たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
シェ小杉
名古屋で家族で行ったお店です。
我が家の愛犬、黒シバのくろとお散歩中に
くろ
家の近所で新しい、フレンチのお店を発見。

たまごんの実家は名古屋市内、
千種区との端境地の昭和区にあります。
まん前が母校である小学校、
山崎川という桜がたくさんある川のほとりで
春は大変景色のよい環境でした。
夏は、蚊が大変多い・・・苦笑い

うーん、この場所は何件か店が変わっているんだよなあ。。。
イタリアン、炭焼きフレンチ、そしてなぜか、カレースープのお店。
向かいは名古屋でなぜか御三家といわれる、某女子高の前だし、
住宅街とはいえ、決して悪い場所ではないんだけどなあ。。。

で、メニューを見ると・・・
な、なんと・・・
9,000円のコースのみ、しかも完全予約制えぇ
場所がいいからといって、東京のど真ん中でもあるまいし、
マ、マジで~はてな
ん、でも・・・
蝦夷鹿、マルカッサン、鳩・・・
なかなかにソソラレル素材が。。

父が思い切ってドアノック、
「あの~、いつオープンされたんですかあ?」
いかにもフレンチのシェフらしい店主の方が
「1ヶ月前なんですよ、今は試行しながらの営業です
融通利かせますんで、何でもご相談ください。」

って、すごーいい、感じがよかったんですわ。

愛犬の散歩終了後、
家から再度TELにてネゴ、
量が多いんで、特別に7,500円のコースを予約、
現金しか使えないってことで、父コンビニへ走るダッシュ

で、始まりました。
我が家の特別ディナーです。
まず迎えてくださった、若くて美人のマダム。
すごい感じがよいキラキラ(オレンジ)
期待が高まります。
テーブル トリンバック
席には紙ナプキンと、紙おしぼり・・・・kao05
こ、この内装と雰囲気、そしてこのお値段で・・・
ちと不安がよぎる。。。

まずは、ファーストドリンク。当然ビール
たまごんのビール好きは遺伝子の問題。
家族でビールのはずが、置いていないとのこと・・・。
さすが正当派フレンチ・・・
では、泡ということでjumee☆cheers1deco
と、思いきや、売り切れorz
だ、大丈夫かあ~jumee☆whyL
で、気を取り直して、フランスアルザス地方、
トリンバックのゲベルツトラミネールを注文。
5,000円となかなかお手軽なお値段す。

ゲベルツトラミネールは、とってもいいにくい名前ですが、
言語的にはドイツ語ですね。
寒い地方で作られていて、ドイツやフランスのアルザス地方、
北イタリア、フリウリ・ディ・ヴェネチア州などが有名です。
たまごんの暮らしていたニュージーランド、ホークスベイでも美味しいワインが出来ます。
ライチやバラの蕾のような香りが印象的で、
辛口も甘口もありますが、概して女性に受けがよいのと、
(男性必見ですぞ!)

有名どころではフォアグラ、
たまごんセレクトでは、生の魚介類と相性がいいです。

アミューズ ほたて
アミューズはオマール海老のコンソメジュレとチーズの効いたミニパイ。
続いて、緑茶をまとったホタテのソテーと葡萄の低温ロティ。
ホタテはめちゃ新鮮で、甘いのが印象的。
そいで、この付け合せの葡萄がすごい!!
72時間、ずーっと、ひたすら、低温で火を通すやり方だそう。
すごい美味しい。
栗スープ うに~
栗のポタージュはカプチーノ仕立てです。
そーいや、栗は今年出来がいいんですよね。
たまごんも自分で作りました。
(もちろん、味は雲泥の差じゃ・・・)
鱸のポワレ、黒米と百合根のピュレ うに添え
この雲丹の下に見える、黒いやつが黒米のピュレ、
百合根がねっとりさと相まって、こっちのほうがうみゃ~

