たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまごん東京日記2013年最終日
楽しい日々はあっという間。
もう大阪へ帰って、今日から日常生活(  ̄▽ ̄)
まあ、年末頑張ります。

東京最終日は、またしても後楽園からスタート。
母は小石川後楽園でお庭を散策。
たまごんは、急に上に上がって落ちる、
籠みたいなのに、乗ってきました。
こ、これが、まあ結構怖くて、て言うのも、
乗り物自体が、ホントに只の籠で、掴まるところもなく、
もちろん座るわけでもなく、ベルトもない。
それが地上25階位まで上がって、急に落ちるんですわ。
途中までは、ほほ~、いい眺め、とか、
思ってましたが、頂上へは、すごく、高く、
何だか腰砕け、みたいで、これまた、ヘロヘロに( ´,_ゝ`)
やっぱり、年なんだろうか・・

んで、一旦お部屋に帰ろうとすると、
「川上哲治氏をしのぶ会」との看板が!!
そ、そう、あの野球の神様をしのぶ会が偶然にも今日ここで!!!
フロアを見渡すと、早速、張本氏が、
おお、ノムさんも、須藤元2軍監督も!!!
はりさんは、「テレビ拝見してます!」と声をかけるも、
「は、ども」と、ちょっと落ち込むくらい冷たかった。。。

け、けど、そのあと、超ウルトラ、スーパー、どらすごいサプライズが!!!
な、なんと、我が永遠の神様、
原さん、原辰徳さま、があああああ~
ももも、こんな至近距離で、
なんという、幸運、ゆったりとした立ち振る舞い、
りりしさは30年目と露変わらず、
あああ~もう心臓はバクバク、絶叫マシンとは比べ物にならん位・・・
ほおう・・・何という事。
この東京旅行で一番の収穫だったかも。
ああ、かっこよすぎる。
ホテルベルマンに聞いても、
原さんは従業員でもめったにお目にかかることはないそう。
たまごん、幸せすぎでしたわ。
写真など撮る暇もないほど瞬きを忘れ、見入ってしまいましたわ。

さて、そんな幸せの気分の中、
後楽園から戻ってきて、興奮気味の母に
たまごん興奮を伝え、チェックアウト。
東京最後のご飯は、たまごんの大学時代の保証人で
父の同級生夫妻とランチ。
ボタニカで。
旧防衛庁だった、六本木のミッドランドにあります。
たまごんは、初ミッドランド。
建物は東京らしく、ヒルズよりは見やすいですな。
レストランも、東京らしい価格、
ワインもそういったお値段でしたが、やっぱり飲みましたわ。
景色も良かったですが、ガキ入場可なので、
またしても、躾のなっていないアホママのせいで、
雰囲気は台無しでしたわ。

楽しい時間はあっという間、ひっさしぶりの東京は
本当に、いいものを、満喫する事ができました。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tabenomitamagon.blog105.fc2.com/tb.php/332-fc816483
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。