たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013旅日記その4
たまごんは、年越しを実家でくろ君と迎え
初詣にも行けて、これから、高松高知へと、くろ君とお出かけできます。
(あ、両親も一緒です)

で、2013年秋旅は続きます。
津和野で父の同級生に大変お世話になったあと、
向かったのは、広島の西条市。
私は未開の地ですが、両親は特にここで食べた
「美酒鍋」が食べたいとの事で、ここをメインに泊まることを選択しました。
この「美酒鍋」は、読み方も、曰くがあるのですが、
それは又後ほどで・・・(笑

DSCF1939.jpg

お泊りは、くろくんは、同泊できないので、
ジベタの駐車場がある、ビジネスホテルで。
んで、夕食は、調べて行った、このお店、
電気は切れてますが、「ふじ竹」さんへ。
某、サイトでは、点数は低いですが、
いろんな,たまごん的勘を働かせて、選びました。
まあ、個人的意見ですが、万人受けみたいな感想より
しっかり賛否分かれていて、しかも、いい意見が的を得てるお店のほうが
信用できると思いますわ。(某サイトは個人的感想ですからね。)

DSCF1940.jpg

こ、この、美酒鍋が食べたかったんです!!!

DSCF1941.jpg

鍋は、こびりつかなければいいみたい。
たまごんも、おうちでは、テフロンのフライパンでやりました。

DSCF1944.jpg

じょわん~、
これは、じつは、この西条市に沢山ある酒蔵の杜氏さん達が
お酒の仕込み中に、仕込み水や、造りかけのお酒や、汗に、
「びしょびしょ」になって、作っている最中に、
食べた賄い食だそうで、呼び方は「びしょ」鍋なんですって。

んでも、味わい深い、このお鍋。
このお店の親父さんに聞いたら、コツは、
「兎に角、鍋を熱く、まず、豚と鶏を焼く、
そして、鶏もつも焼く、しっかりとあっちあつで、
で、そこにお酒をいれて、しっかり沸騰させる。」
この肉をしっかり焼くのと、お酒を沸騰させるのが、大事なんですと。

DSCF1945.jpg

もち、地元のお酒、これは大阪でも飲めますね、
「亀齢」ですわ。

で、お酒が沸騰してなくなったら、
お野菜の類を入れて、蓋をする。
塩コショウのみの味付け。

DSCF1944.jpg

で、できたあああ~
これまた美味。。

で、途中出てきた、刺し盛

DSCF1942.jpg

感想は言いません・・・・・・

と、宴酣な時に、両親ともダウン。。
仕方なく飲み足りない、たまごんは、初広島西条市の町並みへ繰り出すのであった。。
スポンサーサイト

テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tabenomitamagon.blog105.fc2.com/tb.php/335-c4c4d2ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。