たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
ベランダの紫蘇の鰯はさみ
たまごんはもちろん、お料理もします。
そん時は、お酒との相性も考えます。
考える順番はどっちか、です。

1、お酒が飲みたいとき
今日は、日本酒が飲みたい!
とか、今日は白ワイン、それも濃いシャルドネのやつ、
とか、すっきりしてんの、
とか、渋い赤ワインは飲みたい、とかetc...です。
2、食べたいものがあるとき
逆に、今日は刺身が食べたい!
とか、揚げ物が食べたい、
とか、おでんとか鍋が食べたい、
とか、とろとろに煮込んだお肉のシチューが食べたいとか、です。

ほいで、組み合わせを考えるわけです。
そんで、今日はベランダで育てている、
紫蘇が調子がいいので合わせて見ました。

DSCF0287.jpg

紫蘇とは絶対にいわしが合う!と思っているたまごん。
鰯は手開きにして、骨をとります。
で、少し、お塩をしておいて、臭みを取ります。
ん~1時間くらいでいいかなあ。
新鮮なやつだったら、しなくてもいいくらいです。
で、包丁で叩くか、フードプロセッサーでミンチにします。
卵と片栗粉を少し加えて、紫蘇ではさんで、
フライパンでカリッと、焼くだけです。

DSCF0288.jpg
その後、たまごん的ポイントグー!は、その叩き身に、梅肉を入れること。
梅干は常備してるんで、それを包丁で叩いたらスグ出来ます。
梅干はソースにも出来るし、便利だよ~ん。

DSCF0284.jpg

こういう、お魚!ってお料理には、国産ワインが活躍します。

DSCF0286.jpg
山梨、グレイスワイナリーの甲州の辛口です。
単体で飲むと、「すっきりしすぎかな?」って思うんだけど、
鰯紫蘇巻きを食べると、不思議なんです。
お魚の味がスーと入っていって、紫蘇と梅肉の香りが
お口の中にポンって広がるんです。

うん、うん、美味しいアテです。

ベランダで育てた、ハーブ類は葉が柔らかいのが特徴です。
それに、完全無農薬だしね。
たまごんの紫蘇は結構元気で、しばらく、紫蘇料理が楽しめそうですハート

スポンサーサイト

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tabenomitamagon.blog105.fc2.com/tb.php/66-07a07d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する