たまごんのワインと美味しいもん~
日本ソムリエ協会認定のシニアワインアドバイザー・たまごんは食べることと飲むことが大好き~ ワインは特別!!名古屋、東京、ニュージーランドを経て、今は大阪で食べ飲みしてまあ~す!!
たまごんの東北旅行 6
いい天気が続いていますね。
先日、お知り合いの方が亡くなられました。
ブログで拝見していたら、わずか、
10日前には元気に写真に収まっていらした。
病気が病気だったので、いつかは・・・ということは感じていましたが、
こんなに急にっていう感じです。
たまごんの、おじいちゃんと同じ病気で
おじいちゃんは、寝たきりになってから結構長かったので、
それを思うと、ご家族の負担を慮って、
家族思いの方だったのかな・・とも思います。
でも、ご家族はもちろん、
ご本人も、急すぎて、心の準備もできていなかったんではないかなあ。
いろいろ推察すると、胸が詰まります。
ご冥福をお祈りします。
合掌。

んで、東北は、むつ、に到着。

DSCF1156.jpg

DSCF1157.jpg

DSCF1158.jpg

今日の宿泊が、陸奥グランドホテルっていうんだけど、
このホテルがすごかった!
地元、むつ市の名士中の名士、菊池さんがオーナで、
とにかく玄関にも「菊池家」のちょうちん、
で、ねぶたの、いろんなのが飾ってあるんだわね。

DSCF1155.jpg

いやいや、すごい。
ちなみに、今低視聴率まっしぐらの平清盛の主演
松山ケンイチさんも、この陸奥の出身ってことで
清盛にまつわる厳島神社のパネルなどもいっぱい飾ってありましたわ。

DSCF1160.jpg

んで、晩御飯へ出発。
びっくりしたんだけど、この、むつって言う町は
大分と開けていますわ。
ホテルの部屋からもすごいきれいな夜景が見えたし、
中心部と思われるあたりは、飲食店がいっぱい。
人もいっぱいで、平日なのに賑わっていた。
小さい町なのに、「ジブラルタル生命」の支店まであったわ。

晩御飯は、父母が前回感動した「天一」さん。
なんて事なさそうな、天ぷらやさんと思いきや、

DSCF1161.jpg

どどーーーーん!!!!
大間の本マグロなんですわ。
中トロや大トロ、赤身なんてのは序の口、
以前東京で初めて感動した、脳天、は、もちろん、
ひれの付け根の部分や、ほほ肉、背びれの上のほうなんか、
ももも、初めてのお味、香るお魚、
本マグロの真骨頂ここになり!!!
ってな、一皿なんですわ。
この一皿で2万くらいかあ~??なドンとなボリューム。
大トロや、東京の人形町で食べて感動した脳天はもとより、
ひれの付け根とかが感動のうまさでしたわ。
これは、大間でも食べれん、本当の真髄のお味。

DSCF1162.jpg

んで、刺身の盛り合わせ。
これも画像では、っていうか、カウンターで、
ネタケースを見てもたいした事ないって、思ったんですが
これまた、全部飛び抜けたお味。
たまごんの大好きな、蝦蛄もすっごいジュージーで、甘かったわ。
ほっき貝、もちろん生、十和田の鱒、鯛もすごかった。
どれもこれも、地元で揚がったものばっかり!
完全に逆の意味で期待を裏切られた。

DSCF1163.jpg

当然日本酒、ここの地酒亀吉
これも、純米吟醸生原酒。
最初は300MLの瓶でしたが、あまりにも酒を誘うので、
途中から4号瓶で、2本!!!
他にも、天ぷらとか、焼き物とか、
茶碗蒸し、〆の汁物など、頼みましたが
こんだけの内容で、1人8000円程度。
いあやあ、、、驚きのお店。
大満足でしたわ。この旅行では、男鹿のきららかと、
ここの天一が双璧でしたな。

この陸奥グランドホテルは、温泉もすごくきれいだし、
建物も大きくて、ほんと、オススメですわ。

DSCF1164.jpg

翌日は2日酔いもなく、スッキリお目覚め。
お土産も買いに町の中心部へ。
この「まさかりプラザ」は、いわゆる役所的な施設だけど、
とってもよかったんですわ。
お土産もバッチリ揃っていましたし、
いろんなお祭りの歴史、ねぶたについても、展示してありましたわ。
ほんと、むつ、大好きになりましたわ。
絶対また来たい!!!

