たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013旅日記その2
すっかり、寒くなってきましたね~
昨日は最近お気に入りの中華のお店で蟹をほおばり
満腹の満腹で、週明けから頑張りたいです。
ワインも赤ワインが美味しくなってきました。
ハンガリーの珍しい赤ワインなども入荷予定です。
是非、ワインとお料理を楽しみに、びぎんへどうぞ。

で、秋旅の続きですわ。

DSCF1879_201311181226465c6.jpg

DSCF1880_201311181226449d4.jpg

蒜山高原は、初めてでしたが、いろいろあり
なかなか良いところでした。

DSCF1881_201311181226459b3.jpg

蒜山ワイナリーは、期待していなかったですが、
試飲したら素晴らしくて、梨で作った辛口のスパークリングとか、
赤ワインのしっかりしたのとか、買ってしまいましたわ。

んで、ドライブにて出発したのは
美保神社。海岸増を延々と行くので、結構遠いけど、
とってもとっても、神妙な神社でしたわ。

DSCF1883_20131118122647625.jpg

あまりに神秘的なんで、ちょっと写真が撮る気にならんかったわ。
でも、ここはお神楽でも有名。
素晴らしいお神楽が始まりました。

DSCF1884_20131118122647e98.jpg

DSCF1885_2013111812291309a.jpg

DSCF1886_201311181229141e8.jpg

んで、お参りしたら、花より団子。
干物が素晴らしく、買いましたわ。
鯖はもちろん地物で、おばちゃんが捌いて干しておりました。
これ脂乗って美味しかったわ~
残念ながら、のどぐろは、まだ干したて。。
別におっきな、めざしも買ったのだけれど、
これが塩辛くて、食べられんかったのですわ。
前に買った烏賊の塩辛もそうだけど、
地元の人にとっても保存食の意味合いが強いのかな~と思う。

写真は撮れませんでしたが、玉造神社や宍道湖などをドライブして
今宵の宿は松江森林公園
これが・・・・でした。
まず、サービス。駐車場までめちゃくちゃ遠く、
荷物があるので、近くに車を止めようとしたら、
「困ります」って・・・おい、どうやって荷物運べっちゅうんだ!!!
部屋は、とにかく広くて、これはよいが、テレビが旧型で兎に角ちっちゃい!!
近づかんと全然見えんわ。
んで、ミニキッチンつき、ですが、
いつ買ったの??みたいなボロボロのお鍋やフライパン、
包丁はまったく切れない感じ。
ひどかった・・・
高台なので、眺めはすごくいいので、ウエディングにはいいのでは??
んでも、境港で買った、山盛りの甘エビともさ海老を食べて、満足。

んで、いよいよ、出雲大社へ。
たまごんは2度目のご参拝。いいご縁がありますように

DSCF1889.jpg

DSCF1891.jpg

やっぱり、いいですなあ。
両親は初めてで、すごい、はしゃいでおりました。
しっかし、遷宮元年という事で、ももも、
観光客が多いんだわね。たまごんたちが行った前日は
連休の最終日たったんで、な、何とお参りするのに、7時間!!って。

DSCF1893_2013111812295114d.jpg

新宮は、後ろからも見られて、本当に良かったですわ。

んで、またしても、最近のお気に入りのお店を1つ。
なないろさんです。
移転なさって来たらしく、たまごんも、飛び込みで入りました。
12:30入店で、1:00までという、とても使い勝手の良いお店です。
日曜日も営業されています。(日祝は10時まで)
そっくりな、ご兄弟でやっていらして、
超美味しい和食と、修行なさった韓国料理の2本立てという
珍しくも、とても面白いメニュー構成です。
突き出しで出してくれる、お椀物のお出汁が、涙もので美味しいです。
もちろん、びいるは、Aでなく、一番搾り。
日本酒もすんごい、ラインナップです。
すでに2回行ってしまいました。
堺筋から、東へ入っていますが、雑踏から離れているので
とても雰囲気もいいと思いますわ。
ちなみにこのビルのお二階にも、素晴らしいバーがあるんですって。

では、秋旅は続きます。







テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

野尻湖での楽しい週末と、東京魚金
はたまた、ご無沙汰のたまごんです。
先週は土曜日にお休みをいただけて、
10年ぶりに学生時代の仲間と、夏合宿を行っていた、野尻湖へ。
もーもーもー、いっぱいしゃべって楽しかった。

