たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
新年は庄内湯の浜温泉で
2011年大晦日と、2012年元旦、2日と
くろくんと一緒に過ごしたたまごんは、
3日から、名古屋新幹線→羽田→庄内空港で
初、山形!、もち、初庄内で、
湯の浜温泉という、鶴岡市の日本海側、で温泉三昧で過ごしております。
くろくんは名古屋に置き去りで、
両親とぬくぬくしております。。。。

行き先は何で決めたかというと、
ずばり!、マイルとか、格安でいけるとこってわけで、
んだけど、名古屋からは、なかなか直行便がないんだわね。
んで、新幹線、品川→京急 羽田ってことで
行ける所を探したら、山形庄内って行き着いたんだわね。
んでも、もち家族全員行ってないし、
行きあり温泉ありだもんで、即決定したわけ。

宿泊先は亀やさん、ですわ。
天皇皇后陛下もお泊りのお宿と聞いては
やはり、美智子様とご縁のある、たまごんはテンションあがります。

DSCF1547.jpg

こ、これなんですわ!!

DSCF1546.jpg

この日本海を、たまごんは見たいんです。

お風呂に夕食までに3回は、頂きまして、
ダイニングルームへ。

DSCF1548.jpg

明治創業みたいですが、しっかりキレイにRENEWで、大好感ですわ!

DSCF1551.jpg

まんずは、生ビール、ブラウマイスターを頂、
庄内地酒に突入!
このリーデルのグラスも素晴らしいんですわ。

DSCF1550.jpg

お料理は、完全会席風で、お献立もありましたわ。
まずは、八寸。
まあ、アテばっかりで、マイリましたわ。
このあたりで、母も日本酒暴走気味・・に。

DSCF1554.jpg

お正月で市場休みだから、仕方ない・・・
でも、演出は最高!
この、花板さん、すっごくセンスあるわ。

DSCF1552.jpg

この、椀物最高だった。
お出汁ももちろん、ゴマ豆腐、お大根、
結野菜まで、手抜かりなし!

DSCF1553.jpg

お正月らしく、金粉も忘れていない。

DSCF1557.jpg

んで、この、焼き物がまた、いい!
サーモンはいい味噌床で漬け込んであり、
ポテトサラダを添えて、「サラダ焼き」と称し、
はじかみも自家製、蕪はこの上なく甘く、もちろん地物。
それに付ける、ねぎ味噌の完成度の高いこと!!!
たたみいわしは、骨鰯って書いてあって、驚愕!
このたたみいわしと、はじかみで、凧揚げをイメージしてるんだよね。
ポテトサラダは、雲だわね。
すごいわ、感動もん。

DSCF1558.jpg

この、山形酒田市の大名物となった、
平田牧場、三元豚、マディラ酒の風味で。

DSCF1560.jpg

鮑ご飯と、このお味噌汁も美味しかった。
赤味噌贔屓のたまごんが言うから、間違いないよ!

DSCF1562.jpg

デザートも新年らしく。

DSCF1570.jpg

よし、今年も頑張ろう~










スポンサーサイト

テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tabenomitamagon.blog105.fc2.com/tb.php/230-75a29c07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する