たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013旅日記その4
明けまして、おめでとうございます。
今年2014年、皆様にといって幸多き一年でありますように。
たまごんは、今年は大きな変化飛翔の年にします。
美味しいワインを1本でも多く、皆さんにご紹介できますように。
ワインとお料理の相性を1人でも多くの方に、楽しんでいただけますように。

となわけで、11月の旅行、2013年ですが・・・続きです。

DSCF1903.jpg

DSCF1902.jpg

と、こんなきれいな景色を楽しんだ翌日は、
島根県浜田市から、津和野へ出発です。
津和野は、とーーーっても、遠いです。。
陸の孤島っぽいです。島根って言ってもほとんど山口県です。
萩石見空港からは、車で1時間程度ですが、
東京からしか便はなく、新幹線&在来線でもめっちゃ遠いです。
特に、去年の大雨の災害で、線路がまだ復旧しておらず、
途中はバスを使わなくてはいけないとの事。

ここへ来た理由は、父の中高校の同級生が
津和野が好きと理由で、なぜか、引っ越してきたから。
この方は大変面白い方で、お話も興味深いのだが、
実は、HISよりも早くに格安航空券を始めた方で、
JALに壮絶な戦いを挑まれた方でもある。
我が家はその恩恵を充分に受け、ハワイはもとより、
オーストラリアなどへも、頻繁に、当時としては
(30年以上前)破格の値段で、旅行を楽しませてもらった。

というわけで、今回のメイン目的地となった。
たまごんは、初めてで、父は中学の修学旅行以来と言うこと。
(母もたぶん初めて??)

DSCF1910_20131118123328e0d.jpg

DSCF1911_20131118123330841.jpg

「古都」というだけあり、小さいが、町並みは素敵だ。

DSCF1909_20131118123326069.jpg

DSCF1906.jpg

DSCF1905_20131118123257f30.jpg

びっくりしたのが、この、すんごい、でかい、鯉たちである。

DSCF1914.jpg

DSCF1912.jpg

町の真ん中の水路を悠々と泳ぎ、

DSCF1915.jpg

この川まで、泳いできている。

DSCF1919.jpg

すごい、お口で餌を欲しがりますわ。

DSCF1917.jpg

DSCF1918.jpg

この川の風景は少し、京都の鴨川とダブるかな。。

DSCF1923.jpg

そして、この方が今励んでおられる、果樹園へ。
兎に角、写真撮れんぐらい、広くて、急勾配。
桃、柿、梨など、多岐にわたられる。
無農薬でやられているというから驚きである。
(果物は、甘い分、美味しくて、鳥や虫の格好の餌である)
今回は、柚子がなり放題だったので、収穫させてもらえた。

DSCF1921.jpg

棘があるので、(ドラ、痛いから注意が必要である)
収穫も気をつけて、でも一杯頂いてしまった。

DSCF1924.jpg

DSCF1922.jpg

ダンボール2箱も頂、たまごんは、手作りで、ポン酢を作成。
非常にまろやかで、美味しかった!1年ぐらいはいけそうな量だに。

DSCF1927.jpg

お昼はこちらのお店に連れてきていただいた。
高台にあり、めっちゃんこ、眺めがいい。

DSCF1926.jpg

松茸は、手が出ないお値段でした・・・

DSCF1933.jpg

DSCF1934.jpg

はい・・・無理です。。
お見せ頂いただけで、しし鍋に舌鼓を打ちました。

DSCF1932.jpg

こ、これが、すごかった!!!
この辺りで捕れる、天然猪だそうですが、
もちろん臭みはなく、塩胡椒で焼いているだけなのに、
めちゃくちゃ美味しいんだわ。
下に少しもやしがひいてあって、もう、アッサリ、ぺろりと行けてしまう。
すんごい、熱っい鉄板で提供されるが、
これも素晴らしい。1人で2皿ずつ入ってしまったと思う。

DSCF1930.jpg

又眺めがよい、これは、最古の石のお城だそう。
現在は礎だけだが、昨日はお茶会も催されたようだ。

DSCF1929.jpg

そして、これが日本5大稲荷の一つだそうだ。

DSCF1936.jpg

DSCF1935.jpg

行ってみた。近くまで車でいけるので、何てことはない感じである。
やっぱり、京都伏見稲荷のほうがすごいかな。。

DSCF1937.jpg

DSCF1938.jpg

津和野名物という、「源氏巻」を購入。
こちらのお店のだけが、添加物を入れていないとの事で、
甘党には大変、評判がいいとお聞きしたのだ。
びぎんず、きっての甘い物女王、あねご、のお土産はこれに決定した。

大急ぎであったが、すごく素敵な町です。
皆さんも是非、特に、まつたけや、は、たぶん現地の人しか知らない
絶対お薦めなお店ですわ。
そして、次の宿、広島市場へ向かって出発です!




スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tabenomitamagon.blog105.fc2.com/tb.php/334-877ce254
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。