たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月最終日、わいん屋びぎんです
何だか変な天気の金曜日ですな。
暖かいのか、寒いのか、雨降るのかな~。。。

今日は金曜日で、11月最後の日です。
今日は、びぎんは、2時閉店です。
この形態は来月12月からは変更になると思います。

でも、格上のワインは、グラスで開けていきます。
通常のグラスワインより、お値打ちにしています。
週末だけの限定品です。

今日は、赤は久しぶりのブルゴーニュです。
2005ヴィンテージ、頑固じいさんが作る逸品。
ショレイボーヌです。
ブルゴーニュのピノノワールは、他地域よりも、
深みのある、香りが特長だと思います。
これは、本と香りだけで飲めます。
同業者の方にも、体感していただきたいなあ~と思います。

白は、先日メッケタ、掘り出し物。
最後の入荷になりました。
ジュラ地方のシャルドネ。
これだけでも珍しいのに、ヴィンテージは2006。
そう、白で珍しい、ちょっくら、バックヴィンテージです。
飲んでください!的な味わいです。

週末はワイン会、
こちらも、日曜日夕方5時からの部、
火曜日は空きがあります。
お一人様でのご参加も大歓迎です。
鴨料理は「あっ」と思う料理あり、
赤ワインは90年代も含めて、当たり年もあり、
すべて飲み頃を迎えたものでご用意しています。
詳しくはこちらです。
ワインは、1杯100MLで5種類なんで、お一人様500ML。
結構楽しんでいただけると思います!

では、今日からワイン漬けの日々になるように頑張ります!
是非、深夜びぎんへどうぞ。

スポンサーサイト

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

はいからほり商店街の新店「まるさ屋」
東北編も滞り、申し訳ありません。
今日は雨・・・週初めは荷物が多いから辛いなあ~。

というわけで、昨日は久しぶりの新しいお店に。

DSCF1242.jpg

あの行列で有名のお店、もなみ、の
隣の隣の隣、くらい・・にあります。
オープンは10月28日とのこと。
吹田に1店舗持っておられて、縁あって、
ここにもお店を出されたとのことでしたわ。
揚場のお兄ちゃんが、坂口健二にそっくりの
超~イケメンで、いやはや、注文するにも緊張~でしたわ。

んで、料理の写真はありません。
つまみの類は、180円から、
たまごんは、280円の出汁巻きと、380円?の豆腐サラダと、
長崎のしめ鯖。
生ビールは、プレミアムモルツではない、
普通のモルツ!で、330円!!!
純米のお酒も2種あり、大満足で、
1980円で4ヶ月有効な麦焼酎(いいちことかではない)をキープしてしまい、
お湯割と共に、揚げたてのてんぷらを堪能し、3000円ちょい!!
驚きのコスパで、大満足ですわ。
こういう、ちょっと、美味しい、気軽な居酒屋が
この辺、日曜に開いてるお店では、全然ないんですわな。
先日見つけた、大お気に入りだった、ルパージュは
日曜日定休にしてしまうし、ほんと

平日はランチもやっていらっしゃいます。
Aでない、ビールも好感度!!
高級店ではない、オススメなお店ですわ。



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

今日は連休前のいい、ふーふ、の、日
こんな時間に更新です。
明日は、金曜日ですが、祝日の為、
わいん屋びぎんは、ありません。

というわけで、よろしければ、今夜、とっておきワインをグラスで
開けちゃおうと思います。
(お客様がいらっしゃられば・・・ですが
なんといっても、2週連続痛恨、でしたから。。。)

白は、フランスアルザス地方のピノグリ。
非常に珍しい高貴な印象を感じられる白ワイン。
今日は、飛びっきりのお魚が、佐世保から入荷しています。
これらのお魚料理とは、どれも相性バッチリと思います。

赤は、これも、超当たりだった!
幻のビックヴィンテージとなりつつある、
2003年のワイン。
もち、ボルドーです。サンテミリオン。
多くを語らなくていいワインです。
新潟の天然鴨とは、素晴らしい相性と思います。
この鴨は、猟師さんが特別に、窒息に、してくれていますから…。

というわけで、今日は早めの時間は空いております。
んで、遅めも延長するかもしれません!
(もちろん。。。お客様がいらしたら…です)

ワインと共にお待ちしとります!!