合宿所からすぐ近く、いつも、お風呂に入りに来ていた
タングラム
今は、何と釣堀などあって、

DSCF1806_20130909123821e3a.jpg

このように焼いてもらえます。
友達の子供たちも大喜び、美味しかった。

DSCF1807_20130909123827569.jpg

懐かしいグランド。たまごんは、野球のマネージャーをしていました。
合宿では、いっぱいの、ユニホームや、泥んこの靴下、
毎日洗って、山の中だから、乾くのが遅くて、室内に干したりね。
もう忘れてしまったけど、スコアもしっかりつけてました。
エラーなのか、ヒットでつけるか、楽しかったなあ~。

東京へ戻ってきて、(大阪から電車を乗り継ぐより、
飛行機で東京へ行って、車に乗せてもらうほうが便利なんです)
一度は行きたかった、魚金へ。
たまごんは、ホテルから近かった、新橋のビストロUOKINへ。

DSCF1811_201309091238261ec.jpg

ラストオーダーギリギリの時間。
飲みきれなかったら、持って帰れる約束でって、
オーダーして選んでもらった、辛口のリースリング。
3600円でした。とってもイメージどおりで大変美味しかったわ。
インポーターさんに聞いたけど、このチェーン、
1店舗当たり、1日で、12本は必ず出るんだって。
すっげーわ、さすが、東京だわね。

DSCF1809_20130909123824bfe.jpg

マッシュルームのサラダ、480円。ボリューミーは間違いない。

DSCF1812.jpg

チャージ代わりのパン、290円。
お菓子バンでいただけないわ。ほとんど残しましたわ。

DSCF1813_20130909123916c78.jpg

つぶ貝のエスカルゴ風。パン粉がたくさん、ふってありました。
だもんで、ちょいくどい・・
ここにもパン付いてきた。。たしか、これも780円。

んで、写真忘れたけど、トリュフオムレツ。780円。
これは最高に美味しかった。たまごんだけに、卵大好き。

どれもこれもほぼ一偏に出てきて、もーーー大変。
んで、ラストオーダーだったんで、

DSCF1814_20130909123917930.jpg

シーフードパエリアの小、たしか、1080円??これ記憶ない。
あかんわ、全部養殖魚だから、ご飯に(ちゃんと、サフラン使っているのに)
養殖魚の臭いのが全部移ってしまった・・・
蛸は限りなく味が変で硬いし(有名なモーリタニア産とかか??)
海老だけちょっと食べて、ご飯少し齧って、ほぼ残すしかなかった・・・
閉店の20分前に会計が来た。〆て、7000円ちょいだ。
10分前には、「まもなく閉店しますので、お早めにお召し上がりください」のコール。

ワインを選んでくれた店長さんぽい人が、
たぶん電話に出てくれたとても感じのいい人、
帰りもワインが美味しかった旨を伝えると、
本当にうれしそうに見送ってくれた。
(たぶんそーゆーお客さん少ないんだろーなーと推察)
コールしたお姉さんも、感じはいい。
チェーン全店で、一括したサービスを命じられているんだと思う。
確かに量は多いし、高い食材も使っていて、ワインもお手ごろだ。
流行るのはわかる、ワインが高い東京だからなおさらだ。
けどなあ~、私あと500円足すから、上のランクのワインが飲みたい。
11時閉店だけど、10分前から、機材を店内に運び込まんでもいいじゃん。
ああ~店員さん皆素材いいのに、
これが、当たり前だと思って欲しくないなあ~、
勉強になった、東京の繁盛店、魚金グループでした。


というわけで、びぎんは、今日もすごくお客様をお待ちしております。
グラスワインは100MLで、700円前後ですが、
(100円お得な、ダブルサイズもあります)
他店の500円より、クラスが上のものを、
他店の700円よりも絶対中味的にコストパフォーマンスが高い、
と自負しておるものをご用意しております。
お会計!ってした金額は、安くありません。
きちんと、飲んでいただいて、召し上がっていただいて、
お一人様5000円以上はします。
でも、その価格以上のご満足を得ていただけるように
頑張ってワインを選んでいます。

そんな、びぎん、を、是非しっかりと楽しんでいただけるように、
今日もたまごんは、ワインを注ぎたいです。
あ、ビールも、こだわって入れています。
美味しい飲み物は、美味しい食べ物と共に。
美味しい食べ物は美味しい飲み物で更に美味しく。

ご予約は06-6211-1240です。










テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

鶴と亀、からの、福龍園 その続き
さてさて、休み明けたまごんも頑張ります。

DSCF1796.jpg

感嘆した奄美大島の天然マグロの中トロのあとは、
お酒のおつまみみたいなんがドドーンと、
鴨、鶏ムネの南蛮漬け、万願寺の焼浸、ツブ貝、
女将さんに「頼もしいですね~」といっていただいた
2合瓶はどんどんなくなっていきます。

