たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
滋賀県守山へ~初潜入!松本畑
行って来ました、先週月曜日。
びぎんのお野菜は、ほとんどここから直送されます。
たまごんがお料理を説明するときも、
必ず「無農薬有機栽培で、滋賀県のんです」って
付け加えさせていただいてますわ。

で、パンパカパーンってよく晴れました太陽2

DSCF9841_20090914120759.jpg

DSCF9837_20090914120910.jpg

無農薬有機栽培だけれど、
文明の利器、トラクターをはじめ、
いろんな機械は使っていますって。

DSCF9851_20090914120615.jpg

いかにも、真面目で正直そうな松本さん。
野菜が美味しいのがよくわかりますわ。

DSCF9838_20090914120910.jpg

ほらね、こういう畑だから、
かえるも元気に跳ねとるんだわ。

DSCF9839_20090914120910.jpg

温度を上げるための、ハウスもあるんだね。

DSCF9840.jpg

これが、びぎんのマスタが速攻、仕入れた
イタリア原産のサンマルツァーノ。
生のまま食べても、皮は硬いし、全然美味しくない。
しっかし!火を入れると真価を発揮する。
すごく力強くて、濃厚なソースになるんだわ。
今、びぎんでとっても人気なパスタに化けています。
残り少ないんで、お早めにどうぞ。

んで、皆さん炎天下の中、
一生懸命野菜のお勉強してんのに、
横から、ささやき声が聞こえてくる・・・・

「なあ、たまちゃん、まだかなあ?」

(まだ、始まって5分しかたっとらんワイ!)

「俺倒れてもいいかなあ~」

(そーいや、昔、小学校や中学校の始業式や
終業式で、炎天下の中、校長の話がやたら長くて、
か細い、同級生がよく、バタンって倒れてたよなあ~

たまごんも倒れないかあ~ってよく思ったけど、
この、丈夫そうな体は、一回もそんな目にはあわんかったわ。

そうそう、特に中学校のときの、外人の校長は
確か、名前はシューベルト。。。話が長かったわ。
次の校長先生になったとき、
話が短くて、どーら、うれしかったわ。)

「あかん、俺、もう、ギブ・・・
あれ、飲んでいいかなあ~?」

DSCF9842_20090914120800.jpg

「だ、だからそれは、さっき松本さんが説明してくれた、
農業用水で、飲んではいけません、って
教えてくれたではないですかあ!!」

「だって・・・」

「イケルさん、倒れても、その丈夫そうな体では、
誰も信じてくれませんよお~」
って、言うや否や・・・

Dscf9843つぶし

チャダくんも心配して、駆けつけたが、
その健康そうな顔色を見て、
笑っていましたよん。

DSCF9844_20090914120800.jpg

後姿を見て、たまごんは、この写真に題名をつけました。

〝デブ一抜け〟

DSCF9846_20090914120801.jpg

と、〝デブ一抜け〟のあと、
40分ぐらいして、懇親会会場へ。

ビニールシートで日陰を作って下さっているんで、
写真はみ~んな、青い色ですわ。

DSCF9845_20090914120801.jpg

これのために今日は来た!
って思うくらい、清らかな風がつまみの
アップロードファイルがウマい!

この1缶目はほぼ一気飲みだわ。

DSCF9848_20090914120613.jpg

松本さんのお野菜も焼いてくれます。
お肉は羊だったけど、例え、近江牛だったとしても
たまごんは、このお野菜達が一番美味しいと感じたと思う。

ナスも炭火でホッコホコ、まるでお芋みたいでしたわ。

DSCF9847_20090914120613.jpg

んで、またこのきゅうりが最高!だった。
みずみずしくて、甘みがあり、
青さも感じる。最高のオツマミ。

ビールは、5本は飲んだね。

DSCF9849_20090914120614.jpg

チャダくんは野菜嫌いの子供に、何とか
野菜を食べさせたいって。
松本さんの野菜にはその力があるって、

たまごんも納得!!
実はたまごんの小さいころは、
無農薬の野菜とか少なかった。
あっても、めっちゃ高いし、買うのも大変だった。
んでも、たまごんのお母さんは、苦心して
無農薬の野菜や、無添加の食品を手に入れて
それしか食べさせてくれなかった。
マックやコーラ、カップラーメン、ポテチをはじめ、
市販のお菓子の類も一切禁止。
友達や従兄弟や親戚のうちにっても、食べるとわかると
殴られた、キビシカッタ・・・・。
当時はとても恨んだ。食べたかった。
法事とか、親戚の集まりのときに
従兄弟が美味しそうに食べてると、よだれモンだった。

ちょっと、大きくなって、中学生や高校生になると、
塾の帰りとかにコッソリ食べられた。
うれしかったけど、不思議と、口が欲しがらなかった。
いい年コイタ大人になって、
自由に手に入れられるようになっても、
たまごんはお菓子や、カップラーメンの類のストックはない。
欲しいとも思わないんだわね。

んでも、反対に、野菜は超!体と口が欲する。
しばらく食べなかったり、(1週間くらい)
外食が3日も続くと、小松菜とか、2足くらい
鍋にしてワシワシ食べてしまう。

オカゲサマで、たまごんは、セロリとチャービル、香菜以外、
好き嫌いはないし、
この年になって、だい~ぶ、オッキクなっても
コレストロールも、中性脂肪も、肝機能も
尿酸値も、全~部、一番低い値だ。

やっぱり、「食育」って大事だと思う。
感謝、感謝うるうる

DSCF9850_20090914120614.jpg

やっぱり、田舎はいい。
NZのワイン畑を思い出したわ。
行きたいなあ~

すいません、リストーロの続きは明日・・
















スポンサーサイト

テーマ:美味しいもの - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント
Re: ひどい・・・・
メールアドレスください。
きちんとお話いたしましょう。

> ひどい表現されますね。たまたま
> リンクをたどって見つけましたが。
>
> 写真も載せておられますが、
> イケルさんにちゃんと許可取った
> のですか?
>
> 文章見たらイケルさんきっと凄く
> 怒ると思いますよ。
【2009/09/22 14:45】 URL | たまごん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tabenomitamagon.blog105.fc2.com/tb.php/94-95e1e03a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する