たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
たまごんのGW at 木曽 開田高原 その2
んで、100切の余韻を楽しみながら、
くろ君と散歩だわね。

DSCF9280_20100510113304.jpg

DSCF9282_20100510113303.jpg

「くろく~ん、」と呼ぶと、かわいく、振り返りますわ。

DSCF9307_20100510113814.jpg

父とともに、散歩だわ。

DSCF9305_20100510113814.jpg

くろくんは、川のお水が大好きなんだわね。

DSCF9285.jpg

んで、お楽しみの夕食へ。
今日は、クラブ内のレストランで。
ここの料理長が、若いんだけれど、とっても一生懸命で、
素晴らしい料理を出してくれますわ。

名前つぶし


今日のお品書きですわ。
地元の食材をフルに活用し、まさに、地産地消ですわ。

DSCF9287.jpg

やっぱり、ビールで乾杯。

DSCF9289.jpg

こごみやこしあぶらのおひたしですわ。
お出しが浸みて、家で食べるのとは、全然違いますわ。

DSCF9288_20100510113349.jpg

7種盛り。これが、酒がススムススムメニューばっかり。
どれも、少しのことなんだけど、
アイディアが満載の創作意欲の現れたお料理。

DSCF9290_20100510113349.jpg

鯛の昆布締め。

DSCF9291_20100510113348.jpg

こ、これが、うま~い!!!
これだけは、地産ものではないのでけれど、
交通手段が発達した現在では、
いいものが調達できるんですわな。

昆布の〆具合といい、塩味といい、まさに、
いい、塩梅でしたわ。
大拍手!!!

DSCF9293_20100510113441.jpg

DSCF9292.jpg

続いて、先ほどの鯛のあら炊き。
これが、鯛の子あり、最高でしたわ。
たまごんは、妙に、甘い、あら炊きが苦手。
この、料理長は、砂糖を全く使わずに、
みりんだけで、炊きあげていますわ。

DSCF9294_20100510113441.jpg

岩魚の風干し。
当然自家製ですわ。
ふんわりとしていて、本当に、風に揺られた程度の
干し具合が最高だわさ。

DSCF9295_20100510113441.jpg

山菜ホテトサラダ。
これが、一番驚愕したわね。
里芋で作ってあって、山菜が入っているんだわ。
マネ出来るかなあ???

DSCF9296_20100510113441.jpg

で、山菜の天ぷらは思いっきり美味しいのは当たり前で、

DSCF9298_20100510113440.jpg

メインは朴葉蒸。

DSCF9299.jpg

これが、素晴らしかった。
この地方、特に岐阜とか長野の山間部では、
飛騨牛とか、木曽牛とか、アップル牛とか、
美味しい和牛が多いので、朴葉焼きがよく出る。
朴葉の上で、お味噌の甘めのたれが混ざり合って、
香りが移って美味しい1品だわ。
お酒にもよく合うんだわね。
んでも、たまごん的には、このお決まりの1品に
甘いんだよね、砂糖の風味が和牛の風味を食ってしまう気がするんだわ。
でも、この朴葉蒸はそのたまごん的不満をすべて払拭していましたわ。
香りがよく、お肉も柔らかく、くどくない。
また、自家製のポン酢が飲めるくらい美味しかったわ。

DSCF9301_20100510113534.jpg

DSCF9300.jpg

で、〆の2品が、投じ蕎麦。
この、しっかり目のお出汁に、
揚げとか、キノコとか入っていて、
そこにお蕎麦をつけながら食べるんだわね。
もともと、冷たいお蕎麦を温かい出しにつけて食べるのを
「湯じ」と呼んでいたそうで。

何より、出しが旨いわ。
んで、これだけでもうお腹いっぱいなのに、

DSCF9302_20100510113534.jpg

〆2品目、タケノコご飯ですわ。
こちらは、サッサリとした炊き込みで、
これまた美味しかったですわ。

DSCF9303_20100510113533.jpg

大満足で、お腹も一杯で、
夜が更けた、ロッジを後にして、

DSCF9304_20100510113533.jpg

私たちのお泊まりする離れの部屋へ。
くろ君が待っています

最終編に続く。。。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tabenomitamagon.blog105.fc2.com/tb.php/135-6525da20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する