たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッポロビールさんのイベント
先週のこと、阪急インターナショナルで開催された、
サッポロビールさんのイベントに行ってきました。
たまごん的には、ワインやビール、アルコール類をチェックするためには
大変重要な、イベントですわ。

DSCF0753.jpg

阪急インターナショナルはいつ行っても、
ラグジュアリーなホテルだわね。
ただ、駅から遠いのだけが、難・・・・
たまごんは、大阪に来てから、全然車を使わない。
駅から近いところばかりに住んでいるし、
キタへもミナミへも、ケッタマシーンで行けるから。
実家では、駅から徒歩15分だった上に、
坂がすごいんで、ケッタマシーンはあんま使わんかった。

DSCF0741.jpg

DSCF0740.jpg

DSCF0739.jpg

DSCF0748.jpg

会場の中は、こんな感じで、いろいろなメーカーさんが
出店していたんだわ。
サッポロさんの、いろんな商品に合う、というテーマで、
自社商品を展示、試食しています。
たまごんも昔、イタリアの商社の営業をしていた頃、
こういた、展示会によお~く、参加していましたわ。
1日中、お客様にお料理作ったり、
ワインの試飲を薦めたり、懐かしいですわ。

DSCF0747.jpg

今回の「繁盛の扉セミナー」では、
こういった、メニューが試飲できました。
たまごん的には、今話題の、新ジャンル、
〝麦とホップ〟と、
本物のビール、エビスや、エーデルピルスとの、
比較試飲もしっかりと、してきましたわ。

たまごん的、個人的、意見としては、
ずーっと、昔から、ビールはビール、
発泡酒とか、第3のビールとか、新ジャンルとかは、
全く、飲みませんでした。
何だか、気の抜けたアルコールの入った飲み物、って感じで、
たまごん的には、飲んでいる気になれなかったから。

たまごんが、ビールを売っていたときに、初めて、
発泡酒なる飲み物が発売されて、
酒税の仕組みとかの説明を聞き、当初のテスト販売の、
静岡での販売実績を聞いて、
「ほほ~」とか、思ったけれど、
自分じゃあ、飲まんわなあ~とか思ったわ。
あと、技術の向上と技術担当者の努力には、
スバラシク感嘆したんだけれど、
何だか、消費者をダマスような感じがしたんだわね。
んでも、それが、どんどん売れていき、
たまごんは、そのときちょうど、ワインと洋酒担当だったから、
それらの、ビール群を売ることはなかったけれど、
何だか複雑な心境だったわ。
んで、NZに行っている間に、酒税法もどんどん変わり、
(本当に、メーカーの技術更新を食い物にする、
役所主義、税金には、だいぶんと、不服と感じたわ。)
新ジャンルなるものが、ビールの売り上げを抜いてしまった。

長くなったが、やっぱり、
たまごん的には、ビールは、
麦芽100%のビールが好き

DSCF0746.jpg

この、新商品、クリーミートップは、
最高でしたわ。
窒素ガスを使って、細かく泡を変化させていくんだわね。
素晴らしい口当たり。

んで、会場では、いろんな人に会いましたわ。
イケルさんもお腹が元気そうだったし、
(たまごん、実は、プヨプヨのお腹どわい好き
一日一麺の社長さんはダンディーだったし、
オヤブンさんは、圧倒だったし、
有名美人ブロガーさんは、会場の中でも人気だったみたいでしたわ。
もちろん、サッポロさんの営業はしっかりしていました。
サッポロさんのワインは、素晴らしいものがあるんだよ。

ウンガドーラ写真

この、スパークリングは、今回でも一番のメッケモノ。
7月とか8月とか、暑い最中のワイン会では、
スパークリング特集にしようかな~ってマスタに相談してるんだわね。

DSCF0750.jpg

この甲州も美味しかった。
やっぱり、この品種は、純な感じの日本食と合うと思うわ。
今回は、シシャモとの相性が最高だったわ。

DSCF0742.jpg

ここのメーカーさんの商品がよかったわ。
シシャモと、甲州もここで、合わせましたわ。

DSCF0743.jpg

ウインナーがすごい、うまみだった。
イベリコ豚って、フツーな感じだったけど、
これは、いい働きをしていたと感じたわ。

DSCF0744.jpg

そうそう、このシシャモは、北海道産の
本物のししゃもで、子供を持っていない、
雄な分、身がしっかりとした味だったんだわね。
これも、使えるアイテムだと思うわ。

DSCF0752.jpg

これは、阪急ホテルさんが作ったデザート。
サッポロさんのワインで作った、ジュレで、
びわのコンポートもそのワインを使った、デザート。
非常に洗練されていましたわ。
こういう、コラボレーションが素晴らしかった。
今回のイベントは、サッポロさん、特に素晴らしかった。

DSCF0756.jpg

で、帰り道で、お昼ご飯を。
たまごん的に唯一、食べたい!、美味しいなあって
感じたつけ麺のお店。

〝上方屋 五郎ヱ門〟 新梅田食堂街にあるんだわね。

DSCF0755.jpg

DSCF0754.jpg

キタに来るときしか行けないもんだから、
寄ってしまうんだわね。
相変わらず美味しかったけれど、
サービスのお兄ちゃんがイカンかったわ。
スゴク、キタナイの・・・
手を洗って、拭かないまま、
器を渡したり、レンゲがなかったら、
濯いだまんまってかんじで、拭き上げもせずに、
ヌレタママ、差し出したり・・・
ラーメン屋さんなんて、気軽で、早くて、
それでいいと、たまごんは思います。
でも、ちいとは、気使ってほしいな。。。
このお兄ちゃんは、スコシダケ、乱雑だった気がする。
でも、もしかしたら、たまごんに問題があったのかも。。。
お客がいやな感じだったら、相手も反面鏡で、
そういう風に接するのは当たり前だもんね。
お客の時も気をつけようって、肝に銘ずる、たまごんでしたわ。




スポンサーサイト

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tabenomitamagon.blog105.fc2.com/tb.php/140-f44cc49f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。