DSCF1797.jpg

続いて、うなぎ豆腐などなる揚げ物が登場。

DSCF1798.jpg

すり身にお豆腐をミキサーでまわし、
うなぎを挟んであげたもの。
しっかり美味しいですわな。

DSCF1799.jpg

と、この長いものお漬物が美味しかったんですわ。

DSCF1800_20130820124454c53.jpg

愛知県のいわし、これすっごい美味しかったけど、
これだけは、炙ってほしくなかったなあ~と思ったわ。

DSCF1801_2013082012452298c.jpg

あおりいか、すいません、産地は忘れましたわ。

DSCF1802_201308201245232dd.jpg

和歌山の伊佐木。これ最高でしたわ。
皮のまま、刺身を炙り、一旦10分程度漬けにされています。
タマラン!旨みでしたわ。

DSCF1803_201308201245251b5.jpg

北海道産さんま、お盆が過ぎてからようやく入れられるようになった、
と、ご主人は話しておられたが、
個人的には、もっと、待ちたい感じでしたわ。

DSCF1804_20130820124526ec1.jpg

〆のかんぴょう巻き。
これまた、驚いたお味。
かんぴょうなんて久しぶりに食べましたが、
丁寧なお仕事がお口の中ではっきり感じられました。

DSCF1805_201308201245287d2.jpg

大阪の赤出汁の中では上物と認識。
(偉そうですが、名古屋豆赤味噌御用達たまごん的には、
赤出汁には妥協できないのですわ。)

DSCF1808_20130820124600833.jpg

追加で頼んだのは、雲丹と、
「光物何かまだありますか?」と聞いて
宮城の鯖を頂きました。
雲丹は、写真忘れましたが、軍艦ではない握り、
すごい甘みで、塩が美味しく感じられましたわ。

ももも、大感激のうちに、宴は終了。
これだけ飲んで、楽しめて、7,350円でしたわ。
めっちゃ、コスパ高い!!!
んで、このお店気持ちが良かったのが、
お客さんの質の高さ。
知ったかぶりスノッブは、もちろん、場違いなあがり族もおらず、
ご近所のお得意さまっぽい、アラ還かな?と思われる、ご夫婦とお姉さま。
純粋なご主人のお知り合いの方、
ほか、カップルの方も、きちんと日本酒を楽しんでおられた。
やっぱり、素晴らしいよね。こういうお店は。
美味しいお食事には、美味しい飲み物、これ必須。

DSCF1809_20130820124602777.jpg

んで、まだ7時過ぎってことで、
満席なら諦めようと思っていた、
たまごん的に日本一のマーボー豆腐が食べられる、
天満の名店「福龍園」へ。
中華風やっこ、300円、と、エビスビール。

DSCF1810_20130820124603655.jpg

小エビの炒め物、2000円(これは少しお高め・・・)
紹興酒にスイッチして、

DSCF1811_20130820124605b42.jpg

スーパーマーボー豆腐の辛いやつ、
たまごんが特別に注文。
そうそう、このお店、南森に住んでいたころは、
ランチは週に2回以上、夜も月2回程度通っていたから
今でも顔を覚えていてくださるの。
相変わらず、素晴らしいお味で、香辛料がたまらなく
この絶妙のバランスが、どこにもないお味。
ご主人とゆっくりお話もでき、紹興酒は3杯もお代わりし、
本当に満足な1夜でしたわ。

この2店、本当にオススメです。
たまごんは、日曜祝日がお休みのため、イザイさん同様、
あんまり行けないのが涙ものですが・・・。










テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

鶴と亀、からの、福龍園
いやあ、毎日暑いですね。
たまごんは、昨日はお休み、先週から始めた子一時間歩き、
は、先週に比べ、えらかったわ。。
そのあと、ベタベタのまま、お部屋の大掃除へ突入し、
お風呂へザブーン。

んで、予約できました。
西天満、って行ってもほぼ新地?、な場所。
お寿司の「鶴と亀」さん。
人気店らしく、予約がとりづらいという評判だったので、
大丈夫かな~?と思ったが、
お昼過ぎに電話したら、1人なら大丈夫とのこと。
ここは、5時、7時、9:30の3部制。
9しかないカウンターのお店です。
すべてが3500円のお任せで、時間内であれば追加できました。

DSCF1791.jpg

お店の詳しい情報は、有名ブロガーさんたちにお任せします。
突き出しは、モズクとお豆腐の酢の物。
酢具合が、甘くなく、むせることなくお気に入りでした。
箕面ビールで喉を潤しましたわ。