DSCF1177.jpg

んで、遠路はるばる、大間へ向かいます。





テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

たまごんの東北旅行 5
今日は、金曜日、わいん屋びぎんです。
今日はですね、とびっきりのお魚がびぎんに届くはずなんです。
それが、マスタの手に係り、素晴らしいお料理に変身すれば・・・

白ワインは、お魚に合う、日本のワインをお出ししたいと思います。
この甲州種は、そのまま単体で飲むと、
「うむ」みたいな、辛口なんですが、
お魚とあわせると、真価を発揮します。
特別に区切られた畑で作られた、葡萄で作られたワインです。
日本風のお魚、〆鯖とかに代表される、大阪名物きずしの類、
殻から開ける、赤貝やとり貝、これから、おっきくなる牡蠣など
生や、酢の物で美味しい貝類、
河豚、カワハギなんかの肝も添えられた、白身の薄造り。
これら、日本人に生まれて万歳!みたいな、和食の粋は、
残念ながらワインには、全く合いません!
濃くてタンニックな、赤ワインなんて絶望的
たまごんも、大概は、日本酒をいただきます。
でも、この甲州はイケます。
美味しい、きちんとした作りの甲州は、素晴らしいです。

つーわけで、今日は、ご用意したいと思います。
もし、お魚料理が流れた場合は、
ブルゴーニュ、オークセイデュレスの白、2005ヴィンテージ、
コナレタ感じで、白ではこの熟成は珍しいですわな。
ミネラルもしっかりした、カチっとした白です。
これをご用意したいと思います。
お客様がたくさんいらして下さったら、両方開けちゃいます

赤ワインは、初めてのイタリアです。
サグランティーノ・モンテファルコ これもヴィンテージ、コナレテます。
と、ウンブリア州のメルロー100%、これも2006年、イケマスよ!

では、では、八甲田山ロープウエイに乗ります。

DSCF1147.jpg

DSCF1148.jpg

DSCF1149.jpg

DSCF1150.jpg

まだ少し、紅葉には早かったですが、やっぱ、山はいいですな。

DSCF1150_20121022124139.jpg

DSCF1152.jpg

DSCF1154.jpg

ロープウエイで登ると、ちいと、色づいておりましたわ。
ちょっと、曇ってきて、見晴らしは普通でしたが、
映画の撮影なんかもあった場所らしく、
若き日のソフトバンクおとうさん白犬(北小路欣也)もパネレってましたわ。
この山頂にもレストランあって、これが、ご当地の食材ばっか使っているのね。
以前なら、こういう観光地では、ありきたり喫茶店メニューだったのに、
うん、いいこと、地産地消大好き!!!
また、こっから本格登山される方は皆さん、65は超えておられると拝察でき、
しかもすべて女性で、すごいなあ~と感心したりしましたわ。

DSCF1159.jpg

今日のお宿は、陸奥です。
ううもお、、、、すっごい好きな町でしたわ。

んで、その前に向かったのは、青森市。
お昼はこの青森の市場で、のっけ丼なるものをいただきました。
たまごんの、写真は、あまりにも、汚いのでありませんが、
青森古川市場で、詳しく説明されています。
いわゆる、業務の方が来る、市場なんですが、
一般消費者のために、お刺身やお惣菜などを
とっても小さいサイズ、100円とか200円とかで、売っているんです。
で、それに、地元のきのこが入った味噌汁とつがるロマン、
のごはんに、自分で好きなように、乗っけて食べる、
で、「のっけ丼」なんですわ。
すごくいいんですが、ちょっと、寂れていて、
何か物悲しくなりましたわ。
青森駅自体はすごく立派なのに、周りはほんとに閑散としてました・・・

皆さん、韓国や香港、ガムもいいですが、
われら日本人、東北へ行きましょう!!!
んで、お金をいっぱい使いましょう。
ほんと、素晴らしいところです。









テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

たまごんの東北旅行 4
また、1週間の始まりですな。
先週のわいん屋びぎんでは、タイ記録更新でしたが、
土曜日のお客様方がすごく、ワインを気に入ってくださり、
また、ショレイボーヌの05ありますか?って、たまごんのブログを見て
お電話くださる方もいらっしゃり、大変うれしかったです。
頑張って、いいワイン探しますね。