グラニテ 鹿
マルカッサン 羊
グレープフルーツの氷菓子は長ーいスプーンがオシャレでした。
メインは父母たまごんと3種類別々のを注文。
北海道の蝦夷鹿、カナダ産マルカッサン(仔猪)、オーストラリア産の子羊。
蝦夷鹿はなにわフレンチびぎんのマスターの完勝ですねアップ
仔猪、マルカッサンはオレンジの風味がすばらしいキラキラ
あと、父が激感うふ
トリュフです。
ホテルなんかでよく、小さーいのが
ジェリービーンズみたいに、何かのパテに入っていて
味も素っ気もないのが多い。
色も気味悪ーく、黒く光っている。
ところがこれは違う!!
香りも芳しく、しっかりとした触感。
ちゃんとハーモニーになっているではありませんか。

やっぱ、ほんもん食べないとだめっすね。

赤ワインは写真撮り忘れましたが・・・
ルイ・ラトゥールのムーラン・ナ・ヴァン。
ボジョレーの村物の中でも一番しっかりしているんですが、
お値段はそんなに高くないんです。6,500円でした。

きのこリゾット デセール1
で、このお店のシンボリステッィクなのが、
メインの後に、きのこのリゾットがでます。
これがうみゃ~ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
量は少ないですが、5種類ものきのこ、
しかもフランスのジロールやセップ茸も入っているではありませんか拍手
すごいフォンの味が沁みていて、ワインにばっちりですわ。

エスプレッソの氷菓子も口さっぱりします。
デセール2 コッヒ
続いてのデセールが生タイプのガトーショコラ、ホワイトチョコのケーキ、
ピスタチオのビスキュイ。
甘いものより、お酒のたまごんがしっかり食べてしまった・・・
すごいんです、しっとりどっしり、でもしつこくないんです。
ピスタチオのビスキュイも心惹かれる味わい。

思わず・・・カルバドスを追加注文してしまいました。
最後のエスプレッソもカップが凝っていて、
やっぱ、気分が高揚しましたよ。
オリジナルメニュー
こんな個人個人向けのメニューも印刷してくださるんです。

こちらのシェ小杉、素材のこだわりがすごい!!
メインの肉や魚は言うまでもなく、
付け合せのほうが異彩を放っています。
マイクロトマトとか、百合根とか、手間がかかっているのも秀逸。
お値段異常の価値はあります。

名古屋市千種区丘上2丁目34-4-1F
シェ 小杉
052-784-6084



スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

黒柴カワイイ(*´∀`)

少し怒ってる風なトコがまたw
【2008/11/29 04:11】 URL | ラーメンマン #- [ 編集]


ラーメンマンさん

コメントありがとうございます。
そ~なんですよ、
かわいいでしょ?
もう、こっちでも黒シバ飼いたくて仕方ないいですv-393

ちなみに、怒ってるんではなく、
お菓子がほしくて、お頂戴してるんですよv-415
【2008/12/01 00:12】 URL | たまごん #- [ 編集]


以前にこのお店は北名古屋市で営業していました。私はそのあたりに住んでいるので、よく食べに行っていたのですが、移転してからはまだ一度も行けていません。大好きなお店なだけに、おいしいという評判を聞くととても嬉しくなります。
【2008/12/22 04:17】 URL | 通りすがり #O24v7Kjk [ 編集]


通りすがりさん

コメントありがとうございます。
そうなんですってね。
私も場所を聞いて吃驚です。
覚王山はいろんなお店があるので、また切磋琢磨なさって
ますます、すんばらしいお店になって行かれると思いますよ!
【2008/12/22 16:42】 URL | たまごん #- [ 編集]

シェ小杉
今年になって教えてもらって、立て続けに3回ディナーに行きました。
ジビエ、満喫しました。特に初回は、運よく雷鳥が入ってたので、
すかさず頼みましたが、すごい個性でしたね。クセになりそう。
シェフと奥さまのコンビがよくて、いつも長居してしまいます。
よかったら、私の記事をご覧になってみて下さい。
* http://blogs.yahoo.co.jp/nk4017891/58326046.html
【2009/04/02 00:31】 URL | MY FAVORITE FOODS & THINGS #fwkSvwQ6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tabenomitamagon.blog105.fc2.com/tb.php/16-3ccbb874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する