DSCF1792.jpg

お造り系です。というのも、すべて手が加えてあるんで、

DSCF1793.jpg

写真の光はご容赦くださいませ。
大葉の裏には、ゴマ風味の漬の天然のはまち、
白身魚の和え物(この白身が何かを教えて欲しかった)
アジのなめろう、烏賊の明太子和え、蛸酢(かたくなかった)
ホタテの酢味噌和えと、くらげの胡麻和え。
すぐにお酒を注文、初めて聞く天陰という、純米吟醸酒。
後の銘柄は知っていたので、これを2合で注文。
「頼もしいですね~」と女将さんから感心されましたわ。

DSCF1794.jpg

静岡だったと思う、平目。
お寿司は全部味がついていて、そのまま頂ける。
丁寧な仕事が全部カウンター越しに見えて
とてもまじめで真摯な態度が伺えた。
その間も電話が鳴りっぱなしでしたわ。
7時の部は、なかなか取れなさそう、

DSCF1795.jpg

この前に高知の金目鯛を食べてしまいました。
あぶりで出していただきました。
これは、奄美大島の天然マグロの中トロ。
これ驚き、かなり、大きいのに筋全くなし。
甘い旨み、あんまり、天然もののマグロを食べる機会がないので
ひっさしぶりに、感嘆いたしました。

時間切れです。
続きます。





テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

冬の三朝温泉 蟹三昧2
永らくご無沙汰しておりました。
このところ、日曜日は行事三昧で、楽しんでおりました。
一昨日の日曜日は花火大会で、奈良榛原まで出かけたり
んで、サンダルのストラップが全部切れて、裸足になるという
悪夢のような出来事を、コンビニで購入したビニール紐で、
足とサンダル底をくくるという暴挙に出て、何とか乗り切る。。
ふう~と、いうことで、だいぶんと、遅れて三朝温泉の続きです。

DSCF1469.jpg

今日は、昨晩の蟹会席より、更に、ゴウツクばって
活蟹会席を注文したんですわ。
この台はなんかなあ~と思っていましたら、
なんと、活蟹用の捌き台だったんですわ!

DSCF1472.jpg

まずは、地ビール3種で喉を潤し、

DSCF1471.jpg

DSCF1473.jpg

DSCF1474.jpg

前菜は早速、お酒のつまみばっかりで、

DSCF1477.jpg

は、始まりました!!!
活蟹、もちろん、シーズン真っ只中の、タグ付き、
日本海産松葉蟹でございます。
4年ぶりのご対面!!!

DSCF1479.jpg

足の部分は、氷水にさらし、しっかり花が咲いて

DSCF1481.jpg

うにょひょひょひょ

DSCF1482.jpg

これよ、これ!ここでしか味わえん、もう、うれしい

DSCF1484.jpg

甲羅の部分は味噌で焼いて、他、天ぷらなどにも

DSCF1485.jpg

DSCF1486.jpg

そりゃあ、夢のようなご飯でした。

DSCF1478.jpg

DSCF1483.jpg

鳥取牛は、豆乳しゃぶしゃぶで。
美味しいんですが、やっぱり、蟹に軍配!

DSCF1487.jpg

幸せの気分のまま起床の後は、また豪華な朝食が。

DSCF1488.jpg

こんなんみたら、また飲みたくなってしまいましたが、
残念だから、このまま大阪へ帰って、お仕事
その代わり、三朝米といって、この近所で取れる
天日干しのお米をしっかり頂きました。
お土産にも頂、大満足でした。

DSCF1495.jpg

DSCF1493.jpg

鳥取は三朝温泉、依山楼岩崎絶対オススメです。

DSCF1492.jpg

DSCF1494.jpg

DSCF1491.jpg

DSCF1489.jpg

DSCF1490.jpg

翌日も、きれいな、雪景色が広がっていました。
大満足な連休でした。
来年も行けるように頑張りたいっす!








テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

2013年冬の三朝温泉、蟹三昧
いやあ、暑いですね。
たまごんは連休を名古屋の実家で、くろ君と過ごしています。

DSCF1850_20130715170838.jpg

さて、話は遡り、今年の初め2月の連休のお話です。
2年に一回くらいは行きます。
鳥取の三朝温泉、ラジウム温泉としても有名ですな。

DSCF1463.jpg


ここ、依山楼岩崎は、父の後輩のお店なので、常宿ですわ。
今回は、活けのシーズン真っ只中の日本海産蟹を楽しみに。

DSCF1495.jpg

DSCF1498.jpg

雪景色が素敵ですわ。
今回は2泊して、蟹と温泉を満喫する予定ですわ。

DSCF1465.jpg

お風呂が見えます。自慢の源泉掛流しです。


DSCF1439.jpg

お宿について、まずは温泉に入った後、お待ちかねの夕食。
いやあ、しょっぱなから、お酒が進みそうなメニューですわ。

DSCF1442.jpg

しまアジは養殖・・・

DSCF1443.jpg

酒の肴シリーズ。

DSCF1441.jpg

今日の蟹刺は期待ほどでない・・・

これには後日談があります。

DSCF1440.jpg

〆の蟹酢もの。

DSCF1444.jpg


翌日も雪景色がきれい。
この日は国宝投入堂へ行く予定でござる。

DSCF1445.jpg

DSCF1446.jpg

DSCF1447.jpg

DSCF1448.jpg

三朝温泉よりだいぶ山に入るので、雪深いが、札幌の雪質には敵わないわ。

DSCF1450.jpg

見えるが、登れるわけもなく、

DSCF1453.jpg

DSCF1455.jpg

やっぱり雪景色はめっちゃきれいだわ。

DSCF1454.jpg

霊験あらたかなお水を頂戴して、

DSCF1452.jpg

DSCF1451.jpg

やはり、雪景色に酔い、

DSCF1458.jpg

来ました、お土産所

DSCF1457.jpg

DSCF1456.jpg

夕食にちょっと食べて、あとは両親と半分子でお持ち帰り、

DSCF1459.jpg

ここが良かった!

DSCF1462.jpg

買いませんでしたが、安かったように思う。

DSCF1468.jpg

三朝村の公衆浴場、

DSCF1467.jpg

株湯、って言います。
建て直しされて、すっかり、きれいになりました。

DSCF1466.jpg

さあ、依山楼岩崎に帰って、活蟹特別懐石を堪能だ!!!







テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

東京での結婚式&再会
全くもって、更新できず申し訳ありません。
今回は、5月に結婚式に御呼ばれしてきた東京編です。
東京で2泊できるなんて、夢のような日程。
結婚式は大学の同級生、うーーん、初婚です
なんと、10時の挙式、11:00の披露宴で、
結構タイトなスケジュール!!
まずは、髪の毛と着付けを早朝から受け付けてくれる美容院を探し、
ネットは便利だわ~と、便利な谷町界隈に感謝しつつ、
土曜日のお休みは頂けたけれど、
さすがに、前夜の勤務から、3時間睡眠でも、
結婚式には間に合わず、披露宴から出席の予定でスケジューリング。
飛行機の予約やら、乗り換えの京急やら、
ビッシリ計画を立て、何とか遂行

御呼ばれした先はエメヴィメール
東京事情にすっかり、遅れてるたまごんは知らなかったが、
なんと、星付きのレストランでしたわ。
よく考えてみたら、この友達、学生のころからグルメでしたわ。

この日の東京は生憎雨せっかくのご自慢のお庭での挙式は中止。
で、その前にもっと困ったのが、フライト!!
雨のせいで視界が悪かったのか、羽田の上でぐるぐる・・・
到着時間はお空の上では、予定より10分程度早くなるって言ってたのに、
20分以上遅れる始末・・・
んで、着物で猛ダッシュしたものの、
予定の京急を2本取り逃がし、品川に到着。
んで、タクシー乗り場にも列が!!!
ああ~泉岳寺まで行けばよかったかな、と、軽く後悔したが、
タクシー待つこと15分、土曜日で官庁街が空いてたので、
何とか、会場に着いたんだわね。

DSCF1659.jpg

早速のご自慢のお食事。

1品目
「オマール海老と香味野菜のサラダ仕立て、
柑橘フルーツのヴィネグレット」
オマールは新鮮で臭みはなかったわ。
結構期待できそう!な1品目でしたわ。

写真の明るさが悪いのはご愛嬌でお許しをば。。

DSCF1662.jpg
2品目
「冷製グリーンピースのヴルテ サーモンのマリネとロメインレタス」
これも、生サーモン嫌いなたまごんもペロッといけましたわ。

DSCF1666.jpg
3品目
「メバルのヴァプール マリニエ風」
たまごん的に合格な味。ソースが美味しかった。
この辺りで、総料理長(超有名な人らしい)から
お料理についてじっくりご説明いただき、納得。。

このあと写真ないですが、シャンパングラニテ。
甘いもの苦手なたまごんは、一口でスルー。。

DSCF1670.jpg
メインですわ、
「フランス産鴨のロティとレギュームグラッセ
ハーブの香るソース」
レギューム(角切りの野菜)はそう見当たらんが、
アスパラがどら、太くて、美味しかった。