そいで、秘境猿倉温泉へ到着。
なんと、源泉が4個もあり、今日のお宿はロッジ風の1軒屋で
2階建ての木目調、凝ったな感じで
お部屋にも露天風呂が付いており、
本館のお風呂も2箇所あり、たっぷり楽しめるというわけ。
ちなみに、すぐ近くの蔦温泉しかり、
1つの温泉に付き、1つのお宿しかないんだわね。

DSCF1138.jpg

十和田湖&奥入瀬渓谷を楽しんだ後なんで、
お風呂に早速浸かり、すぐご飯。

DSCF1141.jpg

また、お酒のつまみばっか(笑

DSCF1139.jpg

当然、日本酒注文。
ここのオリジナル日本酒って言うから、期待したら、

DSCF1140.jpg

な、なんと!!!純米はもちろん、大吟醸の生!!
モチ!地元の作り手。
大阪では、決して飲めない、こういう銘柄が楽しめるのも
旅行のお楽しみの1つだわね。

DSCF1142.jpg

今日のお料理の一番はこれ。
岩魚の塩焼き。
普段食べるのより、断然身がふっくらしてて、味がきれいだった。

猿倉温泉は、本当に湯量も豊富で、この旅行では1番いい湯と感じましたわ。
こっから、十和田湖へ温泉が運ばれています。

DSCF1144.jpg

翌日大満足で、八甲田山へ出発。
その途中、素敵な沼、温泉で、湯気が出ている沼。
紅葉がきれいでしたわ。

DSCF1145.jpg

と思ったら、すぐ近くの温泉へ寄り湯。
酸ヶ湯温泉、すかゆおんせん、って読みます。
この温泉が、本当にこの文字通り、酸性で、しかも、キツイんですわ。
たまごんは、いい気分で上げってきたら、足と手が真っ赤か!!!
急いで湯船に戻り、ボディソープで洗いました(笑
でも、ここも、超秘境でいいところでしたわ。

DSCF1146.jpg

っで、八甲田山へロープウエイで向かいます!





テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

たまごんの東北旅行 3
なまはげ館では、なまはげの歴史を展示してたり
実際のなまはげの様子をTVで流していたりして、
知らない事実がいっぱいで、以外に面白かったんですわ。

DSCF1102.jpg

中でも一番のオススメは、これ、
なまはげの装束をさせてくれて、記念写真を撮ってくれます。
ううん、これは本と記念になるわ。

DSCF1103.jpg

DSCF1104.jpg

DSCF1105.jpg

DSCF1106.jpg

DSCF1107.jpg

DSCF1108.jpg

中には、村によっていろいろ違う、なまはげがいて、
いっぺんに、展示されているんだわね。
注意書きに、「個々のお面の撮影はご遠慮ください」って言うような注意書きがあった。
村の名前とかもあって、ほんと、見応えありでしたわ。
期待を裏切られ、来てよかったですわ。

DSCF1109.jpg

館内のテレビでは、実際の年末のなまはげの様子が
再現されている映像が流されていて、
その横にも、なまはげがいるんだわね。
ちなみに、こういう山深いところは御山信仰みたいのがあって
ここもなまはげ館のお隣にお寺?神社??みたいのがあって、
なまはげ館とは、共通の入場券もありましたよん。
男鹿にいかれたら是非オススメしたい所ですわ。

DSCF1110.jpg

そろそろ、お腹も空いてきましたので、
昼食は、これも絶対食べたかった、比内地鶏のきりたんぽ
を食べさせてくれるお店を訪問。
秋田県事務所の人に母が教えてもらったというお店。
「村の駅(道の駅ではない)トプカイ」

DSCF1120.jpg

DSCF1121.jpg

店内は平日にもかかわらず、大繁盛!!!

DSCF1112.jpg

DSCF1113.jpg

親子丼が大好物な父は、比内地鶏の親子丼定食を注文。

DSCF1114.jpg

これは、お肉はもちろん、卵も比内地鶏で、
このトッロトッロ具合がすごかったし、完成度が高かったわ。

DSCF1115.jpg

DSCF1116.jpg

んで、たまごんは、お楽しみだった、きりたんぽ鍋を注文。

DSCF1118.jpg

ちゃんと、天然のせりも入っていて、お出汁がすごい!!!

