たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
たまごんの夏休み~木曽開田高原編Ⅲと名古屋へ~
涼しい高原を満喫して、夏休みも終わりに近づいていますわ。
そんで、帰り際、お墓参りへ。
たまごんの親戚が眠っている場所。
昔小学生のころ、この親戚のおばあちゃんが
よくお小遣いをくれた。
決まって、帰り際、ポチ袋ではなく、
ティッシュに包んでくれた。
すごいうれしかった覚えがある。
だって、ポチ袋は中身が見えないけど、
ティッシュは透けて、聖徳太子の笑顔が見れたからうわぁ・・・
優しいおばあちゃんだった。

と、何と同じお寺に木曽義仲のお墓もある。

DSCF0676.jpg

DSCF0677.jpg

代々あって、立派なお墓だった。
罰当るんで、お墓の写真は撮ってないんだわね。
(当たり前か・・・)

翌日、名古屋から、大阪へ帰んなきゃいけない・・・

DSCF0634.jpg

DSCF0633.jpg

先日食べ損ねた、〝やば麺〟へ。
この名前はやばい、麺でなく、
矢場町という場所にあったからって聞いている。
名古屋では有名な地元雑誌、KELLYが作ったって言う話も聞いた。
今は、名古屋駅の、これも名古屋が誇る、
お中元やお歳暮、冠婚葬祭など、
進物には絶対ここのカトレアの包装紙でなくてはいけないといわれる、
絶対な百貨店ナゴヤエキ店の7Fにありますわ。

DSCF0630.jpg

メニューはシンプルな感じでしょ。

DSCF0631.jpg
名古屋では当時まだ珍しかった、
無化調を主張してたんだわね。

DSCF0632.jpg

たまごんは、塩ラーメンを注文。
う~ん><
完飲できんかった・・・うーむ
昔はもっとインパクトあったんだけれどなあ~

気をとり直し、名古屋駅中になる立ち食い蕎麦屋さん。
JRと名鉄の間くらいある、目立たないお店。
前から気になっていたんだわね。

DSCF0635.jpg

こんな看板だからね、惹かれるでしょ?

あの名人高橋邦弘のお店
〝晨光庵〟
しんこうあんって、読むんだって。

DSCF0636.jpg

あっさりとシンプルなもりそばを。
券売機でもりそばを購入。
その分、お得なことを期待する・・・

DSCF0637.jpg

お、来た、来た。

DSCF0638.jpg

白い、更科系ですな。

DSCF0639.jpg

う~ん、たまごん2連敗がっくり
腰がいまいち、か二つくらいだった・・・

でも、自然な味だったよ。
出汁とかはよかったと思うよ。
もう一度行ってみようって思うよ。

名古屋編はまだ続きます。







スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tabenomitamagon.blog105.fc2.com/tb.php/90-e8d9003b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する