んで、デザートビュッフェ、へと続くんですが、
このビュッフェが、名ばかり!
まあ、たまごん、甘いものほとんど食べないからいいけど
ものの10分程度で終了・・
お手洗いにいっていたら、終わっていた。。。
これ、レストランウエディングでひどくないっすか??
披露宴自体はすごく感動的で、久しぶりに心が洗われた。
たまごんは、新郎のほうと、同じサークルの仲間で
その中でも1組夫婦がいるし、みんなで、同じテーブルだった。
新婦も2こ下なんで、新婦のご友人も皆おない年くらいで、
本当に、アットホームで心のこもった、2人の心映えが
よく反映されている披露宴だった。
お二人の幼少から、いろんなスライドがあり、
学生時代のには、たまごんも登場したり、
長い付き合いのお二人だったんで、いろんなエピソードもあり、
ご家族も仲がよくて、感動的だった。。
んで、本当に素晴らしいお式だったのに、
余韻もなく、カッキリ2時間で切られたのにはちょっと幻滅した。。
東京でもいろんなとこがあるんだよね。。

このあと2次会は超有名老舗店、
アクアパッツアの姉妹店だったマンジャペッシェ
写真はありませんが、こちらもお二人のお人柄が出ていた、
非常に、いい2次会でしたわ。
ただ、このレストラン、副都心線を使うんですが、
なんと、渋谷から3駅程度なのに、
急行ですっ飛ばされてしまう駅、
知らぬドジたまごんは、何と3回も往復し、
ドアに着物姿で挟まれ、何とか到着したのでした

東京編続きます!




テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

イザイのスペシャルディナー 続き
今日は早々にお片づけして、早めのお風呂待機中のたまごんです。
先週の素晴らしい、ディナーの続きをば。

DSCF1769_20130528111617.jpg

続いては、スープです。
完熟トマトのガスパッチョ。
これ、先日のランチと重なっていたからなあ~・・・
でも、美味しいのは紛れもない、事実です。

DSCF1771_20130528111619.jpg

フォアグラのミルフィーユ仕立て。
お隣、は、マンゴーのソルベですわ。
ここのフォアグラは、前回のテリーヌも同様
すごく丁寧に仕事されていて、臭みは全くなし。
トローーーー、と口の中でゆっくり溶かして、
エルミタージュ白古酒と合わせたいんですわ。
びぎんと同じくらい美味しかったですわ。
というのも、たまごんは、フォアグラやトリュフって
あんまりいい思いをしたことがない。。。
トリュフは、何か、ホテルの宴会で、出来合いのテリーヌという名の
かまぼこみたいなのに、細かく黒いのが混ざってるのだけで、
味も素っ気もない、香り???って感じで。
フォアグラも脂っぽくて臭いだけ、
その割りに高くて・・・みたいなイメージだった。
んでも、テリーヌにするときは、きれいに血栓を取ったり、
香りのいい洋酒でマリネしたり、
手間隙を掛ければ素晴らしいお料理になることを教えてもらった。
つーわけで、もちろん、ここ、イザイさんも、大好き。

DSCF1772_20130528111620.jpg

この断面をご覧頂きたい。

DSCF1773_20130528111621.jpg

お魚料理は、甘鯛と花ズッキーニ。
おお、来たよ来たよ、この季節の花ズッキーニ。

DSCF1774_20130528111645.jpg

と、喜んでいたら、それだけではない!
中にはホタテのムースが仕込んでありました。
ああ~今思い出しても、よだれが出るう。。。
この、花ズッキーニ、前出のつぶ貝の茄子ピューレと並んで
2大美味しかったお料理でしたわ。

DSCF1775.jpg

甘鯛は、お約束通り、鱗付きで、パリパリに焼き上げてありました。
ん、ここのお魚料理大好きだわね。

DSCF1777.jpg

メインは、鴨を頂きました。
同行してくれた、なおちゃんは、仔羊を選択。
ちょこっと、かえっこしてくれましたが、
羊が久しぶりに美味しいと思える味でした。
臭みがなく柔らかく、ロゼの具合が、
通ぶったロゼ過ぎず、メッチャ好感が持てました。
しかし、このお肉のお皿の半分くらいで、もう満腹プク
もちろん、これに合わせて、別途赤ワインを頂きました。

DSCF1778.jpg

デザートは、1皿で。
たまごんは、チーズケーキイザイ風。
これ、チーズケーキのアイスになっているんだわね。
甘いもの好きくない、たまごんも、アイスは大丈夫。
これに、手作りのマカロンとミニフィナンシェの小菓子と、
コーヒー紅茶エスプレッソの選択が付きました。
ひょええ~マ、マジで、ぐるじい・・・
ほんと、大変お値打ちで価値のあるお店ですわ。

帰りにはシェフに見送って頂き、ルンルンで帰途に着きましたわ。
今月からは、通常のランチディナーとも、値上げされるそうです。
でも、そのお値段でも納得できる、素晴らしいお店です。
平日のお休みがない、たまごんは、なかなか来れないですが、
また、次回期待したいと思います。










テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

イザイのスペシャルディナー
平日のお休みを満喫した、たまごんです。
平日にしか行かれないお店、もう、大分と有名になってきましたね、
西天満の名店だった「ラカント」さんのあとにオープンされた
今後、大名店になりそうな予感がする
〝イザイ〟さんですわ。
今日はシェフスペシャル、7000円でお願いしました。
前回、5000円のコースがあまりにもコスパが高く、
ボリューミーだったので、今回は、量はそこそこで、
と、お願いいたしましたわ。
でも、このイザイさんも、ニックキ!!円安のせいで、
食材が高騰!とのことで、
6月からはディナーも6500円に値上げとのこと
まあ、致し方ないですね。
でも、円高の3年間、ほとんどのインポータ-が
値下げもしなかったのに、円安になるとすぐ値上げ!
ほんと、恩恵がないですわ。

DSCF1762_20130528111548.jpg

というわけで、今日は楽しみます。
アミューズは、この卵のお料理。
アスパラガスのスプーマが入っています。
それを、自家製のブリオッシュで掬っていただきます。
このブリオッシュが美味しいんだわね。
スタートは、グラススパークリングを頂きました。
900円です。

DSCF1764_20130528111549.jpg

2品目、マグロのタルタル雲丹乗せ。

DSCF1765.jpg

うりょおお~、たまごんの好物ばっかり。
雲丹甘いわ。タルタルはピクルスと玉葱がしっかりサポートしていて
かなりはっきりした好みの味わい。
でも、たまごん的には、ちょい、香草が多すぎる。。

DSCF1766_20130528111552.jpg

お次、かつおのタタキ水ナス添えと、つぶ貝ナスのピューレ添え。

DSCF1768.jpg

かつおは、鹿児島産だったと思う。。

DSCF1767.jpg

んで、こっちのつぶ貝、
すんごい、大振りの身なんですが、
何といっても、この茄子のピュレの味わいが、すごかった。
甘い濃い、で、つぶ貝が負けない。
これは、今日の1,2のお皿でしたわ。

んで、この辺から、白ワインへ。
持ち込み料、2000円でOKと許可を頂いたので、
こういう時のために取って置いた、
「エルミタージュ 1998」白!!!!
もう15年もたっているのに、全くヘタレていない、
常温でさえ飲めそうな、素晴らしいクリーミーでナッティーな
家飲みでは勿体無いような白ワイン。
実は、びぎんで、もし飲んでいただけるなら・・・
と思って、半年粘ったのですが、
やっぱり、どんなに、素晴らしくても、
お値段がお値段なので、お客様には、見向きもしてもらえませんでしたわ。
んでも、同行者なおちゃんは、すっごく反応してくれて、
すごい、うれしかったわ。大満足


つーわけで、今日は時間切れです。
素晴らしいディナーは続きます。


テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

すっかり、初夏の陽気ですが・・・
日曜日なのに、生憎の雨。
たまごんも、おうちで、まったりしております。

ここ1ヶ月、母が大阪に来てくれるわ、んで、名古屋に行ったり、
先週は東京へ久しぶりに行き、
ななんと、初めてのミシュラン二つ星レストランで
大学の友達の結婚式に出席、
他の友達とランチしたり、
唯一の中高時代の友達の新居にお泊りに行き、
子供たちやワンコとじゃれたり、
その前はその準備でバタバタ、と、ブログをちい~っとも、
UPしない言い訳をしております。
今日の晩御飯は、近所のどわい好きな、和さんへ、
とびっきりの和食を食べに行く予定。
んで、もう初夏の陽気なのに、桜の京都編の続きです。

京都御所は、本当に見ごたえがたくさんです。

DSCF1530_20130415130754.jpg

ここで、皆さん御車を降りたんですねえ。
平安文学を愛するたまごんには、感慨深いわ。

DSCF1534.jpg

蹴鞠も保存会の方たちが再現してるんだわさ。

DSCF1531.jpg

ちょっとだけ桜も残っていたわ。

DSCF1537.jpg

おお!!紫宸殿。
この漢字を見るだけで、胸がわくわくするわ。

DSCF1536.jpg

DSCF1538.jpg

桜にも色々名前が付いておりますわ。

DSCF1539.jpg

きゃはあせ、清涼殿!!!!
しばらくは、この空間をゆっくりしたい!