DSCF1117.jpg

きりたんぽ自体も、前に食べたことがある、
すぐ、グチャって崩れるようなやつじゃなくて、
モチモッチってしてて、噛むとサクッってほぐれて、
お米の味もしっかりする。
こりゃあ、食べに来た甲斐あるわ、な、お鍋だったわ。
ちなみにお米は、あきたこまち、杉に巻きつけて、
炭火で焼き上げないとイカンのだって。


DSCF1119.jpg

店内には売店もあり、比内地鶏も買えます。
んでも、比内地鶏の餃子は、アンマ、オススメではありません・・・

DSCF1123.jpg

いやいやあ、満足な、昼食を済まし、
向かったのは、この場所。

DSCF1124.jpg

たまごんの写真でさえ、きれーーーでしょう??
「十和田湖」です。
そう、小学校のときお勉強しましたね。
ヒメマスの養殖でも有名です。
すっごい、景色がいい、透明度が高い。
でも、十和田湖湖畔は、すんこし、寂れてる感じだったんだよね。
最終日に行った、猪苗代湖のほうが賑やかだったんだわね。
それが、少し、淋しい気分になったわ。

DSCF1126.jpg

DSCF1127.jpg

DSCF1129.jpg

さて、ここは、奥入瀬渓谷
あの有名な!景勝の地です。
きちんと歩くと、3時間くらいかかるけど、
たまごん一家は、くろくんを連れて、1時間くらい、
見所を散歩しました。

DSCF1128.jpg

きれいにリンドウが咲いていたり、

DSCF1130.jpg

DSCF1131.jpg

んもお~、歩くだけで、マイナスイオンがいっぱい!!
くろくんもご機嫌で、一緒にお散歩だわね。

DSCF1132.jpg

DSCF1135.jpg

DSCF1136.jpg

ほーんと、もっともっと、ゆっくり、お散歩したかったわ。

DSCF1134.jpg

こんな滝もあったりして、すごいきれい。
観光バスも一般の観光客もいっぱいで、
平日でこんなん、だから、紅葉がきれいな、これからの時期、
または土日は大渋滞だわね、と、感慨深げになり、

DSCF1133.jpg

ちゃんと、滝の名前もあり、大概の観光本にも掲載されていますよん。
絶対お奨めな、東北青森秋田、そん中でも、特にたまごん推奨地でしたわ。

DSCF1143.jpg

さて、あんまり、ゆっくりもしておれず、
(日が暮れるとこの辺の山道は、サビシ~クて、ちょいと、怖いです。・・・)
今日の宿泊地、これまた秘境温泉!!「猿倉温泉」へ、到着ですわ。












テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

たまごんの東北旅行 2
お休みを東北で満喫し、今日から仕事な、たまごんです。
昨日は、ワインもいろいろチェックし、
金曜日、ワイン屋びぎんでは、またいろいろ使おうって!確認。

そうして、ももも。。。最高だった、東北旅行の続きです。
とっても、美味しかったお料理と、温泉を満喫し、
早めの就寝で、気持ちよく目が覚めた朝は、
くろくんとお散歩!です。

DSCF1084.jpg

DSCF1083.jpg

DSCF1082.jpg

こ、この景色なんです!!!
たまごんのだい好きな荒い日本海、
断崖絶壁、海の色は深い緑がかった青色。
海水浴より、こういう、海のほうが断然好きなんですわ。

DSCF1085.jpg

DSCF1081.jpg

この季節はアオリイカの最盛期ということで、
イカ釣り漁船もたくさん、釣り人もたくさん。
いやああ~大満足なお散歩で、お腹も結構空いて
朝食はバイキングでしたが、これは、すごいバイキングで、
たまごんの取り方がかっこ悪いんで、写真はなしですが、
とれたての烏賊刺しや、地元のおばんざい、
すごい美味しい、津軽ロマンのお米など、
ももも、これも昨晩のお食事に続き大満足だわさ!

DSCF1091.jpg

ここ本当に、お勧めです。絶対また来たい!
男鹿半島、本州の北、絶景処、「きららか」でした。

DSCF1087.jpg

んで、出発し、これまた、きれいな海辺。

DSCF1092.jpg

つーことで、波が好きなくろくんを遊ばせました。
またまた、かわいんだわね。

DSCF1087.jpg

これまた、絶景で。うーーん、素晴らしい!

