たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013旅日記その5
今年も年が明けて、早1ヶ月が経ってしまいました。
節分も過ぎ、立春というのに、雪混じるこの寒さ。
うーーん、たまごんも、凍えております。。

そんな日々、まだ去年の記事・・もういいかって?
一応、写真がある限りは続けますね。

広島、西条の晩御飯、初めての美酒鍋を楽しんだ後、
父母は、早々と宿へ帰ってしまい、
地団駄を踏むたまごん。。。
すぐ近所に、屋台村なるものを発見していた、
たまごんは、すぐにそこへ向かう。

DSCF1946.jpg

鉄板焼屋さんに入って「広島名物」って書いてあった
雲丹とほうれんそう料理??みたいなのを注文。
あまりの塩辛さに、賀茂鶴の純米酒300MLを残す始末・・
も、も、も・・・・この残念無念さは耐え難く、
タブレットで検索

DSCF1947.jpg

じょわーん希味とかいて、のぞみ、さん、って読むんだって。
すごく、高級店ぽかったですが、
ここまで来て怯むわけにはいかん!!と、入店。
すごくステキなお店だったので、写真はありません。
お腹はいっぱいだったので、その旨を告げ、
おつまみを2品くらいと、地酒を4種類くらい頂きました。
貝のお造りなんですが、(名前を失念
味が素晴らしかった。見た目はバイ貝みたいな感じで、少し小さめ、
1人前5個ってことなんで、どんな量かと思いきや
本当に適量でした。
サザエと鮑のいいところを取ったような
海の風味と甘み、歯ごたえ、どれも素晴らしく、
貝好きの母に食べさせたかったなあ~と。。
んで、ここのお店での収穫が、翌日の蔵めぐりに生かせることに

2013年の10月に、先ほど行った屋台村から移転されたらしく、
たまごんはラッキーにもこちらを発見できたというわけ。
23時閉店で、22時以降も入店可能を確認して
入店時にもお店のお時間の都合を確認した。
幸い、団体様(西条市は広島大学があり、
そこのお医者様の団体でした。いいお客さんついてますのお~)
がいらっしゃって、許可をいただけた。
お料理もすごくて、最初から、ここでじっくり腰据えて
飲んで語りたかったなあ~
でも、さきほどの、「ふじ竹」さんもよかったんですよ。
ここ西条市は、酒蔵でも有名な町ですから、
もし行かれる方がいらっしゃれば、希味さん、絶対オススメです。

さてさて、明日は、お楽しみ西条酒蔵めぐり






スポンサーサイト

テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tabenomitamagon.blog105.fc2.com/tb.php/337-fbdd936f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。