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

今日は金曜日、わいん屋びぎんです
皆さん、こんにちは。
最近7めっきり年を感じるようになっています・・
ここ2週間くらい、大阪ミナミは本当に人通りが少なく
ケッコーー滅入っちゃいますが、週末だけは
とっても、満席なことは本当に感謝です。
ヌーボーもおかげさまで完売しました。
やっぱり、ヴィラージュで、樹齢71年物はすごい!と思います。
昨日は、お代わりの嵐で、うれしかったです。

さて、そんな今夜は、わいん屋びぎん。
痛恨・・・の先週より、絶対頑張りたいと、
強く強く、誓っております。

というわけで、今日のスペシャルワインのご紹介。
白は、オーストラリア、タスマニア島のシャルドネか
フランスアルザス地方の、ピノグリ、
これは、珍しいですが、非常に膨らみのある味わいです。
タスマニアのシャルドネはとっても、お値打ちです!みたいな、
シャルドネらしい味わいです。

赤はボルドーサンテミリオンの隠れた名品。
2003年、めっちゃ、当たり年ですね。
現在このヴィンテージ自体、なかなか出てきません。

どちらも、グラスでご提供します。
是非是非、ワインを飲みにいらしてくださいませ。
深夜、2時までお待ちしております。



たまごんの東北旅行 7
昨日は、たまごんのブログも見ています!
と言ってくださった、京都からのお客様にも励まされ、
この方は、たまごんの、、特別セレクト、
イタリア・トスカーナの2005ヴィンテージ
を、グラスで飲んで頂けて、
美味しく感じていただけたかな~と、ちょっと、考えています。

はい、では、久しぶりの東北の旅行の続きです。
まさかりプラザでお買い物三昧の後は、
遥か遥遥、本州最北端、大間へ。
ここは、言わずと知れた、本マグロでも有名な地。
んでも、遠いんだわああああ。。。。
途中、まず、陸奥からの行き道で寄りましたわ。
ここも、秘湯中の秘湯って感じ、
薬研温泉、残念ながら、ホテルとかはちょっと、寂れた感じ

DSCF1166.jpg

ここが、最高だった!!
シャンプーとかボディソープなどの石鹸類は
一切使用禁止なんだけど、お湯が本とよくて、

DSCF1167.jpg

DSCF1168.jpg

露天風呂になっており、
こんなきれいな景色をゆったり眺められるんだわ。
紅葉にはまだ少し早かったけど、
絶対きれい、桜の時期もきれいそうですわ。
こんな景色の中、ゆったりできるなんて、本当に幸せ

DSCF1165.jpg

秩父宮もご滞在って、うん、歴史を感じましたね。
大満足の寄り湯でしたわ。

そして、くろくんの散歩も済ませ、いざ大間へ。
高速もなく、海岸線をひたすら走りますわ。んでも、景色は最高だったに~。
途中の漁師町では、お祭りもやってて、
学校は休みで、子供たちも参加。
こんな、風景しばらく見てないわ。
実に長閑で、いい!!
写真はうまく撮れなかったのですが・・・

DSCF1178.jpg

で、やっとこさ、着きました!
憧れの地、大間です。
たまごんは、やっぱり、積もる雪を見て
波が「ザッパーン」ってする、日本海が好きですわ。

DSCF1170.jpg

もうお昼も過ぎていたんで、早速お目当てのお店へ。
〝大間んぞく〟さん。
漁師さんが直接やっているお店で、父母が前回見つけて、
何度も取り寄せもしているお店ですわ。