DSCF1095.jpg

そうしてまた少しドライブし、到着。入道崎

DSCF1095.jpg

草原??っていうか、草が広くなだらかに、生えていて、また絶壁になる。

DSCF1087.jpg

DSCF1086.jpg

いや、いや、たまごんのカメラ技術じゃあ、全然伝わりませんな。
まあ、スゴイ!!ってことで。

DSCF1096.jpg

なまはげの像も建っています。

DSCF1097.jpg

つーことで、知っているけど、知らない、
なまはげのことを見学しに、なまはげ館へ!!
















テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

連休は開田高原へ、そして、名古屋最高の焼き鳥で〆て
いっぱい、書きたいんですが、
とりあえず、いろんなソフトを入れたりしてるんで、
今日は、

DSCF1026.jpg

かわいいくろ君の写真で。



テーマ:今日の出来事 - ジャンル:心と身体

谷町6丁目で
PCが新しくなり、イーモバイルLTEも快適で、ご機嫌なたまごんです。

DSCF1838.jpg

お気に入りのお店で教えてもらったイベント、
っていっても、だいぶ前ですが・・・
東日本大震災の応援イベント。
びぎんの出入りのワイン屋さんも、出展しているので、
ワインを3杯くらい、ぐびっと飲みまして・・・

DSCF1839.jpg

所狭しとたくさん売っています。
たまごん的には、この大災害に対して、ほんと、たいしたことはできない。
寄付する大金はないし、ボランティアにもいけない。
だから、少しでもしていること。
とにかく、東北産を見つけたら買う。
お野菜も、福島や茨城産が並んでいれば購入する。
それが、たまごんにできる最大のことなんだわ。

DSCF1840.jpg

すごい暑い日でしたが、皆さん頑張っておられました。
この方たちは、被災地の方ではありませんが、
ここの商品は、仮設住宅に住んでおられる方々が直接生産されたものとのこと。
だから、直接売り上げが被災者の方に渡るそう。

DSCF1841.jpg

干物大好きたまごんは、いっぱい買いました。
もち、海苔も、かまぼこも。
んで、すごいすごい、美味しかったです。
この間の加古川の花火大会での出店といえ、
東北の人たちは正直だ、ずるして悪かったり、高く売ろうとしない。
だからこそ、余計に応援しようと思える。
本当に、少しでも、元の生活に早く戻れますように・・・

DSCF1842.jpg

ほんと、谷町6丁目で、こじんまりして、混んでもいなく
かといって、寂しいわけでもなく、
いいイベントでした。また参加したいと思います。


テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

加古川花火見物
いやあ、今月はおかげさまな日が多いです。
ワインは、頑張らないといけないけれど、
来週は、夏ジビエ、蝦夷鹿によく合う、
スペシャルワインも揃えられたし、頑張るぞっと!

んで、日曜日は、加古川まで出かけました。
というのも、花火大好きたまごん、もう、火をつけられちゃったんです。
びぎんのステキなお客様、
いつも、横浜からわざわざ足を運んでくださり、
いろんな、刺激を下さる方が、おうちで花火見物をしたって、
とっても、素敵な写真を見せてくださったので、
ぜーーーったい、行こうて調べたんですわ。

んで、わりかし、簡単に行けそうなのが、加古川の花火大会。
ホームページも調べてみると、有料席もある模様、
しかも当日も大丈夫みたい。
ぎゃほう~、行くぞ!!ってことで、決心しまして、お出かけしました。

谷6から東梅田乗換えで、JRの新快速は30分おき、
有料席の受付は5時からなんで、とっとと、出かけました。
スムーズに座れて、お休み
思いの他、早く着けまして、会場へ。。。
大分と迷ったんですが、10,000円で無事ゲット!!!
それが、まあ、すんばらしい、お席で、
4人は座れそうな大きな長いすで、冷茶と、立て出しの抹茶も無料、
おまけに、記念品はとってもステキな扇子と、
これまたビックリな得点付。
もーーー席は、超花火前で、

DSCF1892_20120807014525.jpg

うほほーーーいい、まだ、日も暮れてないよ~ん、な感じで、
もう、席取りの心配もないので、お買いもの。
この加古川周辺は、バイパスの大きな道路もあり、
スーパー、ショッピングセンター、コンビニ、
ドラッグストアに、マクドまであって、
もーーーー至れり尽くせり。ゆったり、おつまみ探し。
飲み物は、花火名人、たまごん、
保冷剤と保冷バック持参なんで、びいいいる、だけ、
調達すればいいわけなんで、
もおおお、買い物、絶好調楽しんだわ、

DSCF1894_20120807014524.jpg

ほんと、ゆったりした中で、まず、1本。
限定品みたいなんで、ローソンで購入。
まさに花火は目の前で、もう、スタンバイバッチリ!