DSCF1541_20130415130905.jpg

お庭に橋がある。
貴族皇族はここで遊ばれたのか・・・

DSCF1540_20130415130905.jpg

DSCF1542_20130415130905.jpg

DSCF1552_20130415130922.jpg

DSCF1546_20130415130921.jpg

DSCF1550_20130415130921.jpg

いろんな、歴史で学んだ場所の名前があるんだわ。

DSCF1549.jpg

襖絵も遠目だけれど、見ることができますわ。

DSCF1555.jpg

DSCF1553_20130415130935.jpg

DSCF1554_20130415130935.jpg

京都御所は、ちょっとだけ桜があって、

DSCF1556.jpg

DSCF1557_20130415130937.jpg

でも、八重桜は満開だったんで、

DSCF1558_20130415131111.jpg

見えるところに場所を陣取り、
お弁当、と、クーラーボックスで持ってきた
びいるを、グビグビッといきましたわ。
お弁当は、画像が汚いのでないですが、
自分で、早起きしてサンドイッチや、しゅうまい、
ウインナー焼いてきたんだわ。
これで充分!!!

DSCF1564_20130415131113.jpg

そしてバスは、上賀茂神社へ移動。

DSCF1559.jpg

DSCF1562_20130415131112.jpg

DSCF1561_20130415131112.jpg

DSCF1568_20130415131223.jpg

DSCF1567.jpg

しだれ桜は満開で、すごくきれいだったわあ。。

DSCF1565_20130415131221.jpg

DSCF1566_20130415131223.jpg

結婚式もしていたり、雅楽も見せていただけましたわ。

DSCF1573_20130415131333.jpg

DSCF1571_20130415131332.jpg

DSCF1569.jpg

下賀茂神社では、縁結びもしっかりお願いして、

DSCF1574_20130415131334.jpg

途中、お漬物の大安に強制的に寄らされたんだけど、
これが、うれしい誤算!!
全部試食できて、安いし、色々買ったんですが、
どれもすごく美味しくて、近鉄でまた買ってしまいましたわ。

DSCF1577_20130415131403.jpg

んで、今日のメインイベント、
夜の清水寺、特別拝観へ!!!

DSCF1575_20130415131334.jpg

DSCF1572_20130415131334.jpg

清水寺も、まだ、しだれ桜はきれいに残っていましたわ。

DSCF1578_20130415131404.jpg

開門と同時に、上へ登っていきます。
バスツアーだから団体で、一番先に並ばせてもらえるんだわね。
これもよかったわ。

DSCF1582_20130415131405.jpg

DSCF1581_20130415131405.jpg

DSCF1580_20130415131405.jpg

DSCF1583_20130415131421.jpg

DSCF1585_20130415131422.jpg

DSCF1584_20130415131422.jpg

まだ夕暮れ時だったから、明るくも見えるんですわ。

DSCF1587_20130415131423.jpg

DSCF1586.jpg

DSCF1590_20130415131436.jpg

DSCF1592_20130415131437.jpg

DSCF1591.jpg

京都の町や、別角度で見る清水の舞台も最高で、

DSCF1593_20130415131438.jpg

DSCF1594_20130415131438.jpg

遠くに別の塔もきれいに見えます。

DSCF1598.jpg

DSCF1599.jpg

DSCF1596_20130415131449.jpg

DSCF1601.jpg

日が暮れてきたんで、2週目に突入。
このころになってくると、だんだん人が混んできましたわ。

DSCF1600_20130415131450.jpg

あんまり寒かったんで、茶店に入って熱燗を一気飲み

DSCF1606_20130415131502.jpg

DSCF1602_20130415131501.jpg

DSCF1604_20130415131501.jpg

DSCF1623_20130415131534.jpg

DSCF1624_20130415131534.jpg

DSCF1621_20130415131533.jpg

DSCF1618_20130415131519.jpg

DSCF1620_20130415131519.jpg

DSCF1615_20130415131518.jpg

DSCF1614_20130415131518.jpg

DSCF1611_20130415131517.jpg

DSCF1608_20130415131503.jpg

DSCF1605_20130415131502.jpg

ライトアップされて、本当にきれいで、

DSCF1635_20130415131600.jpg

DSCF1636_20130415131600.jpg

DSCF1639_20130415131600.jpg

DSCF1633_20130415131549.jpg

DSCF1630_20130415131548.jpg

DSCF1631_20130415131548.jpg

DSCF1627_20130415131547.jpg

DSCF1629_20130415131547.jpg

DSCF1625_20130415131535.jpg

DSCF1626_20130415131535.jpg

あまりの美しさに、たまごんは写真を撮りまくり、
清水寺を3周もして、バスの集合時間にギリギリ間に合いました。
このツアーは、4月8日だったんだけど、本当に満喫できましたよん。
バスツアーこれからもハマリそうです。
ちなみに、私同様、女性のお一人様結構いらっしゃいましたよ














テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ



プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。