DSCF1171.jpg

土日は行列必死のお店で、この日も平日ど真ん中にも拘らず、
しかも、お昼を有に回って2時近いというのに、
店内はほぼ満席で、てんわやんわ、でしたわ。

DSCF1175.jpg

写真だと伝わりにくいですが、
これ、本マグロ(モチ大間産)の心臓の焼いたのなんです。
しっかり旨みがあり、美味しかった。

DSCF1172.jpg

これは、父の刺身定食のうに(しつこいですが、大間産です)

DSCF1173.jpg

と、マグロの身。

DSCF1174.jpg

たまごんの、鮑と本マグロの丼。
重ねて、鮑もマグロも大間産です

いやいや、お昼からなんて贅沢な・・・
これどれも、3000円弱するわけで、
このお店30席はありそうで、大間の本マグロは、
1本ウン百万するわけで・・・この漁師さん、億万長者かも・・
って、イヤシイ想像をしながら、
大阪への本マグロを手配してもらいました。

DSCF1183.jpg

そして、売り切れだった殻付きの雲丹が
どおおおおーーーしても、食べたいたまごんは、
辺りをうろうろし、見っけて、1個食べましたわ。
これ、500円。うーーーん、安い!!
んでもって、あっまい、の。
遥遥来て、食べられて、うれしかったですわ。

DSCF1179.jpg

くろくんをお散歩させれば、
「めんこいなあ~」っと、褒められまくりで

DSCF1180.jpg

こんなかわいい、オブジェもあったりするわ、

DSCF1181.jpg

DSCF1182.jpg

んでも、この景色、本と最高。
すぐ向こうには、函館が見えましたわ。
すごい風で、曇ってはいましたが
大間はこんな日が多いんだって。
冬は雪は風に飛ばされて、そんなに積もらないけど、
本と寒くて、家から出られないらしい。
だもんで、男の人は、出稼ぎに出かけるんだって。
うん、小学校のとき、勉強しましたわね。

DSCF1203.jpg

大間で、まさに、大満足で、
この後は、遠路遥遥、八戸へ向かいます。











テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

トスカーナ2005と、ジュラのシャルドネ
土曜日、明日は日曜日でお休み。
今朝は、(もう昼過ぎですが・・)
学生時代毎日のように、一緒に過ごした友達から
フェイスブック申請が来てた。
タイムラインをみてたり、友達も眺めていたら、
メッチャ、懐かしい、そして何か切ない、気持ちになったりして・・
そんな、切ない気持ちは、きっと昨日のわいん屋びぎん、
そう、痛恨の・・・から引きずっているんでしょう。。。

華やかで、底力のある、限定品、
インポーターホームページにも掲載されていません、
イタリア・トスカーナの2005ヴィンテージの赤ワイン、
昨日もちょっと、口にしましたが、本当に、素晴らしい出来栄えの赤ワイン。
そして、白はしっかり辛口の、ヴァンジョーヌでない、
大変珍しい、フランス・ジュラ地方のシャルドネ。

引き続き、本日土曜日も、グラスでご提供します。
早めのお時間は満席を頂戴しておりますが、
遅めのお時間であれば、たぶんお席空席出てくると思います。
グラスワインだけのお客様、お一人さま大歓迎です!!

そして、明日こそは、有意義なお休みにしたいなあ~と、強く思うんです。

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

今日は金曜日、わいん屋びぎんです
何だか、変な天気ですね。
たまごん東北旅行の更新もままならないですが、
今日は金曜日なので、ワインのご紹介をします。

びぎんは、通常だいたい、10時ころまでの入店で、
11時が閉店になっております。
お食事と、ワインを中心としたお飲み物を楽しんでいただくお店です。
たまごんの、今までのワイン経験を駆使して
お客様に喜んで頂けるような、
お客様それぞれの好みを聞き出して、(大切なご予算も)
色々な思いも巡らし、ワインをご案内しています。
1000円以内の価格差であれば、なるべく、お客様に満足して頂きたい、という
思いを強く持っておりまして、やや強引であってもオススメしております。
お食事の最後に、「チン」として、
満足度に対しての、お値段が安いと思って頂ける事を目指しております。