DSCF1895_20120807014523.jpg

東北応援ブースがすぐ近くにあったので、
迷わず、購入。
私が出来ることって少ない、募金も限られた額だし、
ボランティアに行くほどの気概もない。
だから、こういう機会にはなるべくいっぱい買って飲もうと決めている。

DSCF1896_20120807014521.jpg

南部美人の純米吟醸!90MLで400円は中々良心的。

DSCF1897_20120807014520.jpg

んでこの秋刀魚、東北産で唐辛子に漬けてあるの、
甘くなく、もおおお~どらどら、うまい。
これ焼きたてで、350円!!!
他の露天ものは一切買う気にならんかったわ。

DSCF1897_20120807014218.jpg

ほーんと、すっごい、美味しかったんだにいいい~。

DSCF1907.jpg

びいるも追加購入。
これも400円、良心的だわ。

DSCF1910.jpg

DSCF1905.jpg

よっしゃあ~、あがり始めたわ。

DSCF1908.jpg

DSCF1909.jpg

どどーん、っどどん、どーーーん。

DSCF1904.jpg

DSCF1900_20120807014221.jpg

お手製のソーセージを焼いたのだけ持ってきて、
あとは、おつまみばっかで、
びいるは、500ML2本に、350ML4本と、完飲。

DSCF1899_20120807014220.jpg

DSCF1911.jpg

終了時刻が、予定より、10分早く、これは、頭に来たが、
終了を知らせるアナウンスも、いっちゃん近くで聞けたので、
とっとと、退散でき、混雑も避けれたわ。
本と満喫できました。
梅田から52分だけれど、そんな遠く感じませんでした。
加古川、たまごん的には、どらどら、オススメでしたわ。

さて、明日は、金曜日、わいん屋びぎんです。
また23:00から、いいワイン開けるに~










テーマ:今日の出来事 - ジャンル:心と身体

今日は金曜日、わいん屋びぎんです!
みなさん、相変わらず、あづい・・・すね。。。
んな、中、もすごいですが、今日は金曜日です。
そう、23:00から夜中2時まで、わいん屋びぎんです。

こんな、くそ!暑い中、白ワインいいの開ける予定です。
なかなか、お目にかかれない、香りが良くて、
辛口のドイツのリースリングとか、リッチなブルゴーニュとか
考えています。
お客様が増えれば、もっと、種類を開けられるかも

通常はグラスワインで飲めないようなクラスのワインを
通常よりも非常にリーズナブルにご提供します。

よろしければ、是非、ご来店を!!!

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

クリスマス
先週のワイン会に続き、クリスマスが終了しました。
23日は活躍できましたが、24,25は、たまごん、ツライ結果と・・・

今週で今年は終わり。
全然ちゃんとした記事を上げられていなく申し訳ありません。
今、びぎんでは、いいワインがたくさん入荷しています。
たまごんの愛する、NZのワインもあります。
ワインリストには載っていないんで、是非、聞いてください。
ボトルがオススメです。
何とか、いい年を迎えられるように、
頑張って、ワインの販売促進を心がけたいです!


テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ



プロフィール

食べ飲みたまごん

Author:食べ飲みたまごん
名古屋で生まれて育ち、
赤味噌をこよなく愛しつつ、
大学生活を東京で過ごして、
就職。 運命の!ワイン
と出会うことが出来ました。
素敵な先輩と
素晴らしい得意先のお陰で
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー、
その後イタリア専門商社に転職して、
同シニアワインアドバイザーを
無事に取得。
ニュージーランド、ホークスベイの
ホテルとワイナリーで
ゴージャスな自然を満喫した後、
大阪を楽しんでます。
調理師免許も持っているんで、
食べるだけじゃあなく、
お料理作るのも大好きで~す。

NZへのワインツアーも企画できます。
たまごんが同行して、10名様くらいからで、
お一人様25万円くらいです。
詳細はたまごんまで。

ワインに関するお仕事何でもOK。
ご自宅への出張もできます。
どしどしコメントへ、連絡下さいね。
お名前と電話番号、メールアドレスを明記ください。



最新記事



何人見てくれているかなあ~



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する