人もたくさん。
いやああ~大満足なお散歩で、お腹も結構空いて
朝食はバイキングでしたが、これは、すごいバイキングで、
たまごんの取り方がかっこ悪いんで、写真はなしですが、
とれたての烏賊刺しや、地元のおばんざい、
すごい美味しい、津軽ロマンのお米など、
ももも、これも昨晩のお食事に続き大満足だわさ!

DSCF1091.jpg

ここ本当に、お勧めです。絶対また来たい!
男鹿半島、本州の北、絶景処、「きららか」でした。

DSCF1087.jpg

んで、出発し、これまた、きれいな海辺。

DSCF1092.jpg

つーことで、波が好きなくろくんを遊ばせました。
またまた、かわいんだわね。

DSCF1087.jpg

これまた、絶景で。うーーん、素晴らしい!

DSCF1095.jpg

そうしてまた少しドライブし、到着。入道崎

DSCF1095.jpg

草原??っていうか、草が広くなだらかに、生えていて、また絶壁になる。

DSCF1087.jpg

DSCF1086.jpg

いや、いや、たまごんのカメラ技術じゃあ、全然伝わりませんな。
まあ、スゴイ!!ってことで。

DSCF1096.jpg

なまはげの像も建っています。

DSCF1097.jpg

つーことで、知っているけど、知らない、
なまはげのことを見学しに、なまはげ館へ!!
















テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

たまごんの東北旅行 1
。こんちは。たまごんです。
開田高原編も更新していないのに、ただいま東北旅行最終地福島です。
いいわけですが、(汗
秘境温泉めぐりで、全然イーモバイル繋がりませんでした・・・

さて、びぎん初めての長期お休みは

DSCF1059.jpg

秋田空港へ到着。
伊丹から1時間半ですわ。
ほんと、伊丹は便利です。

DSCF1058.jpg

秋田の名所が、空港に描かれています。

DSCF1057.jpg

今回は行かないけれど、全部、いいところです。

DSCF1056.jpg

んで、秋田空港へ迎えに来てくれたのは、

DSCF1857_20121011205209.jpg

くろくんと、両親。
そ、リタイヤ後は、悠々自適な両親は
車でくろくんと一緒に名古屋から前のり。
んで、たまごんと、感激の再会
車で、約1時間、向かったのは、


DSCF1088.jpg

そう!!憧れの北、男鹿半島!!!国定公園ですわ。

DSCF1090.jpg

今日のお宿は、日本海まん前!!!
男鹿きららか

到着が遅かったので、早速お風呂。
もちろん源泉掛け流し。
今回の旅行はすべて、温泉で母が予約してくれましたわ。

んで、

DSCF1062.jpg

まずは、秋田田沢湖の地ビールで、東北第1杯目!!!

DSCF1063.jpg

今日のお品書き、素晴らしく期待できそう!!

DSCF1064.jpg

前菜はそれも、アテになる!!

DSCF1066.jpg

はい、地酒ばかり、ガンガンいきましたわ。

DSCF1067.jpg

これが、すっごいよかった!
天然鯛なんですが、よくあるアラ炊きではなく
ゆず胡椒焼き焼き。

DSCF1068.jpg

鯛のタイもばっちり

DSCF1069.jpg

DSCF1070.jpg

ここは、お料理だけでなく、お飲み物も素晴らしい!!
もちろん、純米酒ばっか、注文。
この3種はかなりお得な設定。
やっぱり、お料理はお酒で両立する!!!
断固断言しますわ。
だから今回はワイン飲んでません。

DSCF1071.jpg

これも東北名物黒メバルのから揚げ。
あまりにも美味しそうなんで、母が頭からかぶりつき、
「骨が刺さった・・・」とぼやく始末。
そりゃあ~いくら、から揚げとはいえ、
こんなに立派な身なんだから・・・と父と大笑い。

そして、〆は、津軽ロマンのお米で、
これまた、もっちもちで、素晴らしい新米で、大満足な夕食で
またしてもお風呂に入り、就寝zzzzz

DSCF1080.jpg

すっごい景色の中、くろくんと朝から散歩で、
豪華、ちょいと普通のバイキングとは違う
朝食で満悦して、十和田湖、奥入瀬渓谷、
次の宿泊地、秘境温泉へ向かいます。








テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

秋の東北へ
今日からびぎんは、創業以来初めての大型連休です。

マスタは、どっかへ、いろいろお出かけするみたいです。

たまごんは、両親とくろくんと、東北の旅です。
今から伊丹から秋田へ向かいます。

いろいろ美味しいお酒と東北のお魚、満喫してきます!


テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

今日は金曜日、わいん屋びぎんです
はい、たまごんです。
すいません、また金曜日、ワインの更新です。

今日の赤ワインはすごいです!
ボルドーの中でも、ポムロールは有名です。
あの、たっ高いワイン、シャトーペトニュスもここです。
今なら、飲めないようなガチガチのヴィンテージでも20万はすると思います。
はい、たまごんも、飲んだことありません・・・

んで、その、ポムロールのすぐお隣に、あるAOC、ラランド・ポムロール。
有名ではなくとも、素晴らしい品質。
メルロー in ボルドーの真髄は、
たまごん的には、サンテミリオンより、ポムロールに軍配あり!
と勝手に思っています。
特にラランド・ポムロールは、ようく、その特長が出ていると思います。
今日のは、先日大当たりだった試飲会で見つけた、
何本かのうちの1本です。
ヴィンテージは2006、飲み頃を迎えつつあります。
チーズをちびちび、また、やっぱ、びぎんマスタ特製お料理
バロティーヌとか自家製ハンガリー産鴨ハムとか、
この辺が、ピッタシって感じかと思います。

先週は、初めて、たまごんの、このブログを読んで下さっていらっしゃる方が
ワインを飲みにご来店いただきました。
すごく、すごーーーく、食べ飲みのお好きな方で
ワインにも精通していらっしゃる方で、
是非是非、今度は、ブルゴーニュをご用意したいと思いました。
ワインを楽しんでいただくお客様、本当にうれしかったです。
これからも、頑張って、こういうプレミアワインを何種類も開けていける様に
いろいろ、自己研鑽していきたいと思います。

では、今晩も1杯でご満足ワイン!とともに、お待ちしております。


テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ



プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。