と、兎に角ワインを楽しんで飲んで頂きたいと思っておるのですが、
実情が伴わない今日この頃・・・
というわけで、普段グラスではお出しできない、高級なワイン。
ネットが氾濫している昨今ですから、
お値段はすぐ調べられると思います。
それを通常よりも、割安な価格で、グラスでお出ししております。
なんとか、ワインを飲んでいただきたいと切に願っております。
この形態を数ヶ月続けましたが、まだまだのようです。
同業の方にも、たまごんが、飲みに行って満足できているように
ご来店頂けたら・・・と思っております。
というわけで、金曜日は、夜中の2時まで営業、
ワイン談義お待ちしております!!!

各ワインによく合う、おつまみと共に、
ワインバーとして使ってもいただきたい、
はたまた、2次会として、ちょっと飲みに、
寝酒の一杯として、
たまごんが、行きたいな、と思えるラインナップにしております。

といわけで、今晩の渾身のワインです。
白ワインは、フランスジュラ地方のワイン。
ここは、ヴァンジョーヌといって、ちょい、特殊なワインで有名ですが、
今日のは、それではありません。
しっかりした、重みのある、シャルドネです。
しかも、ヴィンテージは、2006年と
白ワインにしては、熟成されております。
シャルドネらしいリッチな感じと、滋味深いミネラル感。
ノンフィルターなので、旨みたっぷりです。

赤ワインは、イタリア、トスカーナ地方。
スーパータスカンではありません。
イタリア、といえば、サンジョベーゼ!!!
酸っぱくて、苦くはありませんよおおお~
超当たり年の、2005ヴィンテージです。
濃いだけではありません。
深みもあります。イタリアワインの底力見たり!
なワインです。限定本数で、即買しちゃいました。

ブショネ等の不良品、または、お代わり!の幸運があり、売り切れ
の場合は、他のワインに変更する事もあります。
でも、クラスは同じものですし、お客様のリクエストには
なるべくお答えしたいと思っております。
(ヴィエディロマンスをリクエストしてもらえたときは、
本当にうれしかったです。)
ここんとこ、このスペシャルワインちゃんたちは、
悲しくも・・・という運命を辿っております。
是非お試しに、ご来店くださいませ。

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

今日は金曜日、わいん屋びぎんです
はい、金曜日です。
明日は、祝日で、お休みの皆さん、
休前日なので、是非是非、びぎんへどうぞ。
今日金曜日は夜中の2時までやってます。
ワインを召し上がってくださいませ。

今日の白は、ピエモンテの白。
旨みがたっぷり乗った、ゴクゴク系の白。
いわゆる自然派ワインですが、還元臭なぞは、ございません。
売切れたら、また、別なの開けます!
赤は、寒くなってきた今日にはたっぷり美味しい、
メルロー100%のボルドー。
ノンフィルター、ノンコラージュ、ももも、濃いです。
でも、いやらしいイガイガはありません。
チーズ、ナメナメ、で、召し上がっても、いい感じです。

わいん屋びぎんのみでの、この、特別なグラスワイン。
ワイン好きな、お客様と語りたいです。
グラスワインとしても非常にリーズナブルに設定しています。
是非、秋の夜長をワインと共に・・・
お待ちしております!!!

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

たまごんの東北旅行 6
いい天気が続いていますね。
先日、お知り合いの方が亡くなられました。
ブログで拝見していたら、わずか、
10日前には元気に写真に収まっていらした。
病気が病気だったので、いつかは・・・ということは感じていましたが、
こんなに急にっていう感じです。
たまごんの、おじいちゃんと同じ病気で
おじいちゃんは、寝たきりになってから結構長かったので、
それを思うと、ご家族の負担を慮って、
家族思いの方だったのかな・・とも思います。
でも、ご家族はもちろん、
ご本人も、急すぎて、心の準備もできていなかったんではないかなあ。
いろいろ推察すると、胸が詰まります。
ご冥福をお祈りします。
合掌。

んで、東北は、むつ、に到着。

DSCF1156.jpg

DSCF1157.jpg

DSCF1158.jpg

今日の宿泊が、陸奥グランドホテルっていうんだけど、
このホテルがすごかった!
地元、むつ市の名士中の名士、菊池さんがオーナで、
とにかく玄関にも「菊池家」のちょうちん、
で、ねぶたの、いろんなのが飾ってあるんだわね。

DSCF1155.jpg

いやいや、すごい。
ちなみに、今低視聴率まっしぐらの平清盛の主演
松山ケンイチさんも、この陸奥の出身ってことで
清盛にまつわる厳島神社のパネルなどもいっぱい飾ってありましたわ。

DSCF1160.jpg

んで、晩御飯へ出発。
びっくりしたんだけど、この、むつって言う町は
大分と開けていますわ。
ホテルの部屋からもすごいきれいな夜景が見えたし、
中心部と思われるあたりは、飲食店がいっぱい。
人もいっぱいで、平日なのに賑わっていた。
小さい町なのに、「ジブラルタル生命」の支店まであったわ。

晩御飯は、父母が前回感動した「天一」さん。
なんて事なさそうな、天ぷらやさんと思いきや、

DSCF1161.jpg

どどーーーーん!!!!
大間の本マグロなんですわ。
中トロや大トロ、赤身なんてのは序の口、
以前東京で初めて感動した、脳天、は、もちろん、
ひれの付け根の部分や、ほほ肉、背びれの上のほうなんか、
ももも、初めてのお味、香るお魚、
本マグロの真骨頂ここになり!!!
ってな、一皿なんですわ。
この一皿で2万くらいかあ~??なドンとなボリューム。
大トロや、東京の人形町で食べて感動した脳天はもとより、
ひれの付け根とかが感動のうまさでしたわ。
これは、大間でも食べれん、本当の真髄のお味。

DSCF1162.jpg

んで、刺身の盛り合わせ。
これも画像では、っていうか、カウンターで、
ネタケースを見てもたいした事ないって、思ったんですが
これまた、全部飛び抜けたお味。
たまごんの大好きな、蝦蛄もすっごいジュージーで、甘かったわ。
ほっき貝、もちろん生、十和田の鱒、鯛もすごかった。
どれもこれも、地元で揚がったものばっかり!
完全に逆の意味で期待を裏切られた。

DSCF1163.jpg

当然日本酒、ここの地酒亀吉
これも、純米吟醸生原酒。
最初は300MLの瓶でしたが、あまりにも酒を誘うので、
途中から4号瓶で、2本!!!
他にも、天ぷらとか、焼き物とか、
茶碗蒸し、〆の汁物など、頼みましたが
こんだけの内容で、1人8000円程度。
いあやあ、、、驚きのお店。
大満足でしたわ。この旅行では、男鹿のきららかと、
ここの天一が双璧でしたな。

この陸奥グランドホテルは、温泉もすごくきれいだし、
建物も大きくて、ほんと、オススメですわ。

DSCF1164.jpg

翌日は2日酔いもなく、スッキリお目覚め。
お土産も買いに町の中心部へ。
この「まさかりプラザ」は、いわゆる役所的な施設だけど、
とってもよかったんですわ。
お土産もバッチリ揃っていましたし、
いろんなお祭りの歴史、ねぶたについても、展示してありましたわ。
ほんと、むつ、大好きになりましたわ。
絶対また来たい!!!

DSCF1177.jpg

んで、遠路はるばる、大間へ向かいます。





テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ



プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。